布団クリーニング

布団クリーニングの値段を比較してみました|口コミランキング

更新日:

布団クリーニングで快適な睡眠

布団を洗ってますか?

皆さんはお布団やマットレスを洗ってますか?

人は一晩にコップ一杯分(約180cc)もの汗をかくと言われていますが、これが少しずつ布団の中に蓄積されていきます。

布団に溜まっていくのは、汗だけではありません。

脂肪やフケやアカなどの汚れも日に日に吸収されていっているのです。

想像しただけで衛生的でないことがおわかりいただけると思います。

フケやアカはダニの大好物なので、布団の使用年数とともにダニが増殖してきます。

その結果、アトピー性皮膚炎喘息などのアレルギー性疾患を発症させてしまうのです。

特にお子様がいる家庭では、布団の衛生状態が気になるのではないでしょうか。

ダニの死骸が蓄積されている布団を使い続けた結果、お子様が喘息やアレルギーになってしまったのでは泣くに泣けません。

布団の衛生状態を保つには

そこで思いつくのが「布団クリーニング」です。

そもそも布団は洗えないという先入観を持っている方が多いと思いますが、実は布団って洗えるんです。

それでも「コインランドリーに持っていくのは大変・・・」「敷布団はコインランドリーでは洗えない」といった声があるかもしれません。

しかし、まったく心配いりません。

最近は宅配便が自宅まで布団を集配してくれる「布団の宅配クリーニング」があるのです。

布団クリーニング未体験だと、その価値や効果がわからないかもしれませんが、とにかく布団を洗えば快適な睡眠環境が維持できるのです。

自分だけではなく、家族の健康のためにも最高の睡眠環境を用意してあげてください。

そのためにも是非、「布団の宅配クリーニング」を使ってみてください。

布団をクリーニングして大丈夫なのか

布団はクリーニングできます

結論から言うと、前述の通り、布団は洗えます。

しかし残念ながら、すべての布団がクリーニングに対応しているわけではありませんので、布団クリーニングの前に素材別の対応の違いについて知っておく必要があります。

まずはご自身の布団は洗うことができるのかを調べてみましょう。

クリーニングできる布団とは

すべての布団に対応しているわけではありませんが、多くの布団はクリーニングに出せると考えていいでしょう。

羽毛布団や羊毛布団はもちろん、綿布団やポリエステル、アクリルなどの化繊などもクリーニングの対象になります。

洗濯表示で洗える素材となっていれば、問題なくクリーニングに出すことができると考えていいでしょう。

クリーニングできない場合もある

とはいえ、これらの素材であってもクリーニングに出せない場合があります。

例えば、嘔吐物などで汚れがひどい布団などはクリーニングを拒否されることがありますし、その他、濡れているものやペットが使用したものもNGになるケースが多いでしょう。

また、特殊加工があったり、厚くて折りたたみが難しい布団などはクリーニングの対象外になる場合がありますので、布団の状態を正しく把握した上でクリーニングに出すようにしてください。

クリーニングできない布団

一方、そもそも洗うことができないのは、デリケート素材であるシルクやムートンです。

また、縫い目がなく接着剤が使われているノンキルト羽毛布団もクリーニングできないとお考えください。

水洗いで接着剤が剥がれてしまう可能性があるため、洗濯を拒否されてしまうのです。

さらにスポンジに似た素材である低反発ウレタンもクリーニングできません。

水分を吸収してしまうため、洗濯にには不向きなのです。

羽毛布団は洗えるのか

羽毛布団をクリーニングすること自体は問題ありません。

但し、既述の通りでキルティングの種類によって対応の不可が違ってきます。

ミシンで縫ったものなら洗うことができますが、接着剤を使ったノンキルトタイプは接着面が剥がれるリスクがあることからクリーニングできないと考えてください。

布団クリーニングの種類

布団クリーニングといっても、沢山の会社が参入しているので、選ぶのが大変かもしれません。

布団クリーニングを大きくわけると「街のクリーニング屋さん」か「宅配サービス」の2つになります。

街のクリーニング屋さんとは、文字通り、服のクリーニングを頼んでいるようなお店で、布団にも対応しているというところを指します。

一方の宅配サービスとは、宅配便を使い、引き取りと納品をしてくれるサービスです。

最近は、手間が省けるという理由から、宅配サービスが人気になっています。

宅配の布団クリーニング

圧倒的な利便性から宅配サービスが人気なのはうなずけます。

また、街のクリーニング屋さんと違い、宅配クリーニング業者は布団のクリーニングを専門にしていることが多いので、品質面でも優位性があると言われています。

このように利便性と価格から宅配クリーニングへの支持が多くなっているのが現状です。

しかし、多くの方は思うでしょう。

「では、一番安い布団の宅配クリーニングはどこなのか?」「家族全員分の布団をお得に洗える会社はあるのか?」と。

さらに「赤ちゃん用の布団だけはアレルギー対策をしてくれて高品質に洗ってくれる会社がいい」「ひとり暮らしだから1枚だけ洗いたい」「化学物質過敏症なので無添加洗い以外NG」などの細かいニーズを持つ方もいるはずです。

布団クリーニングと言っても、その方式は一様ではありません。

料金もピンキリですし、当然、仕上がりにも差が出てきます。

つまり、宅配クリーニングには多様な選択肢があるため、多くの方は「どの宅配サービスを使っていいのかわからない」という状況にあるということなのです。

布団クリーニングの値段

布団クリーニングの価格

布団クリーニングで問題になるのが「料金」です。

お子様を中心に人数の多い家族の場合、布団の枚数も多くなってしまうため、あまり高額ではさすがに躊躇してしまうでしょう。

かといって、逆に安すぎると品質が心配になります。

そもそも布団クリーニングの相場はどのくらいなのでしょうか。

地域により価格差があるのでしょうか。

複数プランがあり、安いコースを選択できるようになっているのでしょうか。

ともかく、できるだけ高品質でありながらも費用を抑えられる方法を解説していきます。

布団クリーニングの平均価格

最近では宅配専用のクリーニング業者が登場するなど、布団クリーニング業界も競争が激しくなってきています。

競争が激化しているということは、価格が下落傾向にあるということに他なりませんので、従来からある街のクリーニング店の布団洗いサービスなどと比較し、最も安く便利なサービスを選ぶようにしてください。

街のクリーニング店での価格は、2枚で1万円程度が平均的な相場観です。

一方、宅配専用のクリーニング店では、詰め放題で15,000円という業者も登場しています。

無理矢理詰めれば5枚以上入るので、単価は相当安くなります。

街のクリーニング店への持ち込みはお得なのか

街のクリーニング店に持ち込んだ場合、価格が安くなるのでしょうか。

わざわざ布団を持って行くのだから、相当な割引を期待してしまうと思いますが、残念ながら持ち込みでの割引はないと考えた方がよさそうです。

クリーニング店の中には、衣料品のクリーニングで十分な利益を出しているので、面倒な布団のクリーニングを迷惑に感じているところもあると言います。

それであれば、わざわざ割引などするはずもないのです。

クリーニング店への持ち込みで価格を安くすることはできないのであれば、いっそ宅配サービスを使った方が手間は減りますし、価格的にもお得感はあるはずです。

「手間」「価格」「品質」のいずれにおいても、やはり宅配サービスが有利と言えそうです。

おすすめの布団クリーニングサービス

布団クリーニングには多くの専門業者が参入していますが、せっかくなら、信頼性があり、価格も安く、多くの人に支持されているサービスを使いたいですよね。

もちろん街のクリーニング店を使うのも悪くはありません。

しかし、小規模業者では規模の経済が働かないので、どうしても価格が高くなるというデメリットがあります。

一方、最近人気の宅配専用クリーニングサービスは商圏が決まっていないため、全国各地から沢山の注文を受けることができます。

受注数が多くなれば、自然と単価は下がるので、金額面を優先するのであれば、宅配サービスをおすすめします。

そこで、最も人気の布団クリーニング業者を比較してみました。

ふとん丸洗いクリーニング「ふとんリネット」

ふとんリネット

ふとんリネットのクリーニングなら赤ちゃんにも安心!

ダニ死亡率100%で、アレルゲン除去率も98.3%を実現しています。

天日干しでもダニの死骸やフンは落ちませんし、掃除機でも繊維の奥に潜んだ雑菌類やカビまでは取りきれません。

しかし、ふとんリネットの布団丸洗いなら、汚れとともに繁殖してしまった雑菌なども一緒に洗い流すので、布団が新品みたいに生き返ります。

また、固くなった綿を柔らかくほぐし、綿ゴミなどの細かいほこりを除去するため、弾力性や保温力は回復します。

抗菌防臭加工で安心。しかも長持ち。すべての布団を抗菌防臭加工します。

抗菌防臭加工された布団には、公的衛生調査機関の検査に合格した証である「抗菌防臭加工証シール」が付けられます。

ふとんリネットはクリーニング後、布団を圧縮により真空に近い状態にするため、ダニや湿気、カビやほこりなどの心配がなく、そのまま収納できるメリットもあります。

 

四万十川の源流水使用「しももとクリーニング」

しももとクリーニング

日本最後の清流、四万十川の源流水を使用した布団丸洗い専門店です。

他の人の布団とは一緒に洗わない完全個別洗いを採用しているのは「しももとクリーニング」だけです。

大手は一度に何十枚も洗う「大型の機械」を使用していますが、ここでは最大2枚用の小型の布団丸洗い専用洗濯機を使用しているので、衛生面だけでなく布団同士の擦れによる生地の破れもありません。

また、合成洗剤は使わず、お子様やアレルギー体質の方にも安心な無添加せっけんを使用しています。

大手では取り扱えないシルク生地の高級布団や高額な羽毛布団のクリーニングにも対応しています。

もちろん全国対応で、7割が関東からの注文です。

 

布団丸洗い ふとんクリーニングの「フレスコ」

ふとんクリーニングのフレスコ

フレスコは、宅配便を使った布団丸洗いサービスの元祖で、最も人気のある布団クリーニングです。

フレスコの布団丸洗いの手順は、まず中わたを清潔にし、布団に蓄積されたダニアレルギーの原因となる ダニの死骸、フン、汗、汚れを取り除きます。

売れ筋サービスは「フレスコeパック」で、羽毛掛布団2点丸洗いが11,772円 (税込・送料無料・代引手数料無料) です。

その他、なんでもコース3点、2点、1点と家族の人数に合わせて発注できる点も人気の理由でしょう。

リピート注文専用パックなど、様々なサービスが用意されています。

最近、新たに羽毛掛ふとん専用コースができましたが、今後も細かいニーズに合わせたラインナップを追加予定です。

布団クリーニング内容一覧

ふとんリネット
しももとクリーニング
フレスコ
特徴 宅配クリーニング最大手ならではの高い品質
圧縮袋使用で1個口に~8枚まで収容可能。枚数が多いほどお得
圧縮袋は400円で購入できる
高知県の四万十川沿いの添加石けん洗い使用の布団丸洗い専門店
塩素系漂白剤不使用(布団が痛む原因になるため使わない)
防ダニや抗菌加工オプションなし(残留薬物が人肌に悪影響を与えるため)
布団丸洗い専門店としての細かな配慮
ウリ 6枚までなら最安値 自然派なので、アレルギーや喘息の方なら一択 少量の羽毛布団が最安値
料金 1枚:8,800円

2枚:11,800円(5,900円/枚)

3枚:12,800円(4,267円/枚)

4枚:14,800円(3,700円/枚)

5枚目以降1枚+3,000円

毛布:1,500円/枚で追加OK

防ダニ加工:1,000円/枚

送料無料

1枚:8,800円

2枚:11,800円(5,900円/枚)

3枚:13,800円(4,600円/枚)

毛布:980円/枚

カバー・シーツ:700円/枚

敷パッド:980円/枚

枕:980円/個

送料無料

羽毛1枚:8,480円

羽毛2枚 :10,900円(5,450円/枚)

布団丸洗い1枚:10,800円

布団丸洗い2枚:12,900円(6,450円/枚)

布団丸洗い3枚:14,850円(4,950円/枚)

サイズ 集荷キッドに入ればOK 集荷キッドに入ればOK 集荷キッドに入ればOK
保管 なし なし なし
支払い クレカ
代引き
クレカ
代引き
クレカ
代引き
Amazonアカウント
楽天ID
コンビニ支払い
オプション 圧縮パック 400円/枚
防ダニ加工 +1,000円
2倍すすぎ 1,000円
納期 約10日 約7日 約10日
集荷袋 40cm × 70cm × 50cm(160cm) 60cm × 100cm × 40cm 40cm × 100cm × 65cm
配送 ヤマト運輸 西濃運輸 ヤマト運輸
洗う方法 水洗い 無添加石鹸の水洗い 寿司巻で水洗い
乾燥 熱風乾燥+ドラム式乾燥 燥布団専用乾燥機で干した状態で熱風乾燥 自然乾燥+熱風乾燥
不可条件 マットレス、電気毛布、嘔吐や排泄物のついた布団、低反発マットレスなど テープ接着の羽毛、折りたためない布団など 低反発布団、そばがら、低反発ウレタン

まとめ

布団クリーニングで清潔

布団クリーニングはまだまだ使っている人の方が少ないサービスです。

そもそも布団を洗うという発想を持つこと自体が稀なので、なかなか気づかれないサービスだと言えるのです。

しかし、昔のような隙間風などなく、密閉度の高い家に住んでいる現代では、それが逆にダニやカビを発生させる原因となり、健康を害してしまうという皮肉な結果を招いているのです。

そこで俄然、注目されるサービスとなり、徐々に使用者が増えているのが、この布団クリーニングというわけです。

ただ、初めて布団クリーニングを使う人にとっては、価格などが気になるでしょう。

健康のためとはいえ、あまりに高額であれば、さすがに使うことができません。

おおよその相場は、2枚で1万円前後といったところですが、宅配サービスの詰め放題プランなら、かなり割安にできるので、これを使うという手もあります。

具体的に一番安いのは、全国どこでも【無料】で集配!布団クリーニングの全国宅配「ふとんLenet」
です。

一方、品質を重視するのであれば、【完全個別洗い】布団クリーニングの「しももとクリーニング」
がおすすめです。

また、羽毛布団のクリーニングなら、布団丸洗いの「フレスコ」もいいでしょう。

一口に布団クリーニングと言っても、それぞれに長所があるので、まずは価格やサービス内容を比較しながら、最適なクリーニング業者を選ぶことをおすすめします。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-布団クリーニング

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.