マットレス 肩こり 腰痛

四十肩・五十肩に最適な人気マットレス

更新日:

四十肩

突然襲ってくる痛みの「四十肩・五十肩」

夜中に肩が痛くて目が覚める。

洋服を脱ぐときに肩が上がらない。

この症状、もしかしたら、四十肩・五十肩かもしれません。

「四十肩・五十肩」は比較的認知度の高い症状のひとつで、文字通り40~50代になれば、誰でも発症する可能性があります。

時間経過とともに自然治癒することも多いので、早期の根本治療を諦めている場合も多いかもしれませんが、痛みは少しでも早く軽減したいというのが本音ではないかと思います。

まずは「四十肩・五十肩」の原因や対処法を知っておきましょう。

四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩は、「肩関節周囲炎」と呼ばれる症状です。発症する年齢が違うだけで、どちらも同じ病気という認識で間違いないでしょう。

朝、出勤前に顔を洗おうとしたり、服を着る際に痛くて肩が上げられない。ふと腕を上げようとしたときに、肩周辺に強い痛みを感じたら、それは四十肩・五十肩のサインかもしれません。

また、典型的な症状に「夜間痛」があります。睡眠時に肩の痛みがひどくなって、痛みのあまりに熟睡が妨げられてしまうのです。

血行の悪化による肩こりのように、なんとなく重い感じがするのではなく、激しい痛みを感じるのが四十肩・五十肩の面倒な症状なのです。

四十肩・五十肩を引き起こす原因

四十肩・五十肩の発生原因は、医学的に解明されていないようですが、加齢に伴うものであることは間違いないようです。

肩の関節や筋肉、そして肩周辺組織が固くなったり縮むなど、なんらかの変化が起こると痛みにつながるのです。

年齢とともに、肩の関節を動かさなくなります。

いわゆる運動不足です。

このように、肩や背中の筋肉を動かさないことが原因で四十肩・五十肩になってしまう場合があります。

その状態で、長時間の腕を上げての作業や無理な姿勢の継続が引き金となったり、ゴルフやテニスなどのスポーツが原因で発症するケースもあります。

その他では、横向きで寝る習慣や打撲・捻挫などがキッカケになることもあります。

さらに、身体的要因に加えて、生活習慣やホルモンバランスの変化といった間接的要因、特にストレスなどの心的重圧などが影響しているとの研究成果もあるようです。

これら条件が重なることで発症のきっかけになるのです。

四十肩・五十肩の治療

まず、知っておいてほしいのは、急性期と慢性期では対処法が違うということです。

発症したばかりの急性期は、激しい痛みが特徴なので、ひとまず安静が第一です。

無理をして肩を動かさず、肩や首に負担のかかる運動や作業を避けてください。

この激痛は炎症が原因であることが多いので、肩まわりを冷やしたほうがいいと言われています。肩周辺が熱っぽく感じる場合は、まず冷やしてみてください。

そして、このタイミングでは、睡眠時の痛みが激しくなる傾向にあります。

首周辺を無理なく支えられるような枕を使うなどして、正しい寝姿勢をとれるよう寝具を見直しましょう。

また、就寝前に入浴することで、筋肉の緊張をほぐしておくと効果的です。

急性期を過ぎ、慢性期になると痛みが鈍くなってきます。

慢性期とは、半年以上痛みが続く場合を指します。

慢性期になると肩周辺の筋肉が硬直してきて、可動域が狭くなるので、その状態を緩和するために、痛みを感じない程度に動かしていきます。

そして、カイロや温湿布などを使って、なるべく肩を温めましょう

ゆっくりお風呂に入り、患部周辺を温めるのも効果的です。

その症状は本当に四十肩・五十肩?

整体やカイロプラクティック、またはマッサージなので、このような症状を伝えると「四十肩ですね」と言われてしまうかもしれません。

確かに40歳を超えると、筋肉や関節が固くなり、肩が上がらなくなることがありますが、だからといって全ての症状を四十肩として片付けてしまうのはとても危険です。

これは整形外科の専門医でも誤った判断をしてしまうことがあるのです。本人も年齢による衰えを感じているため、四十肩という診断を受け入れてしまいがちですが、今一度疑ってみる必要があるでしょう。

特に肩の障害と信じて肩関節のリハビリを続けていても、これといった効果がないとしたら、それは肩の異常ではなく、首または腰に問題があることがあるのです。

首の周辺にある神経は首筋を通り、肩の後ろを通過しながら肩甲骨周辺まで広がっています。

さらに、皮膚の表面だけではなく、筋肉や関節といった深い部分まで支配しています。

このように首周辺の神経はとても複雑なので、詳しく調べなければ本当の痛みの原因は分かりません。

にもかかわらず、簡単に四十肩と決めつけるのはとても危険なのです。

肩こりの本当の原因

また、肩こりという言葉にも問題があるかもしれません。

そもそも肩こりは、肩の関節に異常があるのではなく、首の神経の症状の一部なのです。

肩甲骨周辺の筋肉が緊張したり、痛んだりすることによって発生する痛みであるために、肩こりというよりも「首こり」というほうが正確なのです。

首と肩は近い関係にあるため、どうしても混同されがちですが、本当の原因がどこにあるのかを正しく知っておく必要があるでしょう。

肩が上がらない症状について、治療を受けているのに、それでも痛みが消えない。手がしびれることがある。ふとした瞬間に激痛が走る。

このような場合、やはり簡単に四十肩と言って片付けてしまうのは危険です。

マットレスと枕を見直すことで四十肩・五十肩は完治すことがあります

もちろん一般的な治療を継続することをおすすめしますか、それだけではなく、寝具の見直しも同時に行って欲しいと思うのです。

マットレスだけではなく、この場合は枕も重要になってきます。

自分に合ったマットレスや枕を使ってなかったことにより、首の神経を圧迫し続けていたのかもしれません。

もしそうだとしたら、寝ながらにして、自分の首の神経を痛めつけてたという最悪の事態を招いていたかもしれないのです。

枕とマットレスを見直すことにより、四十肩だと思っていた肩の痛みが取れるかもしれません。

もしマットレスと枕を交換することにより肩の痛みが取れるとしたら、それはやはり四十肩ではなく、ただ単に自分に合ったマットレスと枕を使ってなかっただけという結果になるのです。

四十肩・五十肩に最適な枕

めりーさんの高反発枕

頭や首にかかる体圧を分散し、寝ている間の首の負担を軽減でき、肩こり対策ができます。

スリーパードクターズピロー

睡眠時の呼吸・寝姿勢をサポートする安眠枕です。

四十肩・五十肩に最適なマットレス

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-マットレス, , 肩こり, 腰痛

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.