マットレス 腰痛

腰痛改善におすすめ!プロが選んだ最強マットレスはこれ一択!

更新日:

腰痛マットレス

腰痛と睡眠は密接な関係

日本人の国民病とも言われている「腰痛」ですが、実は寝ている最中に症状を悪化させてしまっているケースがあるのです。

「腰の痛みで熟睡できない」「寝返りを打つ度に目が覚める」「寝起きで腰が痛い」という場合は、寝姿勢に問題がある可能性があります。

そこで改めて見直したいのが「マットレス」です。

マットレスと言っても、低反発、高反発、コイル式、ノンコイル式など、さまざまな形態が発売されていますが、最近では腰痛に効果のある機能性マットレスが人気を集めています。

その中でも、硬めや柔らかめで判断する反発力、さらに素材や大きさなどにも違いがある上に、価格も様々なので選択に迷います。

多くの選択肢の中から、自分に最適なマットレスを見分けるのは大変です。

そこで今回は、腰痛の緩和に最適なマットレスの選び方、そして、本当におすすめの腰痛マットレスをご紹介します。

是非、腰痛改善にお役立てください。

腰痛改善マットレスの選び方

寝起きで腰痛

睡眠時の腰痛と寝姿勢は密接な関係があります。

腰が「くの字」に曲がってしまうような異常な寝姿勢であれば、それが腰痛の原因になるのです。

そうならないためにも、マットレス選びはとても重要です。

いいマットレスなら、変な寝姿勢になることはありません。

寝姿勢が改善されれば、腰にかかる負担が決定的に変わってきますので、自分の寝姿勢と腰痛の緩和にフィットするマットレスを見つけてください。

寝心地に合わせる

一概にマットレスと言っても実は多種多様です。

一般的には「コイルマットレス」と「ウレタンマットレス」に大別されますが、コイル式とウレタンマットレスでは、寝心地がまったく異なります。

当然、腰痛に対する効果も違うので、マットレスの種類を知っておくことは、意外に重要なのです。

ボンネルコイル

ボンネルコイルマットレス

内部にはコイル(スプリング)が並べられているため、その適度な空間が湿気を逃しやすくしていて、通気性は抜群です。

また、コイルが体重を分散させてくれるので、寝心地は緩やかです。面で身体を支えるようになっているのでフィット感がよく、マットレス全体で体圧を分散してくれます。マットレスの中では、やや高額とはいえ、価格は手ごろなものが多く、比較的購入しやすいのも魅力です。

ただコイルの反発が弱い場合には、予想以上に腰部分が沈み込んでしまうものもありますので注意が必要です。できれば店頭で実際に寝てみてください。転んネット通販の場合は、口コミをチェックするなどし、商品の特性を把握してください。

ポケットコイル

ポケットコイルマットレス

コイルが一つずつ不織布に入った状態で分離した構造になっているため、体圧分散に優れ、腰への負担が少なめです。コイルが独立しているため、互いに干渉せず、横揺れがなく、隣で寝返りを打っても全体が揺れません。そのため2人で使うのに適しています。また、点で支える構造なので、体圧が分散されます。ボンネルコイルマットレスよりも自然な姿勢で眠ることができます。

一方、欠点はマットレス内に湿気が溜まりやすいことです。湿気対策として、ベンチレーションのあるものを選ばないとカビが発生してしまいます。

ウレタンマットレス

ウレタンマットレスマットレス

腰痛マットレスの代名詞で、価格が安いため、最も人気があります。低反発から高反発まで好みの硬さを選びやすい点も支持される理由です。

ベッドに敷いて使うこともできる上に、布団やフローリングに敷いて使える商品も多いため、万人受けするマットレスと言えます。日常的に布団の上げ下ろしをするという方には、収納に便利な3つ折りタイプが売れています。

腰痛によいのは「ウレタンマットレス」

このように、マットレスには大きくわけて「コイルマットレス」と「ウレタンマットレス」がありますが、腰痛改善の機能性マットレスと言われるものは、おおよそ「ウレタンマットレス」です。

アスリートが使用している「東京西川」や「エアウィーヴ」なども、ウレタンマットレスの一部ですし、世界的ブランドの「マニフレックス」やマンチェスター・ユナイテッド公式マットレスの「エムリリー」、さらに最近売れている「モットン」や「雲のやすらぎ」もウレタンマットレスです。

また、価格のわりに腰痛改善に効果があると言われているヤーマンの「オクタスプリング」もウレタンマットレスに属すると言えるでしょう。

このように、素材に自由度があり、加工が容易なウレタンマットレスは、急速な進化を遂げており、年々腰痛改善の実績を積み上げていると言えるのです。

マニフレックス



エムリリー



モットン



雲のやすらぎ



オクタスプリング



反発力と密度

マットレスの選択基準は「反発力」「密度」「体圧分散」など主なものでしょう。

これらの組み合わせにより、腰痛改善の度合いが決まってくるのです。

それぞれが自分に合うよう、以下のポイントもチェックしてください。

反発力は「ニュートン値」と「体重」とから選ぶ

ウレタンマットレスの反発力はN(ニュートン)で表示されます。Nの値が大きいほどマットレスの硬さが増します。一般的に100N以上のものは硬め、100~60が普通、60N未満は柔らかめとされています。低反発マットレスなら60N未満が多く、高反発マットレスは100~200Nのものが最も売れ筋です。

睡眠時に最も体重がかかるのは腰なので、腰痛の方はここが沈まないよう、やや硬めのマットレスを選んでください。つまり、自ずと高反発マットレスを選ぶことになります。低反発マットレスは柔らかすぎて腰が沈み込んでしまいます。

さらに自分の体重を考慮することも重要です。明確な基準はありませんが、女性や子供など、体重が50kg以下の場合は100~150N、50~80kgの一般成人の場合は120~170N、80~100kgの大柄な男性なら140~180Nを選ぶとよいでしょう。

密度を確認する

ウレタンマットレスの耐久性を測る尺度に「密度 D(kg/㎥)」があります。低密度のものは、ヘタりやすいため、製品自体の寿命が短めです。高密度になるほど長持ちはしますが、その分高価格になります。おおよその目安としては、25D以上を選べば間違いないでしょう。

ちなみに、20~25Dは低価格なマットレスなので、3年ほどで寿命を迎えることが多いようです。25~30Dのものはやや高額になるものの、比較的長持ちするので結局はお得です。

通気性や防カビ性も重要

睡眠中は毎日、コップ1杯の汗をかくと言われていますので、マットレスは湿気を含んだ状態になりやすいという特徴があります。

常に衛生的な睡眠環境を維持するためにも、できれば風通しのよい場所で定期的な陰干しをしたいことろです。

とはいえ、面倒になって、ついつい放置してしまうのが現実で、結局、カビやダニを発生させてしまい、マットレスの寿命を縮めてしまうのです。

そうならないためにも、マットレス自体の通気性や重量なども忘れずに確認しておく必要があります。

特に重量は無視できません。

重たいマットレスは移動が大変なので、どうしても陰干しや上下や両面の入れ替えが滞ってしまうのです。

結果、せっかく買ったマットレスがカビだらけで、すぐに使えなくなるという悲惨な状況になるのです。

このメンテンンスのしやすさは見過ごされがちですが、とても大切な要素です。

マットレスカバーもチェック

マットレスカバーは洗えるものもありますが、マットレス自体を洗えるものは多くありませんので、汚れがマットレスに達しないよう、マットレスカバーで守ってあげる必要があります。

洗えるマットレスカバーが付属されているものであれば、マットレスの寿命を伸ばすことができるでしょう。

また、マットレス自体に湿気を逃がしやすい工夫があるか、防カビや消臭性はあるかも大切です。

さらに、カビが発生してしまった場合のメンテンンス性などもチェックしてください。

エアウィーヴなどのマットレスパッドは、ぬるま湯と拭けるなど、メンテンンス性が向上しています。

丸洗いできないまでも、軽く拭けるマットレスであれば、衛生的な環境を維持できます。

店頭で実際に寝てみる

体圧分散計測
寝心地や自分に合っているかなどのフィーリングは、実際に寝てみないとわかりませんので、可能な限り店頭で確かめてみることをおすすめします。

仰向けや横向きの姿勢をとったり、寝返りを打ってみたりして、特に腰部分の沈み具合をチェックしましょう。

最も理想とされる寝姿勢は、直立時と同様のS字カーブを描いた状態です。腰への負担を減らすためにも、腰痛持ちの人はぜひ確認しておきましょう。

店舗によっては、寝姿勢を計測できる機械が導入されていますので、科学の目で寝姿勢を確認することができます。

もちろん、通販で購入しても大丈夫

とはいえ、必ず店舗で買わなければいけないわけではありません。

楽天やAmazonで口コミを確かめれば、わざわざ店舗で寝てみなくても問題ないでしょう。

さらに、ウレタンマットレスは、圧縮して持ち運べるため、通販でも簡単に買うことができます。送料を気にする商品ではありません。

もちろん、簡単に梱包を外すことができます(以下動画参照)。

当然、店舗で買うより、ネットで買った方が安い場合が多いので、店舗で試しに寝てみて、ネットで買うのが最も賢い方法かもしれません。

S字カーブを維持するためにできること

硬すぎるマットレスに横になると腰や背中など、出っ張っているところだけで体重を支えることになるので、全身の筋肉の緊張状態が解消できず、ゆっくり寝ることができません。

これは寝ながら筋トレをしているようなものでしょう。

一方、柔らかすぎるマットレスでは、最も体重がかかる腰の部分が沈んでしまうため、背骨のS字カーブは崩れてしまい、不自然な寝姿勢になります。

いずれの場合も理想的な体圧分散ができていない状態なので、腰痛を悪化させる原因になります。

適度な硬さで下から支えてくれ、正しい体圧分散を実現できるマットレスを選ぶようにしてください。

まとめ

腰痛改善に最適なマットレスの選び方をご紹介しました。

腰痛にはさまざまな原因があります。

日中のデスクワークで姿勢が悪くなっている場合。

以前、スポーツで痛めた。

スマホゲームのやりすぎで、何時間も同じ姿勢で過ごすことが多い。

などなど、千差万別ですが、腰痛と最も関連があるのが睡眠です。

人間は毎日6~8時間は寝ていますので、その間に腰を痛めてしまう可能性が高いのです。

ちょっとした腰痛が、睡眠姿勢のせいで、余計に悪化してしまうケースは本当に多いのです。

逆に言えば、寝姿勢さえよければ、ちょっとした腰痛程度なら改善できるということ。

整体やマッサージに払うお金で、いいマットレスを買って、腰痛を改善した方がお得かもしれません。

是非、マットレスを中心とした睡眠環境を見直し、腰痛を改善してみてください。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-マットレス, 腰痛

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.