マットレス 腰痛

うつ伏せで寝るなら高反発マットレスがおすすめです

更新日:

うつ伏せ寝

あなたはいつもどのような姿勢で寝ていますか?

多くの人は仰向けで寝ているのではないでしょうか。

ただ、横を向いた姿勢の方が寝やすい人やうつ伏せじゃなきゃ寝られないという人もいるでしょう。

寝姿勢は人によってさまざまだと思いますが、睡眠時の姿勢は眠りの質や健康に大きく影響するので、この点は意外に重要なのです。

うつ伏せ寝とは

うつ伏せ寝とは、腹部を下にし、身体のお腹部分をマットレスにつけて寝ることをいいます。

専門的な用語では「腹臥位(ふくがい)」と言います。

多くの哺乳類は主にお腹をうつ伏せで寝ます。犬などは、ほぼうつ伏せで寝ているので、イメージしやすいのではないでしょうか。

睡眠時、身体に負担の少ない寝姿勢は仰向けで、うつ伏せ寝は寝づらそうというイメージをもっているかもしれませんが、人間も哺乳類なので、むしろ、うつ伏せで寝る方が自然な体勢と言えるのです。

うつ伏せ寝のメリット

うつ伏せ寝には、少なからずメリットがあります。

まず挙げられるのが「呼吸」です。

うつ伏せの体勢をとると、胸が圧迫されることで、自然と横隔膜が下がるため、腹式呼吸が容易になります。

腹式呼吸で寝ていると自律神経が整うと言われているので、熟睡が期待できると同時に、起きた後の健康状態にもいい影響があるはずです。

また、空気の通り道である「気道」が確保され、呼吸しやすい状態になるので、この点でも熟睡しやすくなると思われます。

これにより、いびきや睡眠時無呼吸症候群も防げるようになります。

うつ伏せ寝のデメリット:腰痛悪化の懸念

多少のメリットはあるものの、うつ伏せで寝ることは、あまりおすすめできることではありません。

うつ伏せは腰を反らせすぎる状態となり、腰に負担をかけますので、特に腰痛持ちの方はNGです。

本気で腰痛を改善したいと思っているのであれば、体に負担をかけず自然に寝返りがうてる状態で寝ることがベストであることは言うまでもないでしょう。

そのためには、うつぶせで寝ることは諦める方がいいのです。

うつ伏せで寝ている人の中には「うつ伏せになって寝てみると、顔や胸がマットレスにぴったり密着するから安心できるんです」とか「小さい頃からずっとうつぶせで寝てきているので今更変えることができない」という方がいます。

しかし、腰痛を改善したい、そして自然な寝返りを打つことによって血行をよくし、朝までぐっすり眠りたいということであれば、やはりうつぶせで寝る姿勢を改める方がよいのです。

当然、慣れた姿勢を変えていくというのは大変ですし、それなりの時間が必要になってきます。

長年の習慣を変えようとするんですから簡単ではありません。

うつ伏せ寝の習慣を変える方法

うつ伏せ寝の習慣を変える場合には、マットレスと枕を同時に変更すると、これまでの睡眠姿勢を自然な形で改めることができるかもしれません。

マットレスや枕というのは、いわば習慣になっているものです。

これは睡眠姿勢も同じです。寝姿勢は長年の習慣なのです。

つまり、習慣を改めればいいだけの話しなのです。

マットレスや枕を変更することによって、最初は違和感を感じるかもしれません。場合によっては寝つきが悪く感じる場合もあります。

しかし、多くの場合は、2週間程度で体に馴染んできて違和感を感じることがなくなると思いますので、マットレスや枕を変えることに必要以上に抵抗してはいけないと思います。

腰痛や肩こりを治したいのであれば、マットレスや枕を変え、そしてうつ伏せ寝の習慣を変える努力が必須になります。

枕の高さと硬さを見直す

うつ伏せ

そして、中でも重要になるのは、枕の高さです。

本当に快適な枕の高さは、個人個人の体格によって決定します。身長が高くなれば、当然枕の高さも高くなるという関係にあります。

そのために市販されている枕を、誰もがそのまま使うというのは、実は正しくない選択なのです。

身長が高い人も低い人も同じ高さの枕を使うというのは、当然違和感が出てきます。

できれば、その人に合ったオーダーメイドの枕を使うことをお勧めします。

自分に合った高さの枕を使わなければ、首や腰に負担がかかってきます。

それによって肩こりや腰痛が悪化してしまうことも考えられるのです。

枕の硬さも重要

また、枕の硬さも無視することはできません。

人によって、硬めや柔らかめの好みはあると思いますので、その好み自体は否定しませんが、毎朝肩こりを実感していたり、起きたばかりなのに頭痛がするといった場合には、使っている枕の硬さが合っていないのかもしれません。

枕を感触だけで選んでしまうのはとても危険です。

平均的に7時間程度はその枕を使って寝ているので、硬さが合っていない場合、実は気付かないうちに体が悲鳴をあげているということもあり得るのです。

枕の素材選びも慎重に

もちろん、枕の素材を意識することがとても重要になります。

さらに、重みがかかる部分がつぶれてしまったり、寝返りを打つたびに変形してしまうような枕なら、硬さの好みを言っている場合ではないかもしれません。

そもそも、それによって肩こりや頭痛が発生してる可能性も高いのです。

たかが枕と思わないでください。

枕が腰痛や肩こりに与える影響は大きいのです。

腰痛対策として、自分に合ったマットレスを選ぶ

腰痛対策という意味では、当然マットレスも重要です。

マットレスなどどれも大差がないと思っているかもしれませんが、それは大きな間違いです。

マットレスの素材や性能によって、寝心地ばかりでなく肩こりや腰痛の緩和に大きな違いが出てくるのです。

そのことを意識せず、安いからといって価格重視でマットレスを選んでるとすれば、あなたは健康というとても重要な資産を手放してしまっているかもしれません。

自分に合ったマットレスや枕を選ぶということは、健康維持する上でとても重要であるばかりか、熟睡を得てストレスを解消するという意味でもとても重要なことなのです。

マットレスを変えたことで腰痛や肩こりが緩和されたという事例は枚挙に暇がありません。

マットレスや枕を見直すことで、健康を取り戻すことができるのです。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-マットレス, , 腰痛

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.