マットレス 腰痛

人気のマットレス比較分析!実際に一番売れているマットレスはこれ!!

更新日:

人気マットレスをプロの視点で比較してみました

世の中にはたくさんの種類のマットレスが販売されています。

世界的に有名なブランドの高級マットレスから、生産国さえ不明な怪しげな激安商品まで、本当に様々なマットレスが売られています。

このように多様な選択肢があるため、マットレスの購入を検討している方にとっては、どのマットレスを選べば良いのか迷ってしまうことも少なくないと思います。

もちろん、高級ブランドのマットレスを完全フルオーダーすれば最高の眠りが得られるでしょう。

しかし、そのためには数百万円が必要になるので、現実的にそれができるのは極々一部の超富裕層だけだと思われます。

そこで、ここでは数多くのマットレスの中から、日本人によく購入されている人気のマットレスやおすすめのマットレスに絞り、その本当の価値を紹介していきます。

人気のマットレスとは

マットレスで人気の商品と言えば、なにを思い浮かべますか?

浅田真央さんや錦織圭選手がCM出演しているエアウィーブが最も有名でしょうか。

また、最近では大谷翔平選手がイメージキャラクターになっている東京西川も知名度は高いと思われます。

さらに、深夜にテレビ放送されているショップチャンネルでは、トゥルースリーパーの名前もよく耳にするでしょうし、ニトリなどは地上波テレビでもすごい量のCMを放送していますので、誰でも一度は目にしていると思います。

やはり、テレビで見る商品は知名度が抜群ですね。

知る人ぞ知るマットレス

最近はネットで話題になっているマットレスも多くあるようです。

ネット通販では「マニフレックス」や「モットン」が人気がありますし、「オクタスプリング」や「エムリリー」なども注目される商品になっています。

テレビで見るような商品ではなくても、人気のマットレスはたくさんあるのです。

決して、テレビに出ているから、いいマットレスというわけではありません。

マットレス自体の本当の価値を理解するようにしてください。

【参考記事】:おすすめのマットレス

値段によるマットレス比較

マットレスの購入を検討する際に、気になるのは、やはりお値段でしょう。

いいものは高く、悪いものは安い。

これが世の中の常識ですが、それを前提にした上でも、なるべくいいマットレスをできるだけ安く買いたいと思うのは当然のことです。

ひとつの目安として、代表的なマットレスの価格を下表にまとめました。

ここでは分かりやすいように、メーカー内で最もよく売れている代表的なマットレスの価格を使っています。

シングルサイズ セミダブルサイズ ダブルサイズ
トゥルースリーパー 29,840円 34,070円 38,760円
モットン 39,800円 49,800円 59,800円
マニフレックス 39,204円 52,272円 65,340円
エアウィーヴ 68,040円 82,080円 95,040円
ニトリ 14,191円 23,056円 27,686円

この5ブランドが、今最も売れているマットレスだと言っても差し支えないと思われます。

もちろん、これ以外にも売れているマットレスはありますが、人気、話題性、知名度、売上、口コミ件数などを考慮すれば、この5ブランドに集約されるものと考えて間違いないはずです。

エアウィーヴは高い!

この価格表からわかることのひとつは、やはりエアウィーブは異常に高いということ。

前述の通り、テレビCMなどで認知を上げていく戦略を取っているため、そのためのコストが商品に転嫁されてしまっているのです。

確かにエアウィーヴは悪い商品ではありません。

お金に余裕があれば買ってもいいマットレスだと思いますが、それにしても高すぎます。

同等の機能を持ったマットレスで半額以下の商品があるので、ここは冷静な判断をすべきではないかと思います。

ニトリは安い!

一方、ニトリのマットレスがかなり格安だということが理解できるのではないでしょうか。

これは、東南アジアを中心に、海外での生産を徹底している成果だと思います。

確かに安いですが、他のマットレスと比較して、品質はどうなんだろうか・・・という気がしなくもありません。

もし、金銭的に余裕があるのであれば、できるだけニトリの安いマットレスは購入しないことををおすすめします。

買うなら高反発マットレス一択!

マットレスには「高反発マットレス」と「低反発マットレス」があります。

高反発マットレスの代表は「マニフレックス」「モットン」などで、低反発マットレスといえば「トゥルースリーパー」や「テンピュール」です。

一般的に高反発マットレスの方が快眠が得られると評価されています。

どうしても低反発マットレスの寝心地が好きとか、お医者さんに指示されているなどの特別な理由がある方以外は、低反発マットレスではなく高反発マットレスを購入してください。

低反発マットレスはデメリットが多い

低反発マットレスの方が素材の柔らかく、ソフトな寝心地が実現できそうで、快適な睡眠に誘導してくれそうな感じはするのですが、実は体への負荷が圧倒的に大きいのです。

低反発マットレスは素材にスポンジのような柔らかさがあるため、どうしても体がマットレスに深く沈み込んでしまい、自然な寝返りが打てなくなるという大きなデメリットがあるのです。

つまり、低反発マットレスは、知らないうちに体へ負荷をかけてしまっているのです。

事実、低反発マットレスで腰痛を発症したり、悪化させてしまったという事例は枚挙にいとまがありません。

そう考えると、トゥルースリーパーは低反発マットレスの代表格ですから、あまりおすすめはできないということになります。

残念ですが、トゥルースリーパーはこの段階で5種類のマットレスからは脱落です。

マットレスは専門メーカーで作られた製品を購入すること

トゥルースリーパーは脱落したので、選択肢は4つになりますが、このうち、エアウィーヴ、モットン、マニフレックスの3つは、マットレスの専門メーカーが自社工場で生産しています。

しかし、ニトリだけは少し毛色が違います。

ニトリは、家具販売業であって、マットレスメーカーではありません。

もちろん、自社工場もありませんので、マットレスの製造は東南アジアの工場に外注しています。

ニトリの高反発マットレスをおすすめしない理由

ニトリの商品にも人気の高反発マットレスがあり、値段がお手頃だという理由もあってよく売れているのですが、既述の通り、ニトリはマットレスの専門メーカーでないのです。

低反発マットレスも取り扱っていますし、枕、ベッド、シーツ、ソファーなども含めた様々な寝具系の商品ラインナップがある中の1つで「高反発マットレスも扱ってますよ」という位置づけでしかありません。

ニトリの商品は総じて安く、どれも人気がありますが、マットレスに関しては残念ながら「お値段以上ニトリ」ではないということです。

さらに、ニトリの高反発マットレスは、面ではなく“点で”体重を受けてしまう傾向があるので、うまく体圧分散されないという口コミ評価も多く見られました。

ニトリの高反発マットレスと同じ値段で、世界的マットレスメーカー「マニフレックス」のマットレスが買えてしまいます。

専門メーカーと家具販売店が外注工場に作らせているマットレス、どちらを選べばいいのか。

考えるまでもないでしょう。

専門メーカーの優位性

モットンやエアウィーブなどの高反発マットレスは、高反発マットレスの専門会社で作られている高品質なマットレスなので、品質もお墨付きです。

日々、研究開発に勤しんている上、製品工場での何万回もの耐久テストに合格しています。

マットレスは毎日の生活で使用するものなので、長期間使用しているとヘタってくるのです。

品質の劣るマットレスや値段の安いマットレスほど耐久年数は短く、使い方次第では1~2年も使用すると形状が変化してしまい、本来の機能を果たさなくなってしまう粗悪品もあるくらいなのです。

その一方で、マットレス専門メーカーは、耐久性や寿命にしっかり対応しています。

耐久検査をクリアしたモットンなどの高品質な高反発マットレスは、長期間使用してもヘタらない耐久性があります。

また、ほとんど形状の変化もないので、一度マットレスを買えば10年は使えるような商品なのです。

ここに専門メーカーの差が出てくるのです。

マットレスの寿命も考慮すること

専門メーカーで作られていない安価なマットレスは、重点的に圧力がかかっている部分を中心にどんどん形状が変化してしまい、年数が経過するにつれて劣化の度合いも加速していくのです。

マットレス本来の価値は、快適な睡眠を実現すること。

その面から考えるとニトリの安価なマットレスは、その意味を成していないと言えるかもしれません。

さらに格安のマットレスは「抗菌」という面でも不安が残ります。

アレルギー体質の方や小さいお子さんがいる場合、当然、マットレスの衛生面を気にしなければいけませんが、劣化したマットレスはこの点でも不安が残ります。

汗かきの人が使用したり、梅雨のある日本ではすぐにカビが生えてしまったりするのです。

専門メーカーのマットレスは、通気性を考慮しており、清潔な睡眠環境が維持されると言われています。

カビやダニの対策もされているので、毎日、健康的な状態で眠りにつくことができるでしょう。

おすすめのマットレスはどれ?

では、「モットン」「マニフレックス」「エアウィーヴ」の中で、結局一番良いマットレスはどれなのでしょうか?

甲乙つけがたいものの、結論から言うと、高反発マットレスのモットンが最もおすすめできる良質なマットレスだと言えるでしょう。

マニフレックスやエアウィーヴも悪くありませんが、モットンは日本の気候に合わせて作られ、なおかつ日本人の体形に合わせて作られているという点が優れています。

マニフレックスはイタリアのメーカーなので、基本的にはヨーロッパの人々に適した仕様になっています。

また、エアウィーヴはやはり価格が高いという点がマイナスです。

モットンのおすすめポイント

マットレスは決して安い買い物ではありませんし、頻繁に買い換える商品ではありません。

そのため、購入後10年は使いたいところですが、長期間使用のためには、やはり通気性をよくすることが必須です。

衛生環境が保てないと、カビやダニが発生し、早期に劣化してしまうことは避けられなくなります。

特に日本には梅雨があり、特に夏場は湿度が高いので、マットレスを劣化させずに長期間使用しようと思えば、日本の気候に合わせた製品作りが重要になるのです。

その点、モットンは完璧な条件を有しています。

国産であり、通気性や抗菌・防ダニ加工もバッチリなのです。

それが日本人の間で評判を呼んで人気が出ている理由だと思われます。

モットンは腰痛にもいい

慢性的な腰痛を抱える人が多い日本人向けに作られた「腰痛対策専用のマットレス」という点も、モットンをおすすめする理由の1つです。

モットンは「機能性マットレス」のジャンルに分類され、腰痛や肩こりに効果があると言われています。

実際、高反発の機能により、寝返りをサポートしてくれるので、血流がよくなります。

そうなれば老廃物が蓄積しなくなるので、筋肉の疲労が回復されます。

適度な寝返りをサポートする機能により、血流が改善され、筋肉や靭帯の疲労が回復でき、結果的に腰痛が緩和されるというわけです。

モットンのデメリット

モットンのデメリットは、実際に店舗で試せないという点です。

モットンは店舗での販売がありません。

購入はすべて通販になります。

とはいえ、このデメリットも実はそれほど重要な問題ではないと言えます。

マットレスを購入するなら、高反発マットレスのモットンを選んでおけば失敗はありません。

実際に店舗で寝てみる必要はないと思います。

まとめ

人気のマットレス徹底比較した結果、「モットン」がNO1であるとの結論になりました。

これは、ネット内の口コミや評判からも間違いではないと思います。

もちろん、マニフレックスやエアウィーヴも悪い選択ではありませんし、その他のマットレスでも快眠は得られると思います。

結局、その人に合うかということになってしまいますが、比較的多くの人から支持される最大公約数的な機能を持っているマットレスが「モットン」ということなのかもしれません。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-マットレス, 腰痛

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.