マットレスのメンテナンス

マットレスの干し方|陰干しに最適な頻度や時間【折りたたみがおすすめ】

投稿日:

マットレスの干し方

マットレスを長く使うためには、定期的なメンテンスが欠かせませんが、最も簡単にでき、効果があるメンテンスが「陰干し」です。

マットレスの陰干しで経年劣化を抑えられる上に、ダニやカビの対策にもなります。

しかし、マットレスをお手入れを怠っている人が殆どで、そのためにマットレスの寿命を縮めています。

マットレス陰干しのポイントを再確認してみましょう。

 

マットレスの干し方

マットレス干す

マットレスを干す頻度・サイクル

マットレスの陰干しは毎週1回が理想です。

特に湿気が多く、汗をかきやすい梅雨(6月)~夏(7月、8月、9月)は、カビ発生のリスクを軽減するためにも頻繁に除湿をする必要があります。

また、暖房や加湿器による結露で室内がジメジメする冬の時期もマットレスにカビが発生しやすくなります。

さらに、冬でも気づかないうちに寝汗をかいているので、マットレスの内部には湿気が溜まっています。

週1回が難しくても、せめて2週間に1度のサイクルで干すことが必須です。

 

マットレスを干す時間

マットレスを干す時間は、干す環境により異なりますが、概ね「半日程度」が理想です。

但し、干す場所の風通しがよく、湿気がない室内であれば、2~3時間でも十分乾燥させられるでしょう。

仮に1時間であっても、干さないよりはマシです。

例え短時間であっても、こまめに干す習慣を付けてください。

 

マットレスを干す手順

カバーを取り外す

もし、お使いのマットレスに脱着可能なファスナー付カバーを付けていれば、それ取り外しましょう。

取り外しの際は、ハウスダストやフケなどが飛散しないよう、ゆっくり丁寧に。

そして、取り扱い表示を見つつ、汗や皮脂で汚れたカバーを洗濯してください。

マットレスの陰干し

次にマットレスを陰干しします。

太陽光の力により、マットレスを痛めてしまう可能性があるため、直接日光に当てることは避けてください。

天日干しは、マットレスの素材によっては黄変することもあります。

特に、ラテックス素材は、紫外線に当たると分解されてしまいますし、ファイバー素材は熱で変形したり、溶けてしまうことがあるので要注意です。

やむを得ず天日干しする場合は、極力短時間にしてください。

陰干しの際は、ウレタンなどの中材をより効率的に乾かすためにシーツやマットレスパッドを外し、風通りのいいところを選んでください。

マットレスの底面も干す

マットレスの表面は寝汗などにより湿りますが、裏面は結露により湿りやすいため、両面とも乾燥させること。

そのため、軽量マットレスであれば壁に立て掛けて乾かすことをおすすめします。

その際はマットレスの両面に扇風機などで風を当てると効率よく乾燥させられます。

忙しく、時短したい方におすすめの方法です。

重いコイルマットレスは容易に移動できないので、厚い本などで片側を持ち上げて乾かしましょう。

布団クリーナーを使う

マットレスを干す際に、布団クリーナーを併用できればベストです。

マットレスにダニが発生する条件は「湿気(寝汗、結露など)」「熱(体温)」「栄養源(フケ、皮脂、ホコリなど)」の3つ。

布団クリーナーで、フケや皮脂などを除去しておけば、ダニの発生確率は抑えられます。

特に、マットレスの縫い目などの細かい隙間にホコリが溜まりやすいので、重点的に布団クリーナーを使用してください。

 

マットレスのメンテンスを容易にする

マットレスパッドを使う

マットレスパッドを使う

頻繁にマットレスを陰干しできない方におすすめなのが「敷きパッド」や「マットレスプロテクター」です。

薄手のシーツでは防ぎきれない皮脂汚れや汗でも、マットレスパッドやマットレスプロテクターなら安心です。

マットレスパッドやプロテクターがあるだけでマットレスの湿気や汚れをほとんど防いでくれます。

 

折りたたみマットレスを使う

折りたたみマットレスを使う

コイルマットレスや敷き布団タイプのウレタンマットレスは、重さや形状から干しづらいので、ついついメンテンスがおざなりになってしまいます。

そこでおすすめしたいのが「折りたたみマットレス」です。

薄手の三つ折りタイプマットレスは、軽量なので移動が容易な上に、屏風のように自立させることができます。

わざわざ壁に立てかける必要もなく、その場に立てておくだけで、勝手に湿気を放出してくれるので楽チンです。

 

すのこを使う

すのこを使う

折りたたみ式のすのこを使って、マットレスを乾燥させる方法もおすすめです。

特にフローリングに直接マットレスを敷いている場合、床とマットレスの間にすのこを挟み、湿気を放出する空間をつくる。

これだけでマットレスのジメジメは驚くほど解消されます。

さらに、すのこにマットレスを立て掛け、陰干しすれば、完璧なメンテンスができるでしょう。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

雲のやすらぎ

【商品の特徴】 
■安心の日本製 
■大相撲千代丸関愛用
■業界最長クラスの100日間返品保証
■全国送料無料
■楽天売上トップクラス
■厚さはなんと17cmと極厚ふんわりの寝心地
■クロスクラウド式採用で体圧分散性は抜群 
■凹凸加工のアルファマット採用で腰痛や肩こりに効果が期待 
■最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬はあったかい 
■リバーシブルで春夏は通気性抜群 
■SEKマーク取得の防ダニ・抗菌、防臭効果で衛生的

モットン

【商品の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力 
■体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 
■8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 
■通気性が良く蒸れにくい 
■ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

人気記事

1

概要1 安くておすすめのコスパ最強マットレス1.1 アイリスオーヤマ マットレス シングル1.2 MyeFoam 新世代高反発マットレス1.3 IKSTAR 新世代健康高反発マットレス1.4 タンスの ...

2

概要1 雲のやすらぎプレミアムとは2 雲のやすらぎプレミアムを買ってみました2.1 雲のやすらぎプレミアムの外装2.2 雲のやすらぎプレミアムの内装2.3 雲のやすらぎプレミアムの三つ折り状態2.4 ...

3

20代~60代の腰痛・肩こり患者318名に聞いた「本当におすすめしたいマットレス」 マットレス人気ランキング   頑固な腰痛と肩こりに悩む20代から60代までの男女318名に座談会とアンケー ...

4

概要1 女性や高齢者がマットレスを選ぶ基準1.1 体圧分散できるマットレスとは1.1.1 柔らかすぎるマットレスの場合1.1.2 硬すぎるマットレスの場合2 マットレスのタイプと特徴で選ぶ2.1 コイ ...

5

概要1 おすすめの三つ折りマットレス 人気ベスト32 三つ折りマットレスの使い方3 三つ折りマットレスの種類4 三つ折りマットレスの厚さ4.1 厚みが8cm以下の三つ折りマットレス4.1.1 メリット ...

6

概要1 マットレスの比較方法2 売れてるマットレス2.1 知名度の高いマットレスは売れている2.2 低知名度でも売れているマットレス3 マットレスの比較項目3.1 値段によるマットレス比較3.1.1 ...

-マットレスのメンテナンス

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたい人気マットレスランキング , 2020 All Rights Reserved.