マットレス

安くておすすめ!「折りたたみマットレス」の選び方を徹底比較

更新日:

マニフレックスの折りたたみマットレス

おすすめの折りたたみマットレス 人気ベスト3

マニフレックス メッシュ・ウィング

マニフレックス メッシュ・ウィング世界的マットレスメーカー「マニフレックス」の折りたたみシリーズです。イタリアのマニフレックス社が日本人のライフスタイルに合わせて開発した国内限定モデルで、マニフレックスの全ラインナップの中でも特に人気の高い三つ折りマットレスが、この「メッシュ・ウィング」です。反発力と体圧分散性に優れたマニフレックス独自の高反発フォーム「エリオセル」が11cmも使われているので、寝心地は最高です。また重たい腰部分が沈み込むことはなく、起立時と同じ理想的な寝姿勢をキープできるので腰痛予防に効果的です。実際に香川真司選手や山田哲人選手など、多くのアスリートに支持されています。その上、側面は通気性に優れたサーキュレーションメッシュを採用しているので、四季を通じて蒸れにくく、快適な寝心地を実現できます。畳やフローリングの上に敷いてもよし、ベッドマットレスとして使ってもよしの万能型マットレスです。さらに10年間のメーカー保証があるので耐久性の点でも安心です。

アイリスオーヤマ エアリーマットレス エクストラ

アイリスオーヤマ エアリーマットレス エクストラ

アイリスオーヤマの大人気マットレスであるエアリーシリーズがさらに進化したのが、この「エクストラ」です。リブ構造で芯材の中身が空洞の特殊加工された「エアロキューブ」の効果により、体圧分散性と優れた反発力が確保されているため、寝返りが楽にできます。通気性がUPしたので、夏は涼しく冬はムレにくいという特徴があります。製品体積の約95%が空気でできているため、かなり軽量で寝心地も抜群です。3次元スプリング構造により優れた体圧分散性を発揮しつつも耐久性は維持されています。丸洗い可能でカバーと中芯は取り外して洗えるので衛生的です。抗菌防臭&ほこりが出にくい仕様なので、糸切れによる繊維くずが出ず、ダニも増殖しにくいので子供が使っても安心です。アイリスオーヤマらしい、細かい点に配慮が行き届いた完成度の高い折りたたみマットレスです。

エアウィーヴ マットレス スマートZ

エアウィーヴ マットレス スマートZ

あの大人気マットレス「エアウィーヴ」から、折りたたみ式の「スマートZ」が発売されました。エアウィーヴの体圧分散機能はそのままで折りたたんで使うことができるので、とても便利です。またマットレスそのものを水洗いできるので、長期間衛生状態を維持できます。多少高額でも長く使うことを考えれば、むしろ割安ではないかと思います。カバーはメッシュ地でさらりとした手触りです。肌触りがよいので、この上にわざわざシーツを掛ける必要がありません。現在使っている敷布団の上に乗せて使うこともできます。

折りたたみマットレスの人気の理由

都市部のワンルームマンションに住む若い世代を中心に「折りたたみマットレス」が人気になっています。

その最大の理由は「スペースの有効化」です。

折りたたみマットレスなら、簡単にクローゼット内に収納できますし、折り畳んで部屋の角におけるので、室内を広く使うこともできます。

さらに、折りたたみマットレスをソファ代わりにできるなどもメリットもあるでしょう。

8畳くらいのスペースにベッドを置いてしまえば、ほとんど使えるスペースはなくなってしまいます。

テレビを見るのも、ご飯を食べるのもベッドの上になってしまうかもしれません。

こうならないために、折りたたみマットレスを買う人が増えているのです。

折りたたみマットレスの種類

折りたたみマットレスと言っても多種多様で、いろいろなメーカーのいろいろな種類の折りたたみマットレスがあるのです。

それぞれに特徴があり、どれも魅力的に映ります。

とりわけ支持を集めているのは、世界的マットレスメーカーのマニフレックスなどでしょう。

折りたたみマットレス人気NO1【マニフレックスの正規通販】

その他、アイリスオーヤマブリヂストンなどの国内メーカーなども人気の折りたたみマットレスを展開しています。

これだけ沢山の折りたたみマットレスがあると、どれを買えばいいのか判断に迷うでしょう。

そこで、まず大別すべきは「マットレスの厚さ」で、これを基準に自分のライフスタイルに合うかを判断すべきでしょう。

おおまかに言って、折りたたみマットレスは一般的に2つの種類があります。

ひとつは8cm以下の折りたたみマットレスで、もうひとつは8cm以上の折りたたみマットレスです。

折りたたみマットレスの場合、厚さ8cmがひとつの基準になると考えていいでしょう。

厚みが8cm以下の折りたたみマットレス

厚みが8cm以下なので、比較的薄いタイプです。敷布団感覚で使える特徴があります。また、マットレストッパーとしても利用可能なので、今お持ちのマットレスや布団の上に敷くこともできます。

メリット

厚みがなく、手軽に上げ下げができる点は大きなメリットでしょう。厚み8cmのマットレスを3つ折りしても厚さは24cm程度です。これなら女性でも簡単に持ち上げられるでしょう。敷きっぱなしにするのではなく、毎日、マットレスを上げ下げしようとするのであれば、厚みな重要なポイントになります。8cmの三つ折りマットレス(シングルサイズ)をクローゼット内にしまうとすると、幅67cm、高さ24cm、奥行き100cm程度とコンパクトになります。これなら省スペースで場所をとりません。

また、厚みがない分、当然、軽量になります。シングルサイズで約6kgなので、それほどのストレスを感じることなく移動できる重さです。この重さであれば、簡単に陰干しができるでしょう。睡眠時にはコップ一杯分の汗をかきますので、起きてすぐにマットレスを陰干しすれば、衛生的な状態を維持できます。重いマットレスは、ついつい敷きっぱなしにしてしまいますが、軽量マットレスであれば、気軽に干すことができるのです。

デメリット

マットレス自体が薄いと取扱いが楽な反面、使用感でデメリットがあるかもしれません。

厚みがない分、どうしても底付き感があることは否定できないでしょう。特に大柄な男性にはゴツゴツ感があるのではないでしょうか。また、楽天などで売られている安価なものはフローリングの上で寝ているだけても底付き感があります。一流ブランドの折りたたみマットレスであれば、多少はマシですが、それでもフカフカな寝心地ではないかもしれません。硬めの寝心地が好きな方にはちょうどいいくらいのイメージだとお考えください。

また、折りたたみマットレスをソファ代わりに使いたい場合は、やや不向きでしょう。ソファ使用の場合は、やはり一定の厚みがあった方がいいと思います。

厚みが8cm以下の折りたたみマットレスはこんな人におすすめ

■敷布団代わりになる寝心地のよいマットレスを探している
■マットレスを敷布団のように押入れにしまいたい
■簡単に日陰干しができ、衛生的な環境を維持したい
■女性、子供、高齢の方
■男性でも体重が75kg以下
■寝相がいい

厚みが8cm以上の折りたたみマットレス

比較的厚みが出てくるので、敷布団のような軽いイメージではなく、重厚感のあるマットレスとして使う想定になるでしょう。また、このタイプはソファとして使える多機能マットレスも選ぶことができます。

メリット

折りたたみマットレスの使い方

底付き感がなく、寝心地がいい点が最大のメリットです。厚みが8cm以上あれば底付き感を感じることはまずないでしょう。ただ、例外的に低品質のマットレスはすぐにヘタってしまい、数ヶ月で底付き感が出てくることがありますので、くれぐれも信頼性のある一流ブランドのマットレスを買ってください。

また、十分な厚さがあるのでソファ(座椅子)としても使えます。厚みのある三つ折りマットレスは座ることもできますので、室内空間を有効利用できるでしょう。しかし、メインの機能はマットレスです。全体重を一箇所にかけるような座り方をすると、マットレスのヘタりが早くなってしまうリスクがありますので十分注意してください。厚みが8cm以上あっても、間違った使い方をしてしまえば、マットレスは劣化してしまいます。あくまでメインは寝るためです。

デメリット

厚みがある分、やや重くなりますが、それでも移動が困難になる重量ではありません。女性でも動かせる程度の重さなので、あまり心配することはないと思います。また、厚い分、折りたたんだ際に高さがでますが、それも数センチの誤差なので、あまり気にする必要なないでしょう。つまり、厚みが8cm以上の折りたたみマットレスのデメリットはあまりないと言えます。

厚みが8cm以上の折りたたみマットレスはこんな人におすすめ

■比較的大柄な男性
■底付き感のないしっかりした寝心地は譲れない
■ソファとしても使いたい
■たまにはクローゼット内にマットレスをしまうことがある

折りたたみマットレスの硬さ

折りたたみマットレスの硬さ

前述の通り、折りたたみマットレスのリスクは「底付き感」です。

それは即ち、「寝心地」です。

ゴツゴツとした底付き感は、寝心地に直結するので、折りたたみマットレスを選ぶ際に非常に重要なポイントになります。

また、寝心地を決定する要素として「低反発マットレス」と「高反発マットレス」の違いも無視することはできません。

低反発マットレスは、柔らかい寝心地がありますが、体重を受け止めてしまうので、底付き感が増すはずです。

一方の高反発マットレスは、高い反発力により体重を跳ね返すので、底付き感は軽減されるでしょう。

当然、薄型の折りたたみマットレスの場合、一般的には底付き感が出にくい高反発タイプの方が好まれます。

好みの問題はありますが、個人的には「高反発マットレスの一択」だと思います。

特に腰痛がある方は、低反発マットレスをおすすめしません。

折りたたみマットレスは衛生的か

移動が容易で簡単に陰干ができる折りたたみマットレスとはいえ、やはり衛生面は気になります。

特に夏場は、就寝中に大量の汗をかいてしまうので、ニオイが気になります。

また、フローリングに直接敷いて使う場合は、ホコリなどからダニが移動してくる可能性が高まります。

コイルマットレスの場合は、丸洗いができませんが、折りたたみマットレスの中には、カバーだけ水洗い可能なものやカバーだけでなく、マットレス自体を水洗いできるものもあります。

特にウレタン素材の折りたたみマットレスは洗えるものも多いので、長く使いたい場合は、メンテナンス性の高い折りたたみマットレスを選んでください。

衛生面を優先するのであれば「軽くて移動が容易であるか=陰干しができるか」と「洗えるか」という2点をチェックするといいでしょう。

折りたたみマットレスの寿命

折りたたみマットレスは、薄く作られていることもあり、通常のマットレスに比べ耐久性に劣ると言われています。

薄い素材の中で体重を受け止めるので、どうしてもヘタりは早くなってしまう傾向にあるようです。

厚みや素材自体の強度など、複数の条件によりますが、概ね5年程度が一般的な寿命ではないでしょうか。

もちろん、使用環境や頻度、またメンテナンスの状態などにもよって異なってくるので、あくまで目安として考えてください。

とはいえ、一流メーカーのマットレスは作りが丁寧な上に、いい素材を用いているので、長く使える傾向にあります。

多少高額でも、長く使えれば実は安いということもあるので、できれば信頼性の高いメーカーの折りたたみマットレスをおすすめしたいと考えます。

数千円レベルの1万円に満たない折りたたみマットレスは、悪く言えば「使い捨て」です。

1年くらいで買い換えるのであれば、最初から3万円程度の折りたたみマットレスを購入し、長く使った方がお得だと思います。

やはり「マニフレックス」「アイリスオーヤマ」「エアウィーヴ」などの一流メーカーのマットレスを買うべきです。

安いマットレスは、すぐにヘタってしまうので、場合によっては不自然な寝姿勢で寝続けることになりますが、それでは健康を害してしまう可能性もあります。

マットレスの代金をケチって、腰痛や肩こりを発症させてしまうのは、さすがにバカバカしい気がします。

健康はお金で買えません。

多少高くても、是非、信頼性のあるメーカーの折りたたみマットレスを購入してください。




おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-マットレス

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.