肩こり 腰痛

安くて人気のおすすめ枕【肩こり改善売れ筋ランキング】

更新日:

枕

枕選びのポイント

枕を選ぶ場合、まず必要なことは自分の体格を正確に計測することです。

そして、自分の好みの寝心地を探すことです。

本来、自分の体格を熟知した上で、自分なりの好みの体勢や睡眠時の姿勢のクセを考慮した上で、枕を選択するべきなのです。

そのためには、やはり枕に関して、きちんとした知識を持った専門家に問い合わせをしてみるべきでしょう。最近では寝具専門店や百貨店の寝具売り場に行くとオーダーメードの枕を作ることができます。

そして、そこにはアドバイザーが常駐していて、枕選びの相談に乗ってくれるところが増えてきています。

オーダーメイド枕の問題点

しかし、専門の寝具店でオーダーメードの枕を作ったとしても、思ったより自分に合わなかったという不満を訴える人が少なくないのです。

それがなぜでしょうか。

その理由のひとつとして「計測方法の間違え」が考えられます。

そして「体型ばかりにとらわれてしまって、自分の寝方を考慮してない」ということも懸念されます。

さらに言えば「アドバイザーが顧客の好みを聞きすぎてしまっている」という点もあるかもしれません。

計測方法の誤りとは端的に言えば、どういう体位でどこを図るかということがそもそも間違えているということです。具体的に言うと、枕は横たわった姿勢で使うものでもあるにもかかわらず、なぜか立ったまま、あるいは椅子に座った状態で計測してしまっていることがあるのです。

立った状態と横になった状態では背骨の傾きも背骨を支える筋肉の緊張度合いも違います。そのような当たり前のことが何故か実施されていなくて、あたかも本来の計測を無視するような状態でオーダーメイドの枕を作ってしまっているのです。

そして、さらに重要なことは、首のS字カーブを測るための専用スケールを正しく使えていないという点も指摘しておかなければいけないでしょう。

人間の首がカーブを描くようになっているのは立ち姿勢を支えるためです。筋力が働いて体を支えるための現象といってもいいでしょう。

つまり、睡眠時の姿勢とは決定的に違っているということなのです。

枕が頭を支えてマットレスが体全体の重量を受け止めているので、重力に打ち勝ってまで、頭を支える筋肉を使う必要がありません。首の筋肉も力を抜いた状態にあり、そもそも無理矢理にS字を維持する必要もないのです。

にもかかわらずS字カーブにばかりとらわれてしまうのは、せっかく力を抜こうとしている頸椎に無駄な圧力をかけることになり、無意味に睡眠時緊張を強いることになるのです。これはかなり危険なことだと思われます。

慢性的な肩こりの人やむち打ち性の後遺症を持つ人の場合、起立時でも首のS字カーブがなくなり真っ直ぐに緊張した一直線の状態になっていることが多くあります。この状態で計測をし、その数値に合った枕を選んでしまったとすれば、肩こりを悪化させてしまうことになるのです。

このようなことにならないようにオーダーメイド枕を作る場合には、正しい計測を心がけるようにしてください。

おすすめの枕の条件

どんな素材の枕を選ぶにしても、やはり大前提となるのは、枕に頭を預けた時、首や腰や背骨全体が正しい睡眠時の姿勢になることです。

枕の高さと形状は、それほど身体に与える影響が大きいと言うことです。

最近では、副交感神経を刺激する枕やアロマセラピー枕、カラーセラピー枕などリラクゼーション効果をうたった新製品が次々と登場しています。

もちろん睡眠中にリラックスできるのはとてもいいことですし、抗菌力や免疫力がアップするなら、渡りに船と言えるでしょう。

女性にとっては髪に優しいという枕も魅力的ですし、夏の暑い時期に熱を冷ませてくれる枕などもあればとてもニーズがあるかもしれません。

しかし、このような補助的な価値は、あくまで枕本来の機能ではありません。正しい枕に+αされれば良い機能にすぎないのです。

このような機能に目を奪われることなく、枕本来の機能を重視した上で、自分に合った枕を選ぶようにしてほしいと思います。

体格にジャストフィットする高さ

まずはマットレスの上に静かに横たわって首の角度が最良になる高さを決定しましょう。

もちろんこの場合、仰向けだけでなく、寝返りを打ったような状態で枕の高さを試す必要があります。

多くの人は、仰向けで使う場合と横向きで使う場合の枕の高さが違うべきだと考えているかもしれません。

しかし、これは決定的に誤りです。

本来、自分に合った枕とは仰向けで使っても横向きで使ってもフィットする高さでなければいけません。これを実現するためには、仰向けで出た時の首の角度と横向きで出た時の首の角度を測り、それぞれの許容する高さを包含するサイズを選べばいいのです。

本来仰向けの場合、理想的な首の角度は、マットレスに対しておよそ10度と言われています。この角度を保てる枕の高さと位置は、その人の肩の厚みや首の長さなどによって違ってきますので、必ず実際に使うマットレスに横たわった上で、その寝姿勢を確認してもらったほうがいいでしょう。

その時、低い枕を使ってタオルケットなどを重ねていき少しずつ理想の角度を作り出していくことをおすすめしたいと思います。

5ミリの違い

自分に合った正しい枕を使うには正しい計測が必要になりますが、本当に正確な数値が図れるのだろうかと心配する方がいるかもしれません。

しかし、心配はいりません。1ミリや2ミリの違いを正確に判断しようというわけではないのです。

おおよそ5ミリ程度を目安に比較的アバウトに計測していけばいいのです。

不思議に思うかもしれませんが、人間の感覚は5ミリの違いを敏感に判断します。

この5ミリの違いによって得られる感覚と効果が全く違って来るということを理解していただきたいと思うのです。

枕の最適な高さとは?

「枕難民」という言葉をご存じでしょうか?あるいは「枕ジプシー」と表現されることもあります。

これは、自分の趣味嗜好のために、次つぎと枕を替えてみる人を指しているわけではありません。いろいろな枕を試しても、思うようにならず、よく眠れなかったり、ひどい場合には、肩こりが治らなかったりする悩みを抱えている人を指しています。

枕によって安眠を目指すどころか、それ以前に「寝られない」「首が痛くなる」「肩が凝る」という根源的な悩みを抱えている人が意外にも多いのです。

また、旅行などで自宅以外で寝ることがあります。その際、「枕が変わると眠れない」という人がかなりいます。実際、環境が変わると寝つきが悪いのは、誰でも経験があるはずです。

このように、枕は非常にデリケートなものなのです。

慣れたものでなければ寝られなくなるし、自分に合ったものを見つけるのも大変なのです。

しかし、不眠の元凶を「枕」だけに押し付ける傾向があることも否めません。

「寝られない=枕が原因」という図式には、やや疑問を感じます。

このような場合、まず取りざたされるのが、枕の高さの問題です。

理想の枕の高さは体格によって大きく異なる

枕の適切な高さは体格によって変わってきます。一般的には体の大きい人、つまり頭の大きい人と言い換えていいかもしれませんが、それに比例して枕の高さも高くなる傾向にあります。

おおよそ、体格に応じて、適切な高さには、5〜9cmくらいの違いがあると言われています。

これには理由があります。

枕が高すぎるケースで、脊椎の上端の頸椎に大きな負担がかかります。これでは快眠は望めません。

一方、低すぎる場合は、頸椎が伸びてしまって不自然な状態になります。これでも熟睡はできないでしょう。

しかし、適正な高さのときは、頸椎が立っているときと同じ自然な力ーブを描きますので、体にとってはベストな状態がキープできるのです。

これは、横向きに寝る場合も同じです。

枕が高すぎるケースでは、頸椎が山なりとなって負担がかかります。逆に枕が低すぎる場合は、頸椎が下向きに曲がる状態となって、負担の原因を招くことになりますが、適正な高さの場合は、横から見た頸椎は水平になります。

よく高い枕の方が寝やすいと言いますが、このように、「高枕がよい」という通説が必ずしも正解というわけでなく、枕には適正な高さが求められることになるのです。

快眠に直結するデリケートなものだけに、自分に合った高さを知ることは、なにより重要なのです。

枕の「柔らかさ」と「通気性」を追求する

安眠のために枕に求められる条件として、サイズと硬さ、通気性があります。

枕のサィズについては、同じ大きさでも、その柔軟性や通気性、また保温性といった観点からの分析が必要となります。

例えば、通気性の向上により、頭が冷やされることで睡眠効果を高めると考えられています。特に夏場の熱帯夜には通気性が重要になります。

これらの要素の基礎となる主要な材料について、天然材料と人工材料とに大別し、それぞれの性能を知っておく必要があるでしょう。

天然、人工の素材ともに共通して通気性が良いものは、素材同士に空間が確保されやすいという性質があります。

逆に、密着度の強い素材は通気性が悪く、熱がこもりやすくなります。しかし、それが理由で、反発力や弾力性に関しては、よりやわらかで心地よく感じるものもあります。

通気性の面でいえば、日本で古来より使われていたそばがらは、通気性のよい枕の素材としては広く利用されてきたものです。そばの実の殻を乾燥させたものであり、通気性や吸湿性に優れています。触ってみると重量感があり、硬めのところが人気の秘密かも知れません。

また、籐を編み込んだ「籐のまくら」も古くから使われています。素材はメッシュ状であり、通気性がよく清潔で手入れが簡単です。しかし、太い籐の場合は弾力性がなく、初めての使用では硬く感じる場合があり、睡眠を阻害するケースもあります。通気性だけでいえば、中空状になっている籐の枕が良いともいえますが、硬さが気になるところです。

天然素材の「パンヤの木の種子」から作った枕は、吸湿性が高く、頭になじむ独特な柔らかさが特徴です。

しかし、使い続けるとへたるため、頻繁に干す必要があります。

少し変わった天然素材では、ラクダの毛を使った「キャメル」があります。吸湿性、放湿性ともに優れ、復元力が高い反面、砂漠地帯の寒暖の差に適応できるような毛質のために熱がこもりやすいと考えられます。

人工素材では「ビーズ」でできた極小のビーズで粒の素材の枕があります。独特の触り心地でクッションなどにも使用されますが、こちらも熱がこもりやすい性質があります。

枕の反発力も柔らかさを変える要素となります。やはり天然素材の羽毛がトップクラスでしょうか。

「通気性抜群」を謳う枕の多くは、内部の素材どうしの空間があるものが多いといえます。

枕の硬さ

枕肩こり

枕にとってとても重要なのは硬さです。柔らかすぎる枕では頭が簡単に沈み込んでしまうため、肩こりの原因となってしまうことがあります。

最初はふわっと沈む感触が気持ち良く思えるかもしれません。しかし、それは寝るまでのほんの数分間だけの感覚です。

睡眠中ずっと理想的な頭の高さを維持することはできませんし、柔らかすぎる枕だと形が変形してしまい寝返りが打ちにくくなってしまうこともあるのです。

枕が変形してしまっては正しい睡眠時の姿勢を維持することができなくなってしまいます。そうならないためにも、一定の硬さが必要になってくるのです。

しかし、硬さを数値で表現することはとても難しいのです。トゥルースリーパーの枕のように完全に頭が沈み込んでしまう枕が柔らかすぎるといえますが、木でできた枕はさすがに硬すぎます。

では、どの程度の硬さが良いのでしょうか。

具体的には「頭が沈み込まない硬さ」が1つの基準になるでしょう。もう少し具体的に言うと、頭の重さを心地よく受け止めてくれる程度の柔軟性といってもいいでしょう。

朝目覚めた時に自分が使ってた枕を観察してください。頭の持っていた部分が大きくくぼんでいないでしょうか。

または、詰め物のそばからやプラスティックチップが端に寄っていていびつな形に変形していないでしょうか。

もし、このような状態になっているとすれば、これは枕が柔らかすぎる証拠となります。適度な硬さと弾力性を持っている枕であれば、頭の形がくっきりと残るということは無いのです。

ドーナツ型枕

また最近はドーナツ型の枕を使っている方がいます。これは正直言って論外かもしれません。
もともと変形している枕を使っているようなものなので、長時間使っていると首周りの筋肉を痛めてしまうことになるでしょう。

枕に適した素材

十分な硬さを確保するためには、何より枕の素材選びが重要となってきます。羽毛や羊毛など柔らかい素材のものよりは、そばからやプラスティックチップなどのための素材を選ぶ方が健康には最適でしょう。

やはり枕を変形させないという視点で素材を選ぶべきなのです。

しかし、そばからやプラスティックチップの枕であれば詰め物が袋の中で移動してしまい不必要に凹凸を作ってしまいます。この点は十分に注意してください。

トゥルースリーパーなどの低反発ウレタンフォームは、長時間使っているとヘタってきてしまいます。定期的にチェックするとともに、必要に応じて買い換えることが大切です。

自分にとって居心地の良さを維持するとともに、頭の位置が動かないような適度な硬さを持った枕を選ぶにしても、もうひとつ必要になるのはやはり寝返りの打ちやすさです。適度な硬さを持った枕を使っていても、寝返りを打つために少し違和感を感じて目が覚めてしまうということであれば、それは快適な睡眠を約束してくれる枕ではありません。

自然の寝返りとは、不必要に筋肉を使わずにあくまで自然な形で寝返りをうてる状態のことをいいます。もし寝返りを打つたびに目が覚めてしまうようであれば、その枕は自分に合っていないと判断するべきでしょう。適度な硬さを維持しながらも寝返りが打ちやすく朝までゆっくり寝られる最適な枕を選ぶようにしてください。

 材料からみた枕の多様性

素材別の枕の特徴を一覧表にしました。

それぞれに一長一短がありますので、用途に合わせ、自分に合った枕を選択するようにしてください。

材料 特徴
天然 そばがら 通気性や吸湿性に優れ、余分な熱は外に逃がす
羽毛・フェザ一 水鳥の羽根から採取しているので、洗通気性が良く、吸湿、保温、発散性に優れるが、天然素材なので高価
ヒノキ 天然ひのき素材であり、独特の匂いが癒し効果となり眠気を誘う
エステル(綿) エステル繊維の中に空洞が空けられた素材で、繊維が絡みづらく、綿ほこりも出づらい
ウール 羊の毛として知られ、一般的に、球状に加工され復元力が高いが熱が籠もりやすい
ラテックス 天然ゴムで、一般的に高反発枕に使われる。柔らかさと高い反発力、通気性が良い
シルク 蚕の繭(まゆ)をわた状にして作られる。吸湿性が良く繊維が長いがへたりやすい
人工 バイブ、ス卜ロー 通気性と酎久性が良く素材の寿命も長いが半面、人工材料のためゴツゴツ感がある
ポリエステル わた状の人工链維で、使用しているうちに弾力性が失われる
低反発ウレタン 低反発で力が分散される。寒いと硬くなり、熱いと熱がこもりやすく蒸れる
空気枕 ビニール素材の中に空気を入れ膨らませる。携帯性に優れるが、ビニールが湿気を通さないため蒸れる

人気の枕

売れている枕の素材を調査したところ、最も支持されていたのが「低反発ウレタンフォーム」でした。

そしてその次は「プラスティックチップ」です。

そして「羽毛」という結果になっています。

それ以外では、そばがらやもみがらなどもありました。

ウレタンフォームの枕はおすすめしません!

特に注目するのは、低反発ウレタンフォームです。

これは枕素材としてはとても新しく、トゥルースリーパーなどが売り出している海外生産の枕であることが多いのです。

低反発ウレタンフォームはあたかも体にいいような広告宣伝をしているので、その結果が反映されているのかもしれませんが、個人的には低反発ウレタンフォームの枕があまりおすすめめしたくないと考えています。

これは、ポリウレタンを発泡させた新素材で、しっかりと思いスポンジの様な感覚といえばおわかりいただけるでしょうか。

枕に使う素材としては柔らかい方ですが、弾力性が高いため、普通のスポンジに比べるとゆっくり沈み込みながら、ゆっくりと下の形状に戻っていくという特徴があります。

また、通気性が良くないため、夏場は蒸れやすく湿ったような感じになることがあるので、寝心地だけではなく、衛生面でもやや問題があるように感じています。

これはマットレスにも言えることですが、睡眠時の姿勢は直立している姿勢と似通っていることが良いとされています。

そのため低反発ウレタンフォームでは必要以上に頭が沈み込んでしまうために、首や肩に負担がかかってしまうことが考えられます。つまり、低反発ウレタンフォームは枕の素材としてはあまり適していないのではないかと考えるのです。

プラスティックチップの枕

プラスティックチップは、合成樹脂をビーズやカットパイプ、または球状などにしたものです。

チップの一つ一つが硬いため、全体としてはざらざらとした感覚ですが、使用する素材によっては柔らかく感じられるものもあります。

最大の特徴は通気性が良く、ダニの発生などを心配する必要がなくとても清潔であると言うことです。正しい吸湿性がないので汗をかいても枕が吸ってくれることはありません。

羽毛の枕

羽毛は全世界でお馴染みの素材といってもいいでしょう。

豪華なダブルベッドにふんわりした羽毛の枕を2つも3つも重ねて寝ている姿に憧れている人もいるのではないでしょうか。防寒着とも出してもお馴染みの羽毛なので、保温性が高く冬場が暖かく感じることができます。

さらに圧力をかければいくらでも小さくなる代わりに、復元力が高いためにすぐに元の大きさに戻ってくれるのです。

しかし、枕として使う場合にはやはり沈みやすいという点が問題になりますし、鳥の羽であるために使っているうちにどうしても劣化してきてしまうのです。

吸湿性や放湿性ともに天然素材としては非常に優れていますが、湿度の高い日本の気候では湿気を含みやすくなるので頻繁に陰干しをする必要が出てきます。

また、天然素材であるために人によっては、アレルギー反応を示すことがあるので、注意が必要になります。

肩こりと枕の関係

肩こり

肩こりの改善とマットレスには深い関係があります。

マットレスにより、首や肩の負担が減り、肩こりが改善したという事例は枚挙に暇がありません。そのくらい、全身を支えるマットレスの存在は大きいのです。

しかし、肩こりにおいては「枕の関係」も決して無視できないのです。

マットレス同様、数多くの種類がある枕は、最近では専門店も続々オープンし、自分の体に合わせて計測してつくってくれるオーダーメイドタイプの枕などもよく見かけるようになりました。

枕はマットレスだけではサポートできない、頭と頚椎を支えてくれ、そして、寝姿勢をより理想的にするためにとても重要な役割を果たしてくれます。

つまり、マットレスだけではダメ。もちろん、枕だけでもダメ。

要は、マットレスと枕の相乗効果であり、マットレスと枕の相性がなにより重要になるのです。

たとえ同じマットレスであっても、体型や体重によってマットレスの沈み込み具合は異なってきます。男性と女性、20代と70代では、マットレスにかかる重圧が違ってくるのは当然です。

そうなれば相性のいい枕も必然的に変わってきます。そのため、マットレスとの相性は非常に大切で、肩こりは、マットレスと枕の相乗効果によって、改善していくべきではないかと思うくらい、枕の存在が大きいと思います。

しかし、前述の通り、枕だけを変えれば、肩こりが改善するわけではありません。あくまで、マットレスと枕の相性が合うことが大前提です。

自分に合ったマットレスを選んだ上で、さらに自分に合う枕を選んでみてください。ベストな寝心地を手に入れるために、枕はマットレスと一緒に選ぶことがなにより大切になるのです。

おすすめの枕 人気ランキング

売上ランキング

 

エアウィーヴ ピロー S-LINE

airweave


仰向けでも横向き寝でも、理想的な頭の高さをキープするため、ピローの両サイドを中央に比べて硬く調整しました。枕の表面に凸凹をつけるのではなく、硬さ・柔らかさをエアファイバーの中で連続的に変化させているので、なめらかに寝返りが打てます。エアウィーヴピローS-LINEシリーズは綿密なリサーチに基づき、新たな設計思想から開発しています。エアウィーヴを構成するエアファイバー(極細繊維状樹脂素材)の強度を部分的に高め、密度を変えることで、眠る人の動きに合わせてスムーズに頭を支えます。硬さと柔らかさを同時に表現している点がS-LINEの特徴です。また、従来のエアウィーヴピローより大きめに作られているので、枕から頭がずれにくく、朝までゆったり眠れます。自分に合った高さに調整可能なので、肩こりの改善には最も適していると思います。



スリーパードクターズピロー




こだわりにこだわりぬいた精密な商品設計で、凹凸加工を施したウレタンは肩まで優しく支え、頭の部分の素材は特殊3Dカット構造でなめらかな寝返りを実現できます。

【スリーパードクターズピローの特徴】
■特殊3Dカット加工により睡眠時の呼吸をサポート
■肩・背中までカバーする凹凸体圧分散加工
■頭部・背中の2パーツに分かれた2レイヤーフィット構造を採用
■生地も消臭・抗菌・速乾のハイテク素材を使用しています。
■安心の日本製
■これで肩こりが解消されます



 

めりーさんの高反発枕







日本人の体型に合わせて設計された高反発枕です。自然な寝返りなサポートをする反発力と体圧分散に優れ、日本人の頸椎の高さに合った日本人のための枕です。肩こりの改善には最高の枕です。

【めりーさんの高反発枕の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力
■頸椎(首の骨)を支え、正しい寝姿勢を実現
■体圧分散に優れ、首への負担を最大限に軽減
■8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
■通気性が良く、蒸れにくい
■ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地


おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-, 肩こり, 腰痛

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.