腰痛対策マットレス

女性や高齢者におすすめなマットレスはこの条件【眠りが浅い場合】

更新日:

女性のマットレスの選び方

マットレスを選ぶ基準

マットレスを選ぶポイント

寝返りのしやすさ

体圧分散

柔らかすぎず硬すぎない

マットレスの大切な役割のひとつは「寝返りのしやすさ」です。

専門的には、これを「体圧分散」と言います。

体圧分散とは、文字通り「体の圧力を分散させ、特定部位への負担を軽くすること」です。

直立している人間の体重は足の裏だけにかかりますが、仰向けで寝ている状態では主に頭、背中、腰、足で体重を受けとめることになります。

中でも最も重さがかかるのが「腰」です。

腰には体重の約半分もの重さがのしかかるので、長時間寝ていると、この負荷が原因で腰痛になってしまうことがあるのです。

特に筋肉量が少ない女性や高齢者は、自力で姿勢を維持しづらいため、睡眠中の腰への負担が増える傾向にあります。

そうなると、寝返りが打てなくなり、血流が滞り、疲労が蓄積し、腰痛になるのです。

そこで必要とされるのが、体全体に負荷を分散させる機能で、これこそがまさに「体圧分散」で、これが寝返りのしやすさに直結するのです。

つまり、体の重さをできるだけ均等に分散し、特定部位だけに負荷がかからないマットレスを選ぶことが必須になるのです。

 

体圧分散できるマットレスとは

正しい寝姿勢を比較で解説

体圧分散に優れているマットレスの特徴は「仰向けに寝たときも、直立時と同じ背骨のS字姿勢が保てること」とされています。

具体的に言えば、背中からお尻の一番高い位置を線で結んだ際、腰部分が凹んだ状態になり、横から見た寝姿がきれいなS字になっているような体勢になれるマットレスであることが求められます。

睡眠姿勢でS字が保たれているかを判断するには、仰向けになった際、マットレスと腰の凹みの間に手のひらが1つ程度の空間ができるかどうかで判断してください。

 

柔らかすぎるマットレスの場合

体重を支えることができない柔らかいマットレスの場合、寝姿を横から見ると重い腰部分が沈んでしまうので、体が「く」の字になり、必要以上に腰に負担がかかってしまいます。

イメージは、ハンモックで寝ているような状態です。

毎日、この姿勢で寝ていれば腰痛を発症することになるでしょう。

 

硬すぎるマットレスの場合

硬すぎるマットレスの場合も正しく体圧分散ができません。

背中とお尻のみがマットレス表面に接するような寝姿勢になり、それ以外の部位はマットレスに接していない状態になります。

これではリラックスできず、筋肉に余計な力が入ってしまうので、体を痛めてしまうことにもなりかねません。

また、ゴツゴツした感触で、寝心地が悪く感じます。

 

マットレスのタイプと特徴で選ぶ

マットレスのタイプ

内部にスプリングが入っったコイルマットレス

ウレタン素材のノンコイルマットレス

ウレタンマットレスには「高反発」と「低反発」がある

マットレスに必要な機能が「寝返りのしやすさ」であることは理解いただいたと思いますが、どのマットレスにもこの機能が備わっているのでしょうか。

マットレスと言っても、多くの形態や素材があります。

サイズや価格もピンキリで、本当に多種多様な商品が販売されています。

寝具売り場で見回した際、どれも同じように見え、それぞれに差がないように映るかもしれませんが、実は内部構造や寝心地が全然違うのです。

すべてのマットレスを解説することはできませんが、主だったマットレスの種類とその特徴は知っておいた方がいいと思いますので、以下にポイントを解説していきます。

 

スプリングタイプのマットレス

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスの構造

ボンネルコイルマットレスは、らせん状に巻いたコイルスプリングを連結させたマットレスです。

寝心地はやや硬めで、弾力は強めなので、やわらかめのマットレスが苦手な方には最適かもしれません。

マットレス内部では、コイルがむき出しになっており、マットレスの中に空間があるため、通気性がよく、湿気がこもりにくい特徴があります。

ただ、コイル同士が連結しているので、少しの動きが他のコイルに伝わってしまい、揺れが気になることがあります。

2人で寝る場合などは、横の人の寝返りなどが振動として伝わってしまうことがあるので、あまり推薦はできません。

弾力 硬め
通気性 よい
メリット 作りがシンプルなので価格が手頃で、安定感がある
デメリット コイルが干渉し合うので、揺れが気になる
価格 比較的安い
おすすめしたい方 ・価格を優先したい
・硬めの寝心地が好き
・比較的短期で買い換えようと思っている

 

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスの構造

マットレス内部のコイルが、それぞれに独立して入っている形態のマットレスです。

柔らかめの寝心地で、高級マットレスのジャンルでは最も売れている商品のひとつです。

ポケットコイルマットレスは1つ1つのコイルが不織布でラッピングされ、独立しているのが特徴で、点で体を支える構造になっています。

弾力 普通
通気性 普通
メリット コイルが独立しているため、揺れが少なく、寝心地がよい
デメリット 身体が沈みやすい
価格 平均的~比較的高い
おすすめしたい方 ・腰痛がある
・柔らかい寝心地が好き
・2人で使用したい

 

ウレタンフォームマットレス

近年、人気があり、最も売れ筋の「高反発マットレス」などはウレタンフォームマットレスに該当します。

コイルがないので「ノンコイルマットレス」とも呼ばれます。

具体的な商品名では「モットン」「マニフレックス」「エムリリー」「オクタスプリング」「雲のやすらぎ」「エアウィーヴ」「トゥルースリーパー」「テンピュール」などが有名です。

衝撃を分散させる素材で作られており、主に「高反発」と「低反発」の2種類がありますが、低反発は腰痛が悪化すると言われており、最近はあまり支持されていません。

低反発マットレスの代表格である「トゥルースリーパー」や「テンピュール」を購入しようとしている場合は、再考が必要かもしれません。

 

高反発マットレス

高反発マットレスの機能

最近、最も支持されている高反発マットレスは、適度な硬さにより、理想的な寝姿勢が維持できる上に寝返りを補助する効果があります。

適度で自然な寝返りにより、血流が促進され、筋肉やじん帯の老廃物が浄化されるので、疲労が蓄積しにくいと言われています。

腰痛や肩こりで悩んでいる方には最適なマットレスと言えるでしょう。

耐久性に優れ、その上比較的寿命も長いので、メンテナンスを怠らなければ10年以上は使えるはずです。

軽量で持ち運びが容易なので、簡単に陰干しができ、衛生的でもあります。

中には丸洗いができるマットレスもあるので、カビやダニの心配もありません。

「モットン」「マニフレックス」をはじめ、多くの種類が発売されています。選択肢が豊富なのも利点と言えそうです。

弾力 最適
通気性 よい
メリット ・理想的な体圧分散で自然な寝姿勢が保てる
・衛生的
デメリット 特になし
価格 平均的~比較的高い
おすすめしたい方 ・硬めの寝心地が好き
・腰痛がある
・寝起きが悪い
・体が大きく体重が重め

 

低反発マットレス

低反発マットレスの機能

低反発マットレスは、NASAで考案されたスポンジのような衝撃吸収素材を使ったマットレスの総称です。

重みに反応してゆっくりと体が沈むため、包み込まれるような寝心地を味わえます。

しかし、マットレスと身体が密着しすぎるため、寝返りの回数が減り、睡眠の質が安定しなくなります。

寝返りが減ることにより、血流が滞り、筋肉やじん帯の疲労が回復されないため、腰痛が悪化するという意見が多いようです。

近年では「低反発マットレスは腰痛によくない」というのが一般的な考え方であるため、あまり推薦できないというのが本音です。

また、ウレタン素材なので通気性はよくありません。

特に夏は体温の逃げ場がなく、異常に熱が籠もるので、大量の汗をかくことになりますが、それをスポンジ素材が吸い込んでしまうため、臭いが気になることがあります。

それが原因でカビが発生し、すぐに廃棄することになった事例も多いようです。

衛生的にもよくないので、できれば買わない方がいいマットレスだと言えるでしょう。

弾力 柔らかすぎる
通気性 最悪
メリット 柔らかい寝心地
デメリット ・通気性がよくない
・夏は暑く寝苦しい
・洗うことができないので不衛生
・体が沈んで腰に負担がかかる
価格 平均的
おすすめしたい方 基本的には推薦できない

 

マットレスを選ぶ際のチェックポイント

マットレスを選ぶポイント

低反発マットレスはNG

寝返りのしやすさ(体圧分散機能)を確認する

通気性も重要

このように、マットレスには多くの種類がありますが、ひとまず「低反発マットレスは絶対にNG」だと断言してもいいでしょう。

特に女性や高齢者の方は、低反発マットレスを選択肢から消してください。

さらに、腰痛持ちの方は絶対に低反発マットレスを買わないでください。

ということで、低反発マットレス以外のマットレスを選ぶことになりますが、どんな点をチェックすればよいのでしょうか。

誰でもできる簡単な見分け方をご紹介しておきます。

 

寝姿勢の違和感をチェック

仰向けの寝姿勢が心地よいと感じるマットレスはあなたに合っているはずです。

この際、腰とマットレスの間に空間が2〜3cm程度とでき、背骨のS字状態を維持できることが理想です。

背中や腰が必要以上に沈み込みすぎないか、マットレスが体に密着しすぎないか、自然に寝ている状態で余計な力が入っていないか、適度は反発力があるかなどをチェックしてみてください。

 

寝返りのしやすさをチェック

意外に忘れられがちなのが「寝返り」ですが、睡眠の質は寝返りで決まると言っても間違いではないくらい寝返りは重要なので、まずは寝返りの打ちやすさを確認してみてください。

寝返り回数の減少は、血流の悪化を招きますので、寝返りのしやすいマットレスを選ぶことはなにより重要だと考えてください。

適度な反発力があり、それがスムーズな寝返りをサポートしてくれるような機能があるマットレスが理想です。

 

不快な揺れをチェック

コイルマットレスの場合は、不快な揺れの有無を忘れずにチェックしてください。

特に2人で同じベッドを使うのであれば、横揺れがあると睡眠が妨げられてしまうかもしれません。

とりわけボンネルコイルマットレスの場合は、揺れが伝わる構造なので、慎重に確認してみてください。

 

軋み音の有無をチェック

コイルマットレスの場合、コイルから音が出ることがあります。

ミシミシするような音が発生し、それが気になってしまうようなら、寝ながらストレスを感じてしまうことになるでしょう。

睡眠はストレス解消の意味もあるので、それでは本末転倒です。

朝まで快眠できる環境がつくれるかの観点でマットレスをチェックする必要があります。

 

通気性をチェック

日本の夏は高温多湿なので、マットレスの通気性は重視すべきでしょう。

低反発マットレスに代表される通気性のよくない素材は、湿気がこもり、カビやダニが発生することもあります。

これはアレルギーの原因になるので、アレルギー体質の方は特に注意が必要です。

また、赤ちゃんや小さなお子様のいる家庭であれば、マットレスの衛生面は絶対に重視しなければいけないポイントになるので、絶対に通気性のよいマットレスを選んでください。

 

実際にマットレスに触れて選ぶ

実際お店でマットレスに寝てみる

マットレス売り場でやること

高反発マットレスを中心に選ぶ

寝返りを打ってみる

口コミを参考にネット通販で買ってもOK

このような条件を考慮すれば、やはり一押しのマットレスは「高反発マットレス」になるでしょう。

寝心地や寝返りサポートなどの機能面、通気性やメンテナンスのしやすさなどの衛生面、ストレス面、価格面(コスパ)、重量などがその理由です。

もちろん、コイルマットレスも悪くはないのですが、重いのが最大のネックになると思われます。

女性や高齢者の場合、重量のあるコイルマットレスは移動させられないので、結果的に万年床になってしまい、マットレスにカビが生え、長く使えないというパターンになりやすいのです。

その点、高反発マットレスは有利です。

女性でも高齢者でも片手で持ち上げられる重さの高反発マットレスは沢山ありますし、三つ折りのマットレスであれば、屏風のようにしてフローリングの上で陰干しができるのです。

これなら衛生的な環境を維持できるので、マットレスの寿命の長くなるのです。

「重さ=移動のしやすさ」という点だけでも、高反発マットレスの方に分がありますし、その他を含めた総合力においても高反発マットレスの方が上回っていると思います。

では、どんな高反発マットレスを選ぶべきなのでしょうか。

そのチェック手順を解説していきます。

 

手で押さえてみる

両手でマットレスを押さえてみてください。

理想的なものは、手で押さえたときに深く沈み込むものの、適度な反発力があるマットレスです。

柔らかさと硬さ(反発力)のバランスが取れているかを押す力で判断してみてください。

 

座ってみる

少し勢いをつけて座ってみると、マットレスの真の機能が把握できます。

すぐに衝撃や振動を吸収してくれれば、そのマットレスの機能は本物です。

座ったときに「柔らかい」と感じるようであれば、実際の寝心地に影響するかもしれません。

 

仰向けに寝てみる

次に仰向けに寝転がってみてください。特に意識することなく、自然体で寝ることがポイントです。

その際、腰やお尻といった、体重がかかりやすい部位に負荷がかかっていると感じるなら、そのマットレスはNGです。

体圧分散ができていないようであれば、寝返りが打ちにくいはずなので、腰を痛めやすくなる可能性が大です。

 

横向きに寝てみる

実際の睡眠は仰向けばかりではありませんので、横向きに寝てみることも大切です。

左右両方の横向きで寝てみて、圧迫感がある部位はないかを確かめてみましょう。

特に首や肩付近の違和感をチェックしてみてください。

 

寝返りを打ってみる

寝返りを打ってみることで、マットレス自体のサポート力(反発力)を確認してください。

力を入れることなく、スムーズに寝返りが打てれば、寝返りの度に目を覚ますことはなくなるので、朝まで快眠できるようになります。

 

実際の確認が必須ではない

とはいえ、実際に店舗に行き、現物を確認しなければいけないわけではありません。

今はインターネット内に多くの口コミがありますので、それを参考にすれば、おおよその評価を知ることができます。

また、高反発マットレスは真空パックで送られてくるため、思っている以上に通販で買いやすくなっています。

店舗に行って、あれこれ迷うよりは、ネットで口コミや評判をチェックし、そのままネットで購入する方が手間はいりません。

さらに、最近は「返品保証」のついている高反発マットレスも多く売られています。

購入後90日~100日であれば、どれだけ使っても無料で返品することができるのです。

返金保証があればノーリスクと同じ。

合わなければ返せばいいだけ。

この返品保証制度により、まずは試しに買ってみても大丈夫なようになっているのです。

100日間返品保証【雲のやすらぎ】

90日間返品保証【モットン】

 

マットレスのサイズの選び方

マットレスのサイズ

マットレスサイズの選び方

使用シーンをイメージする

部屋の広さに合わせる

本当にリラックスして快眠するために必要なマットレスの幅は「体の幅にプラスして、左右15cmずつ余裕があること」と言われています。

女性や高齢者の方で「独身だから」「一人で寝てるから」と無条件でシングルサイズを選択してしまう場合がありますが、再考してみてください。

真の快眠が得たいのであれば、少し余裕のあるサイズのものを選ぶことも排除しない方がいいでしょう。

シングルサイズは横幅が約100cmほどが一般的なので、1サイズ大きめのセミダブル(横幅120cm)を選べば、これまで以上の開放感を得ながら、リラックスした睡眠を取ることができるでしょう。

 

マットレスの長さを選ぶ基準

大切なのは幅だけではありません。長さも重要な判断材料のひとつです。

一般的なベッドの長さは、195cm前後で統一されていますが、最近では住宅事情なども考慮して、190cm以下のショートサイズも用意されていることがあります。

女性や高齢者の一人暮らしの場合は、ショートサイズで十分かもしれません。

逆に高身長の方のために、200cm超えのロングサイズも売られていますので、無理に小さなマットレスに寝るのではなく、伸び伸びと寝られるように大きめのサイズを選ぶという手もあります。

 

2名で使用する場合

「2人で使うから、ダブルベッド」というのも早計です。

2人の体型や睡眠スタイルによっては、ダブルベッドであっても窮屈に感じられることがあるかもしれません。

部屋の広さに制約がない方には、クイーンサイズやキングサイズという選択肢もありだと思います。

 

部屋の広さや使い勝手を考慮する

ベッドは思ったよりも場所を取るものです。

あまり大きい寝具を買ってしまったために、他の家具が置けなくなったり、部屋そのものの使い勝手が悪くなってしまうことがあります。

酷い場合には、チェストの引き出しが引けなくなったり、クローゼットが使えなくなるということもあるようです。

また、部屋の導線の確保も忘れないようにしましょう。

ドアからテーブルまでスムーズに移動できるか、また、無駄な動きがなく、ベランダまで行けるかなどは、日々の生活の中で欠かせない条件になってきます。

さらに、大型マットレスは、ドア以外からの搬入経路が必要になる場合があります。

マンションの場合は、エレベーターで運べるかを事前に確認しておく必要がありますし、一戸建ての場合は、窓からの搬入は可能かなど、搬入業者と打ち合わせておいた方がいいでしょう。

 

マットレスのメンテナンスのしやすさで選ぶ

マットレスのメンテナンス

重量が大きな要素のひとつ

マットレスを定期的に回転させる

マットレスは肌に密着する商品なので、衛生状態を維持するのが難しいという面があります。

また、洗えないマットレスもあるので、より工夫したメンテナンスをしなければいけない場合もあります。

そのために、まずすべきことは「陰干し」です。

風通しのよい場所にマットレスを移動させてみてください。干すことによって、マットレスに溜まった湿気やにおいも放出されます。

できれば2~3日に1度、どんなに忙しくても2ヶ月に1度を目安に陰干ししてみてください。

 

マットレスの重さがポイント

そのためには、マットレスの重量がポイントになります。

重いマットレスの場合、移動が困難になるので、結局、メンテナンスがおざなりになってしまいます。

購入の際は、メンテナンスのことを考慮し、マットレスの重量をチェックすることが必要になります。

比較的軽量な高反発マットレスであれば、女性や高齢者でも簡単に持ち上げられます。

見過ごされがちですが、「マットレスの重量」もチェックする必要があるのです。

 

マットレスを回転させる

マットレスを一定の面、一定の方向で使い続ける人がいますが、これはNG行為です。

同じ面、同じ方向で使っていると、お尻や腰部分など、重みがかかりやすい場所がヘタりやすくなり、マットレスの寿命を縮めることになります。

2~3ヶ月を目安に、頭と足の部分を回転させて使いましょう。これでマットレスの劣化に歯止めをかけることができます。

半年に1度くらいのサイクルで、マットレスの表と裏をひっくり返してみることも必要です。

電極を持つような医療マットレスを除いた殆どのマットレスは天地無用の作りなので、全ての面をローテーションしても問題ありません。

ローテーションは寝心地に影響しないので、ぜひ実践してみてください。

この際もマットレスの重量がポイントになります。

女性や高齢者の場合、なるべく軽いマットレスを選ぶことがポイントです。

ローテーションが容易な重さのマットレスなら、ストレスなく作業ができるはずです。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

雲のやすらぎ

【商品の特徴】 
■安心の日本製 
■大相撲千代丸関愛用
■業界最長クラスの100日間返品保証
■全国送料無料
■楽天売上トップクラス
■厚さはなんと17cmと極厚ふんわりの寝心地
■クロスクラウド式採用で体圧分散性は抜群 
■凹凸加工のアルファマット採用で腰痛や肩こりに効果が期待 
■最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬はあったかい 
■リバーシブルで春夏は通気性抜群 
■SEKマーク取得の防ダニ・抗菌、防臭効果で衛生的

モットン

【商品の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力 
■体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 
■8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 
■通気性が良く蒸れにくい 
■ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

人気記事

1

概要1 安くておすすめのコスパ最強マットレス1.1 アイリスオーヤマ マットレス シングル1.2 MyeFoam 新世代高反発マットレス1.3 IKSTAR 新世代健康高反発マットレス1.4 タンスの ...

2

概要1 雲のやすらぎプレミアムとは2 雲のやすらぎプレミアムを買ってみました2.1 雲のやすらぎプレミアムの外装2.2 雲のやすらぎプレミアムの内装2.3 雲のやすらぎプレミアムの三つ折り状態2.4 ...

3

20代~60代の腰痛・肩こり患者318名に聞いた「本当におすすめしたいマットレス」 マットレス人気ランキング   頑固な腰痛と肩こりに悩む20代から60代までの男女318名に座談会とアンケー ...

4

概要1 マットレスを選ぶ基準1.1 体圧分散できるマットレスとは1.1.1 柔らかすぎるマットレスの場合1.1.2 硬すぎるマットレスの場合2 マットレスのタイプと特徴で選ぶ2.1 スプリングタイプの ...

5

概要1 おすすめの三つ折りマットレス 人気ベスト32 三つ折りマットレスの使い方3 三つ折りマットレスの種類4 三つ折りマットレスの厚さ4.1 厚みが8cm以下の三つ折りマットレス4.1.1 メリット ...

6

概要1 マットレスの比較方法2 売れてるマットレス2.1 知名度の高いマットレスは売れている2.2 低知名度でも売れているマットレス3 マットレスの比較項目3.1 値段によるマットレス比較3.1.1 ...

-腰痛対策マットレス

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【令和元年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.