マットレスおすすめ

シングルサイズのマットレスで大丈夫?|一人暮らしの寝具選び

更新日:

シングルサイズのマットレス

一人暮らしの方や一人で寝ている方の多くは「自分が一人で寝るためのマットレスだから、当然シングルサイズでいいや」と考えているはずです。

しかし、この考えは誤りと断言できます。

「一人寝=シングルサイズのマットレス」という先入観は快眠の妨げになることがあります。

事実、マットレスの幅が睡眠に影響を及ぼすという研究結果が報告されています。

つまり、一人暮らしであってもセミダブルを選ぶ方がいい場合もあるということが証明されているわけです。

また、シングルサイズと言ってもメーカー毎でサイズは多様化しているため、現在使用中のベッドに収まらない可能性もあります。

このような状況を考慮した場合、マットレスのサイズは本当にシングルでいいのかという疑問が湧くでしょう。

盲目的にシングルサイズのマットレスを購入してしまい、後悔してしまうのは避けたいものです。

他のサイズの選択肢を交えて、マットレスのサイズの選び方を解説していきます。

 

メーカーで異なるシングルのサイズ

シングルサイズと言っても統一された大きさの基準があるわけではありません。

メーカー毎にシングルサイズの大きさは微妙に違っています。

一般的に幅は「91~100cm程度」で、長さは「195~200cm程度」です。

数cmの違いなので、大した影響はないように感じますが、ここにポイントがあります。

実は、この数cmが寝返りや寝心地の質に影響するのです。

シングルサイズだからと言って盲目的に購入するのではなく、しっかりとサイズを確認してから購入することをおすすめします。

 

マットレスサイズの選び方

マットレスのサイズはシングルだけではありません。

もし一人暮らしであっても、セミダブルやダブルまで選択肢になるはずです。

シングルサイズと決めつけず、まずは他の大きさも比較検討してみましょう。

もっと大きいサイズの方がライフスタイルにフィットする可能性もありますので、マットレスサイズの選び方を知っておくべきです。

マットレスのサイズの選び方を知っていることが快眠に直結するのです。

ベッドサイズを確認する

マットレスの買い替え時に最も多く発生する問題のひとつは「既存のベッドにマットレスが収まらないケース」です。

シングルサイズと言っても、ベッドやマットレスのサイズは統一されていません。

メーカーにより若干の違いがあるのです。

「シングルだから」とサイズも測らずに購入してしまうと、ベッドルームに収まらないという悲惨な事態が起こるのです。

具体的には、ベッドフレームの内寸が98×198cmであった場合、これ以上の大きさのマットレスであればベッドに入らなくなってしまいます。

あくまでベッドフレームの内寸より小さいサイズのマットレスにしなければいけません。

もしベッドの内寸より大きいマットレスを買ってしまった場合でも、それがウレタンマットレスであれば無理矢理押し込むこともできます。

しかし、スプリングマットレスではそれも叶いません。

場合によっては返品ができないケースもあるでしょう。

そのときは無残です。

ベッドルームに収まらないマットレスをそのまま使い続けるか、マットレスをもう一度買い換えるしかないのです。

せっかく買ったマットレスがベッドに収まらないという悲劇を引き起こさないためにも、サイズの確認は必須なのです。

サイズ選びは用途に合わせる

生活スタイルは人により違ってきます。

ショートスリーパーの人であればマットレスいこだわりは薄いかもしれませんが、熟睡したいと希求している人であれば、最高の睡眠環境を得たいと考えるでしょう。

マットレスに対する要望は使う人によって異なりますので、シングルサイズのマットレスを買う前に、本当に必要なマットレスのサイズを再検討してください。

マットレスの幅とサイズ感

シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズの幅とそのサイズ感のイメージです。

それぞれのマットレスに一般的な男性の体格の方(身長170cm・体重60kg)が寝ている場合をイメージしています。

マットレスサイズ サイズ感
シングル 約100cm 子供、女性、高齢者など、小柄な人であれば十分な横幅ですが、一般的な成人男性ではやや狭さを感じるかもしれません。腕を大きく広げるまでの幅はありません。但し、寝返りをするスペースはあります。
セミダブル 約120cm 身長170cmの一般男性に最適なサイズがセミダブルです。腕や足を広げることができ、寝返りをしても不満のない十分なスペースもあります。ゆったりと寝て快眠したければ、このくらいの幅が必要になるでしょう。
ダブル 約140cm 大柄な成人男性でもゆったりと寝返りができるサイズなので、室内空間に余裕があればおすすめのサイズです。しかし、2人で寝るにはやや狭く感じられるので、あまりおすすめできません。

このように、シングルサイズは小柄な人にフィットする大きさです。

一般成人男性にはセミダブルサイズが最適です。

特に朝まで快眠したいのであれば、余裕をもって寝返りができるセミダブルサイズがマストでしょう。

さらに、より大柄な体型の人はセミダブルでも窮屈さを感じるかもしれませんので、もっと幅があるダブルサイズのマットレスをおすすめします。

大きめのサイズに試し寝をしてみる

幅の広のゆったりとしたサイズのマットレスで寝てみると、横幅の重要性に気付くはずです。

寝返りのしやすさが、まったく違うので、別次元の世界にいるような感覚になるかもしれません。

また、手足を広げられる余裕、ゴロゴロできるゆとり、そしてその心地良さは、快眠の必須条件とも思えるようになるでしょう。

一人寝用のマットレスはシングルサイズと決めつけることなく、まずは寝具売り場などで横幅のあるマットレスに寝てみてください。

 

厚みと体格の関係

マットレスには「幅」と「長さ」がありますが、もうひとつ重要な数値があります。

それが「マットレスの厚み」です。

マットレスの厚みは、寝心地に影響してくるので、幅や長さ以上に慎重さが求められます。

マットレスの厚み 使用感
8cm マットレスとしてはかなり薄めなので、トッパーとしての使用に適しているでしょう。体重60kg以上の方の場合やフローリングに直接敷く場合、また横向き寝をすると腰に底つき感があることがあります。
11cm 平均的なウレタンマットレスの厚みで、最低でもこのサイズをおすすめします。体重80kg前後の方でもギリギリ底つき感のない厚みで、最低限の寝心地を確保できます 。
15cm ウレタンマットレスとしては十分な厚みで、よい寝心地が維持できるでしょう。一方、スプリングマットレスの場合、やや薄く感じるはずで、詰め物が少なすぎて心配になる厚みです。
25cm ウレタンマットレスでこの厚みの商品はあまりありません。中価格帯のスプリングマットレスに多い厚みで、十分な寝心地が確保できる厚みと言えるでしょう。
35cm 高価格帯のスプリングマットレスに多い厚みで、この厚みがあれば寝心地が悪いことはありません。

ある程度の寝心地を確保したいのであれば、それなりの厚みのマットレスが必要であることは言うまでもありません。

あまり薄いマットレスは「底づき感」があるので、快眠の妨げになることがあります。

また、フローリングに敷く場合には、三つ折りのマットレスがおすすめです。

折りたたんで使用することが前提のマットレスなので、しっかりとした作りになっており、寝心地も悪くないはずです。

 

シングルサイズのマットレスのまとめ

シングルマットレスと言ってもメーカーによりサイズにバラツキがあります。

既存のベッドフレームを使用する場合には、マットレスのサイズを正確に計測しなければいけません。

また、マットレスのサイズだけでなく、厚みも重要な選択基準になります。

このことを踏まえ、素材を吟味したマットレス選び方や比較方法、さらに注意点などをまとめています。

おすすめのマットレスの紹介やランキングと合わせ参考にしてみてください。

人気ベッドマットレスの比較|サイズの選び方とお買い得の見分け方

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

雲のやすらぎ

【商品の特徴】
■体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用 
■凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心 
■厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団  
■最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい 
■リバーシブルで春夏は通気性抜群 
■SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 
■安心の日本製

モットン

【商品の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力 
■体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 
■8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 
■通気性が良く蒸れにくい 
■ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

人気記事

1

概要1 安くておすすめのコスパ最強マットレス1.1 アイリスオーヤマ マットレス シングル1.2 MyeFoam 新世代高反発マットレス1.3 IKSTAR 新世代健康高反発マットレス1.4 タンスの ...

2

20代~60代の腰痛・肩こり患者318名に聞いた「本当におすすめしたいマットレス」 マットレス人気ランキング   頑固な腰痛と肩こりに悩む20代から60代までの男女318名に座談会とアンケー ...

3

概要1 マットレスを選ぶ基準1.1 体圧分散できるマットレスとは1.1.1 柔らかすぎるマットレスの場合1.1.2 硬すぎるマットレスの場合2 マットレスのタイプと特徴で選ぶ2.1 スプリングタイプの ...

4

概要1 おすすめの折りたたみマットレス 人気ベスト32 三つ折りマットレスの使い方3 三つ折りマットレスの種類4 三つ折りマットレスの厚さ4.1 厚みが8cm以下の三つ折りマットレス4.1.1 メリッ ...

5

概要1 売れてるマットレスをプロの視点で比較2 売れてるマットレスとは2.1 知る人ぞ知るマットレス3 値段によるマットレス比較3.1 エアウィーヴは高い!3.2 ニトリは安い!4 買うなら高反発マッ ...

-マットレスおすすめ

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【令和元年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.