マットレスおすすめ

寝具マットの選び方|人気マットレスの比較と口コミ

更新日:

寝具マット

寝具マットの選び方

一般に「寝具マット」と呼ばれるものには、大きく「敷布団」と「マットレス」がありますが、毎晩快眠できる寝具マットは、敷布団よりも「マットレス」を選ぶ方がベターであることは半ば常識になっています。

特に近年のマットレスは科学的な分析により作られているので、腰痛対策や快眠機能が盛り込まれています。

一方、昔ながらの敷布団は特別な進化はありません。

マットレスと敷布団では機能面が比較にならないことは明らかで、それは販売実績からも明確になっています。

もちろん、マットレスを敷布団のように使うこともできます。

エアウィーヴやマニフレックスなどの大手マットレスメーカーは、畳の上に敷ける敷布団タイプのマットレスを発売しており、その垣根はなくなってきているのです。

 

寝具マットは体型と体重で選ぶ

寝具マットを選ぶための重要なポイントのひとつは「自分自身の体型と体重から選ぶこと」です。

そのためには「寝具マットの硬さ」に注目すること。

一般的に寝具マットの硬さは「ニュートン(N)]で表示されますが、100ニュートン以上は硬め、60から100ニュートンは普通、60ニュートン以下は柔らかめとされています。

ニュートンを選ぶ際のポイントは「お尻が沈み込みすぎない硬さ」であること。

そして「腰部分に隙間ができないこと」の2点です。

寝具マットの最適な硬さは、年齢、性別、体型や体重によって変わってきますので、寝具マット購入前に実際の硬さを確かめられればベストです。

百貨店の寝具売り場などではお試し寝ができることが多いので、自分に合った硬さを探してみるといいでしょう。

硬すぎても、柔らかすぎても寝心地が悪くなるだけでなく、体の痛みを引き起こす原因になりかねません。

硬さ選びは慎重に行ってください。

 

腰痛・肩こりに合う寝具マット

朝起きて腰が痛かったり、首や肩に痛みがあるという方は多いのではないかと思います。

それらの症状の原因の1つに「就寝時の姿勢」があります。

つまり、寝具マットが合っていないことによる寝姿勢の乱れがあるのです。

睡眠時、ひとつの姿勢のまま寝ていると血流が滞るので、これが腰痛や肩こりの原因になるのです。

そうならないためには、寝ている間でも血流をよくすることが重要になります。

それには、寝返りをすることが必須。

あまり意味がないと思われがちな寝返りという行為には「血流を促す」という重要な役割があるのです。

この寝返りを促進するためには、寝具マットの選び方がなにより重要になります。

寝具マットに体が沈みこんでしまうと、寝返りが打ちにくくなり、血流が悪くなるため筋肉に老廃物が蓄積され、各部位に負担がかかります。

こうならないためには、寝返りがしやすい寝具マットを選ぶことです。

これを言い換えれば「体が必要以上に沈み込まない」こと。

そして、「適度な反発力を持つこと」という2つの条件を満たす寝具マットを選ぶことになります。

つまり、敷布団ではなく、マットレスをおすすめする理由は、ここにあるのです。

マットレスは反発力を備えていますが、敷布団にはその機能がないのです。

できる限り、自然な寝返りができるようにして、体に負担がかからないような睡眠環境を作り出すようにしましょう。

それには「高反発マットレス」が最適と言えるでしょう。

 

寝具マットは安さとコスパで選ぶ

寝具マットを選ぶ際、価格は重視すべき指標のひとつでしょう。

いわゆる「コストパフォーマンス」です。

ただ、あまりに安い寝具マットは耐久性がよくありません。

使用している素材がチープなのです。

さらに、信じられない価格で売られている激安寝具マットは伸縮性や通気性がイマイチなので、健康被害が出ないか心配になるくらいです。

間違っても楽天などのネット通販で、価格に釣られ激安寝具マットを買わないようにしてください。

ニトリや無印はリーズナブルな量販店ですが、そこに並ぶ寝具マットはどれも比較的高品質でコストパフォーマンスは悪くありません。

ネット通販で激安寝具マットを買うのではなく、多少高くても無印やニトリといった量販店のミドルクラスの寝具マットを選択した方が結果的に安心でしょう。

量販店ならラインナップが豊富なので、品質やデザインでの選択肢も広がります。

できれば店舗に足を運び、試着ならぬ試用をしてから寝具マットを選べばより安心できるでしょう。

 

寝具マットレスの種類

布団のように使えるウレタンマットレスは大きく「高反発ウレタンマットレス」と「低反発ウレタンマットレス」に分けることができます。

似たようなマットレスですが、特徴や寝心地は正反対です。

また、内部にバネが入ったコイルマットレスは「ボンネルコイルマットレス」と「ポケットコイルマットレス」に大別できます。

 

高反発ウレタンマットレス

高反発ウレタンマットレス

高反発ウレタンマットレスの特徴

高反発ウレタンマットレスは寝具マットの中でも最も腰痛に効果があると言われています。

背中や腰の筋肉に負担を掛けないような作りになっているので、腰痛を悪化させにくいという特徴があります。

もちろん腰痛緩和だけでありません。

寝心地もいいので深い睡眠をサポートすることもできます。

腰痛や快眠の観点からも、やはり高反発ウレタンマットレスがおすすめと言えるでしょう。

また、高反発ウレタンマットレスは、折りたたみができる商品が多く販売されている点も利点です。

マットレス内部にバネが入っていないので、自由に形を変えられ収納にも便利です。

当然、軽量で持ち運びもしやすいので、力のない女性や高齢の方でも安心して利用することができます。

耐久性に優れているため、長期間使用しても劣化しにくいのも特徴のひとつです。

 

高反発ウレタンマットレスの寝心地

高反発ウレタンパットレスの寝心地の特徴は、荷重に対して押し返す力が強いことによる「しっかり感」です。

そう言うと「硬そう」「ゴツゴツしてそう」とイメージするかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

むしろ寝心地は抜群です。

元の形に戻ろうとする復元力が強く、横になっても直立時の姿勢を維持しやすいので腰痛に効果があると言われています。

その上、反発力が強いため、しっかりと身体を支えてくれる適度な寝心地が高反発ウレタンマットレスのウリのひとつなのです。

 

低反発ウレタンマットレス

低反発ウレタンマットレス

低反発ウレタンマットレスの特徴

低反発ウレタンマットレスは、昔の一時期人気がありましたが、今では寝具マットの中で存在感を失っています。

体の形に合わせて変形するのが特徴ですが、フィットするまでに時間が掛かったり、柔らか過ぎる欠点があるのです。

柔らかすぎる寝具マットは腰痛悪化の原因になるので、腰に不安を抱える人には絶対におすすめできません。

また、体にフィットする面積が増えるため、冬場は温かく感じますが、夏場は蒸れてしまうのが問題です。

スポンジに似た素材なので、汗を吸い込んでしまう懸念もあります。

通気性が悪いので、敷きっぱなしだとカビが生えたり、加水分解が進んで早く劣化してしまう恐れがあります。

ウレタンは水に弱く湿気の影響で劣化が促進されてしまうのです。

合う合わないが出やすいタイプのマットレスなので、購入を検討するなら試し寝してからが無難です。

 

低反発ウレタンマットレスの寝心地

柔らかいゴムやスポンジの上で寝ているような不思議な寝心地が低反発ウレタンマットレスの特徴ですが、柔らかすぎるので、腰が沈み込みやすく、背骨に負担がかかって腰痛が悪化する懸念があります。

低反発ウレタンマットレスは、腰痛悪化のリスクがあまりに高いので、絶対におすすめできません。

また低反発マットレスは、ヘタりが早いので、長く安定した寝心地を維持できません。

結局は高い買い物になってしまう可能性が高いので、なるべく買わない方がいいでしょう。

 

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスの特徴

ボンネルコイルマットレスは、寝心地が少し硬めに感じるかもしれません。

これはコイルが面で支える仕様となっているために起こる感触です。

また、コイルの上の詰め物の品質によっては、あまり寝心地がよくないと感じてしまう人もいるかもしれません。

ボンネルコイルマットレスはあまり安価なものを選ばず、多少値が張るもので、しっかりとした詰め物が入っているものを選ぶようにしましょう。

その他、通気性がよい点は利点です。

これはコイルの間が空間になっているためで、特に梅雨や夏などの高温多湿の時期に効果を発揮します。

また、スプリング製なので重量感があります。

決して軽くはないので、簡単に持ち運びはできません。

 

ボンネルコイルマットレスの寝心地

ボンネルコイルマットレスは、スプリングタイプの寝具マットの一種で、ポケットコイルマットレスと比較されることがありますが、寝心地はイマイチという評価でしょう。

特徴は面で体重を支える仕組みで、体重が掛かる部分を中心になだらかにくぼむことです。

面で体を支えるかたちなので、背筋を綺麗なS字に保ったままの寝姿勢を維持しづらいのです。

そのため、あまり寝心地がよくないと評価されますし、長期的に見て快適な寝心地が得られるかは疑問です。

通気性の良さや価格の手頃さなどは強みですが、肝心の寝心地となるとポケットコイルマットレスに劣ります。

また、横揺れを感じやすい欠点もあります。

寝返りを打つ時に揺れが気になってしまうので、二人で寝るのであれば致命的な問題になります。

 

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスの特徴

ポケットコイルマットレスは、面で体を支えるボンネルコイルマットレスとは違って、点で体を支える構造なので体へのフィット感がとてもよいという特徴があります。

一般的な高反発マットレスよりも、弾力性があって寝心地がいいかもしれません。

しかし、粗悪な素材が使われている激安品は寝心地も悪く、早期劣化につながってしまう恐れがありますので、品質の見極めが重要になります。

それが腰痛の原因となってしまうこともあるので、注意しなければいけません。

各コイルを袋で包み独立させている構造なので、価格がやや高いのも特徴のひとつです。

ポケットコイルマットレスは良質なものは寝心地が素晴らしくいいですが、低品質のものは寝心地が悪いだけではなく、体を悪くすることもあります。

ポケットコイルマットレスだからとの過信は禁物で、購入をする際は、ある程度の予算を確保した上で良質なものを選ぶことが肝要です。

決して価格を優先してしまい粗悪品を選ばないようにしてください。

 

ポケットコイルマットレスの寝心地

ポケットコイルマットレスは、点で部分的に体重を支える仕組みなので、横揺れに強く、寝姿勢が安定します。

寝心地は最高レベルです。

特に高品質の商品は寝心地が抜群で、長期的に快適に使えるのでおすすめできます。

通気性はボンネルコイルがやや優位ですが、寝心地を含む、他の点はポケットコイルマットレスの方が優れていると言えるでしょう。

体のカーブに合わせてコイルが沈み込むので、仰向けでも横向きでも同じ寝心地が得られます。

なにより寝返りの際に揺れないのが安心で、朝までぐっすり熟睡できます。

欠点は価格がやや高いことですが、長く使えると考えれば十分に納得できます。

様々な寝具マットがありますが、ポケットコイルマットレスは欠点があまりありません。

おすすめの筆頭候補です。

 

おすすめの人気寝具マット

高反発ウレタンマットレス

雲のやすらぎ

雲のやすらぎ

寝具マットの中でもトップクラスの知名度がある「雲のやすらぎ」は、17cmの極厚が特徴です。

5層構造のマットレスで、ふわふわの寝心地をしており、名前の通り「雲の上で寝ている感覚」になるでしょう。

さらに、寝心地はふわふわにも関わらず、体をしっかりと支えてくれる高反発機能があるので、腰痛対策にも最適なマットレスなのです。

寝ているときもマットレスが体を支えているので、寝返りを打つのも楽で、腰痛対策として理想的な寝具マットと言われています。

その上、雲のやすらぎは、リバーシブル対応です。

春夏と秋冬でマットレスの両面を使い分けることで、背中の蒸れを押さえたり、温かさを保てたりする機能があるのです。

腰痛対策をしながら快適な寝心地を実現できるので、雲のやすらぎはおすすめのマットレスのひとつと断言できます。

 

モットン

モットン

高反発ウレタンマットレスの「モットン」は、腰痛対策におすすめの寝具マットです。

腰の痛みが気になる人にぴったりの寝具マットで、その機能性の高さから、使用し続けると毎朝すっきりと起き上がれるようになります。

その理由は、自然な寝返りをサポートしてくれるから。

モットンは数ある高反発マットレスの中でも、腰痛対策に特化したマットレスとしての特徴があります。

下から優しく押し上げるような反発力と体圧分散力機能が両立されているのがモットン最大の特徴で、熟睡のカギとなる自然な寝返りと理想の寝姿勢を作ってくれるので、専門家からも高い評価を得ています。

通気性にも優れているので、ダニやカビの発生リスクも軽減されています。

モットンは腰痛に悩むプロのアスリートや柔道整復師も愛用しているマットレスなので、試してみる価値はあるでしょう。

 

マットレストッパー

エムリリー

エムリリー

既存の敷布団やマットレスの上に敷くタイプのマットレスを「マットレストッパー」と言います。

近年、寝具マットの中でも「簡単に寝心地の調整ができる」とマットレストッパーが人気になっていますが、その中で多くの支持を集めているのが「エムリリー」です。

デンマークで誕生した寝具ブランドであり、高反発素材と優反発素材の利点を組み合わせたの二層構造なので、寝心地もよく、腰痛対策としても優れています。

すでに腰の痛みを感じている人にも優しいタイプなので、夜の眠りを快適なものへと導くはずです。

今使っている敷布団やマットレスの上に敷くだけですぐに使用できるので手間がかかりません。

気軽に寝心地を変えることができ、腰の痛みや肩こりまで和らげることができます。

低反発素材を使っていますが、蒸れてしまい発汗が多くなることはありません。

通気性がよいため、カビやダニ、ニオイ対策にも優れていて、お手入れをする際には壁に立てかけて干すだけでOKです。

普段のケアも簡単で負担もなく、長く愛用をすることができます。

 

エアウィーヴ

エアウィーヴ

エアウィーヴは布団やベッドなどの寝具マットの上に敷くだけで使用することができるマットレストッパーです。

国内では最も知名度のあるマットレストッパーでしょう。

既存の敷布団やマットレスの上に敷くだけなので、とても便利です。

エアファイバー素材は軽量なので持ち運びが容易です。

そのまま水洗いもでき、とても衛生的で、防カビや防ダニなどにも優れた寝具です。

姿勢を保持するという機能にも優れていて、腰痛を持っている人も使用できるので、特に高齢の方を中心に人気の商品になっています。

日本人の多くは少なからず腰痛に悩んでいるので、手軽な腰痛対策ができる点が人気を獲得している要因と言えそうです。

新しいベッドに買い替えたり、布団を買い替えるのは大変ですが、今使っている寝具の上に敷くだけなので、気軽に使えます。

 

ニトリの寝具マット

ニトリの寝具マット

ニトリで取り扱っている寝具マットの豊富さは群を抜いていますが、中でもトッパーとしても使える「折りたたみマットレス」が人気です。

折りたたみマットレスだけでも豊富なバリエーションが用意されており、さすがはニトリという感じです。

もちろん、あらゆるサイズがラインナップされています。

どのメーカーのベッドにも合うサイズが提供されているだけではなく、硬さの選択肢も豊富です。

低反発、高反発、硬質、中央のみが硬めになっているものなどをはじめ、厚さも4cm程度の薄手のものから、10cmで身体全体を支えるボリュームまでさまざまです。

中でも最も人気となっているのが「軽量3つ折りマットレス」で、お手頃な価格と重量が約1.2kgと軽いことから、そのままお持ち帰りをするユーザーも多くなっています。

配送不要で持ち帰れる利便性が支持される要因のひとつになっているのです。

軽さと柔らかさで快適な寝心地が得られるのに加えて、上げ下ろしが楽にできるのも便利です。

三つ折りマットレスなら室内空間を広く使えるので、ワンルームマンションに住む方などには最適でしょう。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

雲のやすらぎ

【商品の特徴】 
■安心の日本製 
■大相撲千代丸関愛用
■業界最長クラスの100日間返品保証
■全国送料無料
■楽天売上トップクラス
■厚さはなんと17cmと極厚ふんわりの寝心地
■クロスクラウド式採用で体圧分散性は抜群 
■凹凸加工のアルファマット採用で腰痛や肩こりに効果が期待 
■最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬はあったかい 
■リバーシブルで春夏は通気性抜群 
■SEKマーク取得の防ダニ・抗菌、防臭効果で衛生的

モットン

【商品の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力 
■体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 
■8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 
■通気性が良く蒸れにくい 
■ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

人気記事

1

概要1 安くておすすめのコスパ最強マットレス1.1 アイリスオーヤマ マットレス シングル1.2 MyeFoam 新世代高反発マットレス1.3 IKSTAR 新世代健康高反発マットレス1.4 タンスの ...

2

20代~60代の腰痛・肩こり患者318名に聞いた「本当におすすめしたいマットレス」 マットレス人気ランキング   頑固な腰痛と肩こりに悩む20代から60代までの男女318名に座談会とアンケー ...

3

概要1 マットレスを選ぶ基準1.1 体圧分散できるマットレスとは1.1.1 柔らかすぎるマットレスの場合1.1.2 硬すぎるマットレスの場合2 マットレスのタイプと特徴で選ぶ2.1 スプリングタイプの ...

4

概要1 おすすめの三つ折りマットレス 人気ベスト32 三つ折りマットレスの使い方3 三つ折りマットレスの種類4 三つ折りマットレスの厚さ4.1 厚みが8cm以下の三つ折りマットレス4.1.1 メリット ...

5

概要1 売れてるマットレスをプロの視点で比較2 売れてるマットレスとは2.1 知る人ぞ知るマットレス3 値段によるマットレス比較3.1 エアウィーヴは高い!3.2 ニトリは安い!4 買うなら高反発マッ ...

-マットレスおすすめ

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【令和元年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.