マットレスおすすめ

快眠できる寝具を比べてみました|イケアや無印が安くておすすめ?

更新日:

おすすめの快眠マットレス

快眠にはマットレスが重要な役割を持つ

年齢を重ねる毎に眠りが浅くなり、快眠できないという悩みを持つ方が増えてきます。

それは年齢が原因でもありますが、実は快眠環境が整っていないことが大きいのです。

特にマットレスが寿命でヘタっていたり、低反発マットレスなど、そもそも熟睡できない寝具を使っていたりする場合が散見されます。

また、夏の暑い夜は寝苦しかったり、真冬は足先が冷えて寝られないという女性も多いのではないかと思いますが、これも環境の改善で解消できるのです。

このような寝具(特にマットレス)を含む、睡眠環境の正しい整え方を知っておけば、驚くほど熟睡度が違ってくるのです。

古くなった布団やマットレスを使っていると、腰痛や肩こりを発症することがあります。

ヘタっているマットレスで寝ていると寝姿勢が悪くなるので、腰や首への負担が増えるのです。

マットレスは健康に重大な影響を及ぼす寝具です。

このことをもう少し重要視すべきでしょう。

 

快眠マットレスを使う

快眠マットレス比較

快眠のためには、まず寝具を整えることから始めるとよいでしょう。

簡単なところでは、枕カバーを洗うことからでもいいのですし、敷布団やマットレスを干すことから始めてもいいでしょう。

また、マットレスが古くなっているなら、新品に替えて、寝心地と気分を一新してみてもいいかもしれません。

最近のマットレスは科学的な研究が進み、機能性が向上していますので、ビックリするくらい快眠できるでしょう。

自分が毎晚眠る場所をきれいに整えることで、快眠は得られるのです。

騙されたと思ってやってみてください。

 

マットレスの硬さと素材

人がー晚でかく汗はコップ一杯分と言われています。

つまり、布団の中は湿気だらけということ。

その分、しっかりと吸水性のある素材のマットレスを選ばないと布団の中が蒸れることになります。

吸水性の悪いマットレスを使った場合、湿気は行き場をなくし、水分となって布団の繊維に結露し、体を冷やす原因にもなります。

これからマットレスや寝具を選ぶのなら、吸水性のある素材がオススメです。

特に通気性のよい高反発マットレスが健康のためにはベストな選択になるでしょう。

マットレスは人の筋肉くらいの硬さで、体の背中の力ーブと布団の間に隙間ができない程度が理想です。

あまり柔らかくても密着しすぎて背中の力ーブが崩れます。

フカフカすぎず、でも硬すぎない。

全体的に面で体を支えてくれる感覚のマットレスを選びましょう。

布団を利用している人は、敷布団の上に、マットレスパッドを敷くといいでしょう。

そうすることで硬さを調整しながら、汗を吸って温度を保つ働きもしてくれます。

毎日使う寝具ですから、本当によいものを選んでください。

 

ニトリの快眠マットレス

テレビCMの効果もあり、快眠マットレスと言えば「ニトリ」を思い浮かべる方も多いでしょう。

商品ラインナップも豊富で、数千円で買える価格の安いマットレスも揃っていますので、ついつい手が出てしまう気持ちは理解できますが、あまり安いマットレスはおすすめできません。

睡眠環境を整えるのであれば、ある程度の品質のマットレスが必要になります。

できれば数万円のマットレス専門メーカーの商品がおすすめです。

価格を優先するのではなく、最も寝心地がよく、自分に合ったマットレスを選んでください。

 

快眠マットレス「オクタスプリング」




「まるで無重力」のキャッチコピーでお馴染みの美容総合会社ヤーマンが提供するマットレスが「オクタスプリング」です。

「やくみつるのマットレス」としても有名ですね。

世界累計販売枚数は400万枚、お客様満足度は93%と高い支持を得ている快眠マットレスです。

夜中に何度も起きてしまう

睡眠中に首、肩、腰がつらい

硬いマットレスは苦手

低反発マットレスは蒸れるので嫌い

ダニや菌の繁殖が気になる

といった方には、このオクタスプリングがおすすめです。

抜群の弾力性と通気性を誇る「3Dウレタンスプリング」を採用しているので、寝心地のよさと通気性を両立しています。

ベッドマットレスとして使ってもよし、フローリングに敷いてもよし。

もちろんマットレストッパーとしても使えるので、今使用中の敷布団の上にオクタスプリングを敷いてもOKです。

これだけで寝心地がまったく違ってきます。

万能型のマットレスがオクタスプリングなのです。

 

マットレスで快眠姿勢を維持

快眠マットレスの寝姿勢

正しい寝姿勢が取れる快眠マットレス

人により寝やすい姿勢はありますが、寝姿勢の基本は仰向け寝だと断言して間違いないでしょう。

立って本を読むくらいの首の傾き方で、そのまま横になった姿勢をイメージしてください。

横向きを好む人もいますが、横向きに寝ると、肩が圧迫されて肩こりがひどくなったり、四十肩や五十肩の原因になったりしますので、やはり基本は仰向けです。

仰向けを習慣づけ、正しい寝姿勢を保つには、適切な硬さや高さの枕とマットレスを選ぶことも大切です。

この機能を持つマットレスを「快眠マットレス」と呼ぶのです。

快眠マットレスによって寝姿勢を矯正してあげることも必要になるのです。

 

仰向けで鼻呼吸しやすいマットレスを選ぶ

快眠マットレスを使えば、仰向けでの寝姿勢になるので、自然と鼻呼吸ができるようになります。

鼻呼吸が身につき、無意識に自然な呼吸ができるようになると眠りが深くなります。

呼吸を改善し、前向きに睡眠と向かうことが、どれだけ心地良い眠りにつながっていくかと気がつくはずです。

快眠にも努力が必要なのです。

これを確実に実行できれば、朝までの熟睡が約束されるはずです。

 

20回の寝返りができるマットレスを選ぶ

正しい寝姿勢である仰向け寝が身についたら、次のステップとして、寝返りを正しく打つ練習をしてみるとよいでしょう。

入眠時には仰向けで、翌朝に起きたときも仰向けに寝られていることが理想です。

ただ、これはまったく動かないという意味ではありません。

体が固定されるようであれば、背中などを圧迫し、血行が悪くなりますので、適度な動きが必要になります。

具体的には、寝てしまってから無意識に寝返りを打てることがベスト。

それは20回程度が理想的です。

もちろん、自分で寢返りが数えられるわけではありませんので、実数は把握できませんが、より寝返りが打ちやすくなるよう準備をしておくことは必要です。

具体的には、寢る前の「寝返り体操」をしておくことをオススメします。

寝返り体操はとてもシンプルです。

まずは仰向けに寝ます。その状態で両膝を立ててください。

さらに、両膝をだけ右に倒します。腰をひねるイメージです。

そして、両手も自然に右に持っていきながら体全体を右側に倒します。これで全身が右側を向きます。

これを交互に左右10回ずつ行うだけです。

これをするだけで寝返りに必要な筋肉量が増え、眠りながらマットレスの上で自然と寝返りを打てるようになります。

特に手問も時問もかかりません。

地道に続ければ、目標の一晚に20回の寝返りが自然にできるようになります。

うまく寝返りを打つためには、マットレスの硬さや枕の高さなどの複数の要因が関係してきますが、まずは寝返り体操を習慣づけ、自然と寝返りができる体をつくってください。

 

安い快眠マットレスはダメ

朝まで熟睡したいのであれば、それなりのマットレスを準備しなければいけません。

安いマットレスは使っている素材の品質が悪いので、大抵は寝心地が悪く、快眠できません。

せっかく快眠マットレスを買うのであれば、それなりの品質と金額のものを選びましょう。

 

最高の寝心地には枕も重要

快眠マットレスと枕

快眠枕の選び方

安眠グッズと言われて、イメージするものに「枕」があるのではないでしょうか。

ぐっすりと眠るためには、枕は欠せない存在です。

正しい枕の選び方で、基準となるのは「高さ」と「硬さ」です。

快眠枕の高さ

高さは、首の長さなどの体格差もありますが、面倒がらずに実際に当ててみて確認してみてください。

最適な高さは、仰向けに寝て頭に当てたときに、顎の下にしわが寄らない程度。

しわができたら、それは高すぎるという証拠です。

この状態はロ呼吸を誘発してしまうので危険です。

もちろん、低すぎて顎下にツッパリ感を感じてもいけません。

寝ているうちに息苦しさを感じ、自然とロが開くようになってしまいます。

快眠枕の硬さ

次は硬さです。枕にはある程度の硬さが必要です。

肩や首に痛みがある人は悪化させないよう、ついつい柔らかい枕を選んでしまいますが、それは間違った選択です。

柔らかい枕は寝心地がよく感じますが、寝返りが減ってしまうため、長時間同じ姿勢を続けることになり、体の痛みの原因となってしまうのです。

その点、硬めの枕は寝返りを打ちやすくなり、頻繁に姿勢を変えるために、体の1点に負担が集中することが少なくなります。

血行が促進され、筋肉疲労も軽減されるので、結果的に痛みが緩和されます。

快眠枕の使い方

枕の理想的な使い方は、仰向けが基本的になります。

入眠時には仰向けで、朝方起きたときにも仰向けに寝られていることが理想です。

硬い枕は、当初、違和感を持つかもしれませんが、結局は自然な寝姿勢を作ってくれることになるので、慣れてくれば快適に感じるはずです。

健康のためにも、やや硬い枕がオススメです。

 

枕とマットレスの組み合わせ

枕に関してもう1つ重要なのが、マットレスとの組み合わせです。

マットレスの硬さで枕の最適な高さも変わってくるのです。

正しい寝姿勢は、マットレスと枕の組み合わせで生まれます。

手で押したときに、柔らかく沈み込むマットレスなら、枕は少し高めで合わせます。

手で押しても沈み込みが少ない硬めのマットレスなら、枕は低めにします。

但し、柔らかく沈み込んでしまう低反発マットレスは、あまりオススメできません。

寝姿勢が安定しないので、適切な枕を選んでも効果が発揮できないからです。

 

おすすめの快眠マットレス

快適な睡眠環境を整えるのであれば、やはりマットレスが重要な役割りを担います。

最近のマットレスは科学的な研究が進んでおり、人間工学の観点からも、とても高性能な結果を出しています。

また、以前と比較して、価格も相当安くなっており、手の届くマットレスが増えてきました。

睡眠は健康の基礎です。

熟睡できる環境と健康を買うと思えば、マットレスは安いものです。

場合によっては、複数枚のマットレスを購入し、使い比べてっみてもいいかもしれません。

それくらいマットレスにお金をかけてもいいのです。

 

快眠マットレスの人気口コミランキング

快眠できるマットレスとの口コミが多いのが「雲のやすらぎ」「モットン」「マニフレックス」の3つの高反発マットレスです。

価格も手頃で、使用しているウレタンの品質も問題なく、寿命も長いので、長い目でみて「コスパのいいマットレス」だと言えるでしょう。

機能性も高いので、腰痛にも効果があると評判です。

最高の寝心地と腰痛や肩こりの緩和の両面からも評価が高いと言えると思います。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

雲のやすらぎ

【商品の特徴】
■体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用 
■凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心 
■厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団  
■最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい 
■リバーシブルで春夏は通気性抜群 
■SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 
■安心の日本製

モットン

【商品の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力 
■体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 
■8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 
■通気性が良く蒸れにくい 
■ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

人気記事

1

概要1 安くておすすめのコスパ最強マットレス1.1 アイリスオーヤマ マットレス シングル1.2 MyeFoam 新世代高反発マットレス1.3 IKSTAR 新世代健康高反発マットレス1.4 タンスの ...

2

20代~60代の腰痛・肩こり患者318名に聞いた「本当におすすめしたいマットレス」 マットレス人気ランキング   頑固な腰痛と肩こりに悩む20代から60代までの男女318名に座談会とアンケー ...

3

概要1 マットレスを選ぶ基準1.1 体圧分散できるマットレスとは1.1.1 柔らかすぎるマットレスの場合1.1.2 硬すぎるマットレスの場合2 マットレスのタイプと特徴で選ぶ2.1 スプリングタイプの ...

4

概要1 おすすめの折りたたみマットレス 人気ベスト32 三つ折りマットレスの使い方3 三つ折りマットレスの種類4 三つ折りマットレスの厚さ4.1 厚みが8cm以下の三つ折りマットレス4.1.1 メリッ ...

5

概要1 売れてるマットレスをプロの視点で比較2 売れてるマットレスとは2.1 知る人ぞ知るマットレス3 値段によるマットレス比較3.1 エアウィーヴは高い!3.2 ニトリは安い!4 買うなら高反発マッ ...

-マットレスおすすめ

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【令和元年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.