マットレスおすすめ

敷布団おすすめ【安い!人気マットレスの口コミランキング】

更新日:

敷布団

敷布団の役割

体重を受け止める

敷布団はさまざまな機能を担っていますが、そのうちのひとつに「全体重を受け止める」という大切な役割があります。

敷布団は全体重を受け止めていますが、体の部位によって受け止める割合は違ってきます。

具体的には、頭は約8%、胸の辺りは33%、腰やお尻は44%になり、脚は15%の割合になると言われています。

最も体重のかかる腰やお尻周りが一番負荷がかかるので、この点を考慮してマットレスを選ばなければならないでしょう。

さらに、体重が重い方はその分だけ敷布団やマットレスが沈み込みやすくなるので、自身の体重や身体への負担を考えてマットレスを選ぶことになります。

 

マットレスと併用した方がいい場合もある

あまり寝心地がよくない敷布団の場合、腰痛を患ってしまったり、悪化してしまう恐れがあります。

いわゆる「せんべい布団」はその代表例で、硬すぎる敷布団は腰痛の大敵です。

これを回避するためには、敷布団とマットレスの併用が効果的です。

マットレスの場合、敷布団よりも反発力が強く厚みがあるので、横になった際、腰を適度に支えることができるのです。

横になった場合、体の中で一番沈みやすい部位は腰なので、腰にはどうしても負荷がかかりやすくなってしまいますが、この負担を軽減するためには、マットレスと敷布団を併用する方法がベストなのです。

敷布団の上にマットレスを敷くことで、全体に厚みを持たせ、腰にかかる負担を軽減することができます。

敷布団が硬いと感じる場合は、一度試してみてください。

 

敷布団の種類

木綿敷布団

敷布団やマットレスにも様々な種類がありますが、その一つに木綿敷布団が挙げられます。

日本の布団の素材として江戸時代から親しまれてきたものであり、近年では化学繊維で作られている布団が主流となっていますが、それでも中高年以降の世代からは高い支持を集めています。

木綿敷布団の優れている特徴は、保温性と吸湿性といえるでしょう。

木綿は繊維と繊維の間に空気を含むことから、冬でも十分な温かみを得ることができます。

吸湿性に優れているので寝ている間にも汗をしっかりと吸収してくれます。

しかし、吸湿性が高い一方で放湿性は低く、手入れが大変な点がデメリットです。

内部に湿気がこもることから、少なくとも二日に一回は天日干しをする必要があります。

 

羊毛敷布団

敷布団をマットレスのように使う場合には、素材に気を使いながらよい製品を探さなくてはいけません。

その時に役に立つのが、羊毛敷布団です。

一般的に、羊毛敷布団は他の製品と比較しても割高になる可能性があります。

これは、それだけ品質がよいからに他なりません。

例えば、日本は四季が存在しますので。季節によっては布団の湿気の状態を考えなくてはいけません。

羊毛の場合は、周囲に存在する湿気の影響をあまり受けないという大きなメリットがあります。

吸収性と発散性の双方に優れているので、水分を吸収してもそれをすぐに発散できるのです。

そのため、常に柔らかい手触りを維持することができます。

 

機能性敷布団

日本人は昔から布団に慣れ親しんだ生活をしていますが、敷布団の種類と機能は日々進化しています。

敷布団と掛布団のセットの形自体は変わらないものの、現在密かなブームを巻き起こしているのが、マットレスなどの機能性敷布団です。

エアウィーヴなど、いわゆる「マットレストッパー」などがこの範疇の商品です。

一番のメリットは軽いことです。

毎日自宅で使用することはもちろんですが、ちょっとした旅行などに持っていけるコンパクトな機能性マットレスが人気になっています。

これなら日頃と変わらぬ睡眠の質を保つことができるので、非常に便利です。

持ち運びしやすいように軽い商品が発売されていますし、コンパクトに折りたたむことも可能です。

敷布団の高さ調節の機能にもなるので、自分に合った睡眠を得ることにつながります。

また、通常の価格面でリーズナブル商品も多く発売されているので、いろいろな選択ができる点も魅力です。

 

敷布団の選び方

敷布団の選び方

洗えて衛生的な敷布団を選ぶ

敷布団やマットレスは毎日寝ている間の汗や汚れが蓄積していきます。

敷布団は洗えないイメージですが、花粉症やダニなどのアレルギーの人も増えてきているので、清潔さを保つために洗えるものも増えてきています。

洗える敷き布団としてメジャーなのが合成繊維素材の商品です。

合成繊維は、ポリエステルなど水切れがよい素材でできているので、洗っても乾きやすいです。

敷布団は綿でできている方が自然由来でよさそうですが、乾くまで時間がかかります。

お手入れのしやすさでいったらポリエステルなどの合成繊維でできものの方がメリットは多いでしょう。

家庭用の洗濯機でも可能ですが、脱水や乾燥機には対応していない場合があります。

乾かすためには天日干しのタイプがほとんどです。

 

サイズで選ぶ

快適で良質な睡眠をとるためには、自分の体に適したサイズの敷布団を選ぶことが重要になるのは言うまでもないでしょう。

「一人暮らしなのでシングル」と決めつけず、最も快眠できるサイズの敷布団を探してください。

サイズによって寝心地は大きく変わってきます。

特に寝返りのしやすさに格段の違いが出てくるのです。

寝返りのしやすさによって、疲労の蓄積は驚くほど違ってきます。

体全体を預ける敷布団は、筋肉や骨のバランスにまで影響を及ぼすので、サイズの決定に関しては何度も試し寝をしてみることが大切です。

 

腰痛対策で選ぶ

体に合っていない敷布団を使っていると、腰痛が発症したり、腰痛が悪化したりすることがあるので注意が必要です。

人間の背中は平らではなく少しカーブを描いていますが、硬いところに寝るとそのカーブが維持できなくなり、腰痛になるのです。

例えば、フローリングの上に薄い敷布団を敷いて寝る場合などは非常に危険です。

同時に硬さを感じるため寝心地が悪くリラックスができないので、質の良よい睡眠にもなりません。

腰痛対策として、寝返りをサポートする機能がある高反発マットレスがおすすめです。

せんべい布団には反発力で体を包んでくれるので、腰痛対策には最適な寝具と言えるでしょう。

 

メーカーで選ぶ

モットン

敷布団は従来の布団だけでなく、マットレスという選択肢もあって何かと迷うものです。

モットンはマットレスの中でも評判が良好で、適度な固さとクッション性が癖になるとの口コミが溢れています。

価格は、公式だとシングルサイズが税込39,800円で、その上、返金保証が付いているので安心して購入できるでしょう。

セミダブルやダブルサイズは、それぞれシングルサイズから段階的に1万円ずつアップしますが、それでも通常のマットレスよりはお手頃になっています。

潰れる敷布団や沈み込む低反発マットレスとは違い、押し上げる感覚や安定感が安眠に繋がると評価されています。

腰や背中の緊張感が抜けてぐっすりと眠れたり、朝の目覚めが快適で眠るのが楽しいという口コミの声があります。



雲のやすらぎ

雲のやすらぎという大人気高反発マットレスをご存知でしょうか。

睡眠時、腰部に約40%もの耐圧が掛かるので、もし柔らかすぎるマットレスを使うと沈み込みすぎてしまい、腰部に大きな負荷がかかり腰痛の原因になってしまいます。

雲のやすらぎは17㎝もの厚みがあり、高反発ウレタンで支えられているので最小限の力で寝返りを打つことができます。

多くの敷布団は表面が平らになっていますが、雲のやすらぎはデコボコのクッションになっているため、適度に体圧を分散させたり通気性がよい設計になっています。

また、縫い目が縦方向になっている春夏用と、縫い目が菱形になっている秋冬用が表裏一体になっているので、一年を通して使用することができます。



西川

日本には多くの寝具メーカーがありますが、寝具メーカーの老舗といえば西川です。

西川のヒット商品のひとつが「AIR」です。

マットレスのAIRは、大谷翔平選手など、多くのプロスポーツ選手が使っています。

AIRは点で支えるコンディショニングマットレスで、寝返りを打っても安定した寝姿勢を保つことができます。

敷き寝具の機能を深めた特殊な立体構造で、体圧分散と寝姿勢保持の機能を高め快適な眠りに導きます。

睡眠中の血行を妨げにくくする効果が期待され、体への負担を軽くします。

ベースの部分が体をしっかりと受け止めるので、自然な姿勢で眠ることができます。

ウレタンは通気を促す構造なので、汗や湿気を拡散します。

ホコリの心配や干す手間がなく、手入れが楽なのもメリットです。

エアウィーヴ

エアウィーヴは腰痛対策マットレスを提供するメーカーで、独自の樹脂素材エアファイバーを使っているのが強みのひとつです。

マットレストッパーとして、既存の敷布団の上に重ねて使えるので、寝心地を改善させるマットレスとして人気があります。

通気性が良好で寝心地もよく、丸洗いできるので衛生的に安心して使えると支持を集めています。

不特定多数の人が利用する宿泊施設でも人気です。

樹脂素材の特性上、高温には弱く熱湯で除菌するなどのお手入れは不可能です。

また日光に対する耐久性もあまりないので、外で天日干しをするのは控えた方がよいでしょう。

 

おすすめの安い敷布団

ニトリの敷布団

ニトリの敷布団

ニトリの敷布団は持ち帰り可能

ニトリの敷布団は、体圧分散を考慮した非常に使いやすい仕様になっています。

1点だけを購入するのではなく、6点セットや10点セットで購入することが可能です。

マットレスのようにとても軽い素材で作られていますので、簡単に持ち帰ることも可能です。

体圧分散になっている敷布団の魅力は、身体に対して余計な負担をかけないことにあります。

特に、腰痛を持っている人は反発力の強い製品を使ってしまうと、それだけ腰に対しても大きなダメージを与えてしまうことになります。

布団カバーにも応用できますので、買いやすいという魅力があります。

何よりも、まとめ買いをしても安いため、家族のために一式で全て整えることができるというメリットがあります。

ニトリの敷布団の口コミ

ニトリの敷布団には様々な種類がありますが、値段が安いにも関わらず寝心地が良いと評判がよいのが特徴です。

売れ筋の中に点で支える体圧分散敷布団があるのですが、こちらの商品は腰痛持ちの方でも、朝起きた時に腰が痛くならないという口コミが多く、かなり人気があると言えるでしょう。

また厚さが8センチというボリュームがあるタイプは一番人気で、マットレスが不要というメリットがあります。

防ダニ加工もされていますが、ベッドのような寝心地という口コミや軽いので収納にも便利だし、ふわふわしているため腰も痛くならないと言った口コミも多数寄せられています。

さらに、布団カバーやまくらカバーが付いた6点セットや、オールシーズン使用できるようにタオルケットや合掛布団などが付いた10点セットも人気があります。

しかも6点セットでお値段が税別で4000円代からあり、10点セットでも9000円代なのでかなりお買い得となっています。

このように、ニトリの敷布団は口コミもよく、かなりの人気となっていますが、セットで購入するとさらにお得なのでおすすめです。

 

しまむらの敷布団

しまむらの敷布団

安い布団を購入するならば、ホームセンターなどをチェックしてみるといいでしょう。

ワンプライスの値段で販売しているので、敷布団と掛布団のセットで購入しても約1万円程あれば購入可能です。

マットレスや枕も売っているので、寝具ならすべて揃えられる点も魅力です。

中でも「しまむら」の敷布団はおすすめです。

洋服だけではなくインテリアや雑貨も扱っており、コスパが高いことで知られていますが、もちろん寝具も扱っており、しまむらの特徴である費用対効果の高さを実感できます。

敷布団は値段以上の品質を持ち、話題の洗える布団も取り揃えています。

独自のルートで製造販売しているために、全国展開しているしまむらは大量のを仕入れをして価格を下げているのです。

高品質な敷布団が安い値段で買いたいならば、しまむらをチェックしてみるといいかもしれません。

 

無印の敷布団

無印の敷布団

お買い得な値段の敷布団を探しているなら無印の敷布団もおすすめです。

無印では吸放湿性のある麻わたやウレタン、ポリエステル製の敷布団やマットレスを多数取り扱っており、いずれも数千円からの購入が可能です。

値段が安いと品質が気になるかもしれませんが、無印の敷布団やマットレスは通気性や、吸湿性、肌ざわりなどを考慮して作られた商品ばかりなので、安心して購入されています。

マットレスには体圧分散を考慮した商品も取り扱っていますので、価格だけではなく寝心地を重視している人にとっても目的の商品を見つけるのは難しくないでしょう。

価格が安い上に品質も保証され、様々な素材で作られた物から選ぶことができるので、利用者の評判もよいようです。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

【商品の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力 
■体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 
■8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 
■通気性が良く蒸れにくい 
■ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

【商品の特徴】
■体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用 
■凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心 
■厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団  
■最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい 
■リバーシブルで春夏は通気性抜群 
■SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 
■安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

人気記事

1

概要1 マットレスは安くていい?1.1 マットレスの適正価格1.2 マットレスが安い時期2 楽天で売られている安いマットレス3 健康に寄与するマットレスがコスパ最強4 安いマットレスが結局一番高いって ...

2

20代~60代の腰痛・肩こり患者318名に聞いた「本当におすすめしたいマットレス」 マットレス人気ランキング   頑固な腰痛と肩こりに悩む20代から60代までの男女318名に座談会とアンケー ...

3

概要1 マットレスを選ぶ基準1.1 体圧分散できるマットレスとは1.1.1 柔らかすぎるマットレスの場合1.1.2 硬すぎるマットレスの場合2 マットレスのタイプと特徴で選ぶ2.1 スプリングタイプの ...

4

概要1 おすすめの折りたたみマットレス 人気ベスト32 折りたたみマットレスの使い方3 折りたたみマットレスの種類4 折りたたみマットレスの厚さ4.1 厚みが8cm以下の折りたたみマットレス4.1.1 ...

5

概要1 売れてるマットレスをプロの視点で比較2 売れてるマットレスとは2.1 知る人ぞ知るマットレス3 値段によるマットレス比較3.1 エアウィーヴは高い!3.2 ニトリは安い!4 買うなら高反発マッ ...

-マットレスおすすめ

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.