マットレスのおすすめメンテナンス

シーツや除湿シートの活用でマットレスの機能を引き出す【関連グッズ一覧】

投稿日:

マットレスはお手入れするもの

毎晩、寝ているマットレスですが、15年も使える人と数年で廃棄しなければならなくなってしまう人がいます。

これは「メンテナンス」の意識の違いによる結果と言えるでしょう。

マットレスをなるべく長持ちさせたいのであれば、定期的なメンテナンスを怠ってはいけません。

せっかく高いマットレスを買っても、すぐにダメにしてしまえば無駄な買い物になってしまいます。

そうならないためにも、適切なタイミングでのお手入れが必須。

その方法をお知らせします。

 

マットレスのメンテナンス方法

マットレスのメンテナンスには、簡単にできることから、多少の投資が必要なものまで、いくつかの方法があります。

主な効果的なメンテナンス方法は以下の通りです。

■起床後は掛け布団をめくっておく

■シーツ(敷きパッド)は最低でも週1回のサイクルで交換する

■シーツ交換の際、マットレスの掃除機がけをする

■マットレスパッドは2ヶ月に1回程度のサイクルで洗濯する

■除湿シートは2週間に1回程度のサイクルで乾かす

■マットレスを定期的に配置交換する

 

起床後は掛け布団をめくっておく

几帳面な人は、寝起きでベッドメイキングをしてしまいます。

掛け布団をきれいに元の位置に配置してしまうのです。

これでは掛け布団とマットレスの中に湿気が溜まってしまいます。

朝起きたてのマットレスは、睡眠中の汗(約コップ1杯)で湿った環境になっています。

その状態にも関わらず、マットレスを掛け布団で覆ってしまうと、湿気の逃げ場がなくなり、マットレスが乾きにくくなってしまいます。

また、湿気の多い環境では、雑菌などが繁殖しやすく、カビやダニの発生が懸念されます。

起床後は、掛け布団をめくっておいたり、足元にまとめておくようにしましょう。

これならコストはかからず、習慣付ければ苦もなくできること。

毎日の行動でマットレスの寿命を伸ばすことができるのです。

 

シーツは最低でも週1回のサイクルで交換

シーツ(敷きパッド:シーツの代用品で肌に直接触れるもの)は、週に1回のペースで洗濯しましょう。

その際はゆっくり丁寧に行ってください。

シーツ(敷きパッド)の上には皮膚やフケ、ホコリなどの目に見えない汚れが蓄積されています。

これらはダニの大好物なので、マットレスの上に落としてしまうと、マットレスの表面でダニが繁殖してしまう可能性が高くなるのです。

表面を内側に包み込むようにして、汚れを拡散させないように洗濯機まで持って行きましょう。

 

シーツ交換の際、マットレスの掃除機がけをする

シーツを交換する際、どうしてもマットレスの表面に小さなゴミが落ちてしまいます。

目に見えない程度の小さなホコリでも、ダニにとっては格好の食料になってしまうので、すぐに除去する必要があります。

布団クリーナー、またはハンディ掃除機で表面のゴミを吸い取るだけで、マットレスの衛生環境は驚くほど違ってくるのです。

 

マットレスパッドは2ヶ月に1回程度のサイクルで洗濯する

マットレスを汚さないために、シーツの下にもう1枚、マットレスパッドを敷くことがあると思いますが、これも2ヶ月に1回程度は洗濯するといいでしょう。

シーツは万能ではありません。

寝汗や皮脂汚れなどは、シーツを通り越してベッドパッドにも浸透し、汚れを付着させています。

油断せず、定期的なメンテナンスが必要です。

 

除湿シートは2週間に1回程度のサイクルで乾かす

三つ折りマットレスをフローリングに直接敷く場合などは、マットレスの下には除湿シートを敷くことをおすすめします。

フローリングとマットレスの間に溜まってしまう湿気を吸収してくれるので、マットレスを長持ちさせることができるのです。

但し、除湿シートもメンテナンスが必須です。

吸った湿気を吐き出させるため、2週間に1回程度は除湿シートを乾かしてください。

除湿シートを取り出して天日干しすれば、すぐに機能が回復します。

 

マットレスを定期的に配置交換する

マットレスは体の一番重たい部分である「腰付近」に最も荷重がかかります。

そのため、マットレスの真ん中付近(腰部分)がヘタりやすくなるので、定期的なローテーションをする必要があります。

上下の入れ替えだけではなく、裏表のローテーションも行ってください。

上下左右を入れ替えることにより、マットレスの劣化を遅らせることができるのです。

 

マットレスの天日干しは不要

今まで布団で寝ていた方は、マットレスも天日干ししようとしますが、その必要はありません。

むしろ、マットレスにおいて天日干しはデメリットの方が多いとお考えください。

日光により生地が傷んだり、熱によりウレタンが劣化しやすくなるばかりか、ファイバー素材のマットレスの場合、熱で溶けて変形してしまうリスクもあるのです。

マットレスにとって最適なメンテナンスは「陰干し」です。

室内の日陰になり、風通しのよい場所に立てかけておくだけで大丈夫。

直射日光を避け、湿気を飛ばすために風を当てる。

これがベストなメンテナンスなのです。

マットレスの寿命は何年?買い替え時期と長持ちさせる3つの方法

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

【商品の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力 
■体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 
■8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 
■通気性が良く蒸れにくい 
■ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

【商品の特徴】
■体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用 
■凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心 
■厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団  
■最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい 
■リバーシブルで春夏は通気性抜群 
■SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 
■安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

人気記事

1

概要1 安くておすすめのコスパ最強マットレス1.1 アイリスオーヤマ マットレス シングル1.2 MyeFoam 新世代高反発マットレス1.3 IKSTAR 新世代健康高反発マットレス1.4 タンスの ...

2

20代~60代の腰痛・肩こり患者318名に聞いた「本当におすすめしたいマットレス」 マットレス人気ランキング   頑固な腰痛と肩こりに悩む20代から60代までの男女318名に座談会とアンケー ...

3

概要1 マットレスを選ぶ基準1.1 体圧分散できるマットレスとは1.1.1 柔らかすぎるマットレスの場合1.1.2 硬すぎるマットレスの場合2 マットレスのタイプと特徴で選ぶ2.1 スプリングタイプの ...

4

概要1 おすすめの三つ折りマットレス 人気ベスト32 三つ折りマットレスの使い方3 三つ折りマットレスの種類4 三つ折りマットレスの厚さ4.1 厚みが8cm以下の三つ折りマットレス4.1.1 メリット ...

5

概要1 売れてるマットレスをプロの視点で比較2 売れてるマットレスとは2.1 知る人ぞ知るマットレス3 値段によるマットレス比較3.1 エアウィーヴは高い!3.2 ニトリは安い!4 買うなら高反発マッ ...

-マットレスのおすすめメンテナンス

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【令和元年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.