マットレス 肩こり 腰痛

プロもおすすめ!人気の高反発マットレスの評判・口コミ

更新日:

快眠

高反発マットレスとは

高反発マットレスというと、強力なスプリングによって、トランポリンのように体が跳ねてしまうような印象を受けるかもしれません。

また、とても固くて寝心地が悪いのではないかという印象を持たれるかもしれません。

しかし、その両方とも全く違うと言わざるを得ません。高反発マットレスは、以下の特徴を持った健康系マットレスの総称です。

身体が沈み込まず腰や肩への負担減少

睡眠時、最も体重がかかるのは腰部分ですが、高反発マットレスであれば、適度な反発力で体重がかかる部分(腰周辺)を自然に持ち上げてくれるため、直立時の姿勢に近い状態で眠られます。当然、体圧分散されるので、腰や肩の負担が軽減されます。結果として、腰痛や肩こりなどの症状を緩和することができます。

寝返りをサポート

高反発マットレスは体の沈み込みを防止してくれるので、自然な寝返りが打てるのが特徴です。寝返りは、寝ている間の姿勢を変えることで血行を促進にそれにより老廃物を溜めないようにする効果があります。結果、筋肉の疲労が回復され、寝ている間に体のメンテンナンスが完了するのです。腰痛患者の多くは寝返りが少ないという研究結果もあります。つまり、適度な寝返りが腰痛や肩こりを軽減してくれているのです。楽に寝返りができることも高反発マットレス人気の理由なのです。

低反発マットレスは、体の重みを受け止め、マットレス自体が沈み込み、変形していく形態をとっています。一方、高反発マットレスは、柔らかすぎず、理想的な睡眠姿勢をキープできるように適度な硬さを指す維持してある高性能のマットレスのことを言うのです。つまり、低反発マットレスの問題点を改善するために作られたのが高反発マットレスなのです。

参考記事高反発マットレスと低反発マットレスの違いを解説

高反発マットレスで腰痛改善

腰痛

スプリングベッドのように沈む身体を跳ね返してくれるような印象があるのが高反発マットレスの特徴です。

柔らかいところで寝返りをうつことをイメージしてみてください。体が沈み込んでいるので、寝返りを打とうとするときに必要以上の力が必要になります。

一方で、畳の上で寝返りをすることをイメージしてみてください。柔らかいところで寝返りを打つよりも、畳の上で寝返りを打つ方がスムーズなイメージを持たれると思います。

つまり、少し硬いところの方が自然な形で寝返りが打て、肩や腰といった部位に負担をかけずに済むのです。

高反発マットレスは適度な硬さがあって、寝返りをサポートしてくれるという特徴があります。

これにより、筋肉を休ませることができ、肩や腰に負担がかかりません。

その結果、朝まで熟睡することができるようになるのです。

高反発マットレスの特徴

寝返りのサポート

高反発マットレスの特徴のひとつは「寝返りをサポート」です。高反発マットレスは反発力に優れているので、無意識に寝返りを打とうとしたときに最小限の力で寝返りが打てるようになります。
自分で無駄な力を入れずに寝返りが打てるので、筋肉疲労が少なくなります。わかりやすく言えば、バネの上で寝ているイメージです。力を吸収することなく、反発してくれるので、睡眠中でも疲れにくくなるのです。
睡眠中の理想的な寝返り回数は20回前後です。寝ながら20回も体を動かしているのは、実はかなりの運動量になります。その度に自分の力で寝返りを打っていては、筋肉が休息できなくなります。寝ながら疲れてしまうようなものです。
この無駄な力をサポートしてくれるのが高反発マットレスです。高反発マットレスなら、寝返りを打つときに必要となるエネルギーも少なくて済むため、疲労しにくく、肩こりや腰痛の予防にもなります。

耐久性

高反発マットレスは素材の特性もあり、耐久性に優れています。コイルマットレスの寿命は10年程度と言われていますが、高反発マットレスはそれ以上の対応年数がありますので、多少高額であっても十分に元が取れると思います。
また、干せたり、洗えたりするので、衛生面でも有利で、その意味でも長く使えるマットレスと言えるでしょう。家具量販店で売っている安価なマットレスや低反発マットレスは寿命が短いので、数年で買い換えなければいけなくなります。それよりも、質の高い睡眠が維持でき、かつ長く使える高反発マットレスのほうが、長い目で見た場合、お得になるのです。

通気性

高反発マットレスは、素材や製法により、通気性に優れています。睡眠時にコップ1杯くらいの汗をかくと言われていますが、その汗をマットレスが吸収しているとしたら、不衛生であるとお思いでしょう。実際、低反発マットレスはスポンジに近い素材を使っているので、汗を吸収してしまいます。当然、ダニやカビの温床となってしまいます。
しかし、高反発マットレスであれば、軽量なので容易に持ち運べるため、陰干しなどが簡単にできます。また、洗える高反発マットレスもありますので、汗やニオイが気になるようなら、丸洗いしてしまえばいいのです。マットレスは寝心地や腰痛対策だけではなく、衛生面も十分に考慮する必要があるのです。

高反発マットレスの使い方

マットレス使用例

常に体を浮かせることで、睡眠時であっても体がまるで垂直に立っているかのような体制を維持できるようにしたのが高反発マットレスですが、板のように固くてマットと背中に隙間が出来てしまうのも腰痛の原因になります。

また、高反発でもヘタリが出てお尻が沈むようになってしまえば、もはやそれは高反発マットレスではありません。適度に柔らかくそれでいてお尻が沈まないのがよい高反発マットレスなのです。

高反発マットレスは、低反発マットレスに比べて耐久性が高いと言われています。

高反発の名前通り、変形しても元に戻りやすい復元力があるために、マットレス自体が変形することはあまりありません。低反発は体重がかかる腰の部分などが、変形してしまい、長く使うことができませんが、高反発ならこの点において安心することができます。

とはいえ、高反発マットレスといえども万能ではありません。正しい使い方をしなければ、その効果を実感することはできません。

高反発マットレスは、腰痛改善や睡眠の質の向上を目的に買われる方が多いのですが、正しい使い方を理解していないために、本当の効果を実感できないケースが散見されますので、高反発マットレスの正しい使い方を紹介します。

布団と組み合わせて使用

薄めの高反発マットレスと布団を組み合わせて使用するケースです。布団だけでは床のゴツゴツ感があるので、その上にもう一枚、マットレスを敷き、両方で厚みを出すという方法です。
敷布団の上に高反発マットレスを敷く方法が一般的ですが、その際の注意点は、下に敷く布団の厚みを均一にすることです。高反発マットレスの利点のひとつは、文字通り「反発」です。その反発力により体をサポートしてくれるのですが、下に敷く布団に段差があれば、高反発マットレスの表面は均一になりません。
そのため、最大のメリットである反発力が不均衡になり、逆に筋肉に疲労が蓄積されてしまうのです。高反発マットレスはフラットな面に敷いて、初めてその効果を発揮します。

コイルマットレスと組み合わせて使用

コイルマットレスの場合、それが既にヘタっているものだとしたら、その上にマットレスを敷いても無意味かもしれません。特に、エアウィーヴに代表される「マットレストッパー」と呼ばれる4cm程度の薄いタイプである場合、本来の効果を得ることができません。マットレスを重ねて使う場合、下に敷くマットレスの状態が重要になるのです。
もし、コイルマットレスに問題があるようであれば、トッパータイプではない10cm以上の厚みのある高反発マットレスを重ねる必要があります。但し、厚みのある高反発マットレスを重ねると、ベッドの高さが高くなりすぎる場合があるので、注意が必要です。

高反発マットレスを使う意味は、「理想の寝姿勢」「体圧分散」「上質な睡眠」などでしょう。

これを得るためには、ベース(下に敷く)がフラットになることが最低条件になります。

いくら高額な高反発マットレスでも、使い方を間違うと腰痛になってしまったり、熟睡が約束されなくなります。

高反発マットレスのお手入れ

また、高反発マットレスは軽くて持ち運ぶことを前提作られている場合が多いために、陰干しなどが容易なので、とても衛生的でもあります。

例えば、子供がおねしょをしてしまった場合やペットの毛が付いてしまった場合など、低反発マットレスの場合には水洗いすることができないために、場合によってはそれだけで廃棄するしかありません。

しかし、高反発マットレスの場合には、水洗いできるものもあるので、常に衛生環境を維持できます。高反発マットレスであれば、カビやダニからサヨナラできます。

高反発マットレスは、一般的に10年は使用できると言われているので、多少高くても長く使える物を選ぶべきでしょう。

高反発マットレスの口コミ・評判

#magniflex #マットレス#寝心地#いい

Ayaka Fukuiさん(@ajt.s20)がシェアした投稿 -


真空圧縮しているので、梱包はそれ程大きくはありせん。部屋まで運びやすく、ありがたかったです。真空圧縮を外すと一瞬で膨らみますので設置はまったく問題ないと思います。予想よりは柔らかめでしたが、寝心地はとてもよいです。高校生になる子どものための購入でしたが、必要があれば自分の分もまた購入したいと思います。

 

圧縮してコンパクトにして送ってきてくれたので、ひとりでも2階に運べました。60代の女性でも持ち上げられる程度の重さです。寝心地は気持ちいいです。最高に身体にフィットします。また、圧縮袋から出しても臭いません。以前買ったマットレスは臭かったのですが、モットンはまったく気になりません。買った当日からすぐに使えました。

 

とても良いマットレスです。何年も使い古したベッドのスプリングが、かなり劣化したため買い替えました。以前のコイルマットレスは腰痛がひどくなってしまうので、モットンを古いベッドの上にそのまま乗せて使用しています。北海道なので冬は底冷えがして非常に寒いのですが、さすがに床から50cm近く高い位置で眠ていると、冷え方も違うので、だいぶ腰痛も楽になりました。寝心地はなかなかよいです。最初は、硬めのコイルマットレスに慣れていたので、ふんわりとした感触に体が慣れず、逆に腰が痛くなってしまいましたが、数日もで慣れてきて、今では快適に眠ることができます。朝まで起きることがありません。特に欠点もなく、おむね良いマットレスだと思います。価格も、セミダブルで、このお値段なら他のマットレスに比べリーズナブル。かなり納得です。

 

シングルサイズとセミダブルを2枚購入しました。配送も早く、翌日には届きました。脱臭剤が入っていたので、臭いはほぼなし。まったく気になりませんでした。今までは畳の上に薄い敷布団で寝ていましたが、ゴツゴツした感じで全身痛くて、毎朝起き上がるのがつらかったのですが、モットンにしてからは快適に寝られています。ベットだと、シングル二つ並べると結構な圧迫感ですが、すのことマットレスだとそこまで圧迫感もなく、部屋になじんでいます。簡単に仕舞えるので、部屋を広く使えますし、本当に購入してよかったです。

低価格で品質も信頼できそうな高反発マットレスを探していましたが、ネットで「モットン」を見つけたので購入してみました。
購入したのは「やや固め」のほうですが、元々が少し固いようで、標準的なマットレスよりは少しゴツゴツした感じです。
想像していた固さではありませんでしたが、実際に寝てみると、今まで悩みだった腰や肩、背中の痛みが軽減され、ちゃんと体圧が分散されているのが実感できました。この価格で完璧な体圧分散なので非常に満足です。
梱包もGOODです。マットレスの梱包は過剰なので、ダンボールの処分が面倒かなと想像していましたが、モットンは小さな箱だけで、ゴミが少なくて大変助かります。
商品説明では梱包を解いてから元のサイズに戻るまで数日かかるというような事が書かれていましたが、2時間ほどでほぼ完璧に元のサイズに戻りました。高機能の高反発マットレスでこの価格は大変コストパフォーマンスがよいと言えるでしょう。購入を検討されている方にはぜひおすすめしたいです。

約10年前に買って、使い続けてきたコイルマットレスがカビてきたので、初めて高反発マットレスに買い替えました。
人気の高反発マットレスを比較検討し、一番評判のよかったモットンを購入しましたが、とても軽くて驚きました。
十分な厚みもあり、しっかりしているように思えましたが、寝てみるとそれなりに柔らかくて、寝心地は最高です。
これなら朝まで熟睡できそうです。
子供と一緒に寝てますが、子供も喜んでいます。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-マットレス, 肩こり, 腰痛

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.