マットレス 腰痛

頑固な腰痛を寝ながら改善できる高反発マットレスはこれだ!!

更新日:

快眠

マットレスで腰痛が悪化する仕組み

柔らかいマットレスを使えば腰の負担が減るので、腰痛が緩和されるとお考えではないでしょうか?

このように考える方が多いのですが、実はこれが大きな間違いで、腰痛を悪化させてしまう原因にもなっているのです。

低反発マットレスに代表されるように、柔らかいところに寝ると、どうしても体の一部が不自然に沈み込んでしまいます。

具体的に言えば、一番重たい腰周辺が沈み込んでしまうのですが、それにより腰を支える筋肉に力が入ってしまうので、寝ながらにして筋トレをしているような状態になってしまうのです。

柔らかいマットレスは寝返りが打てない

また、その状態で寝返りを打とうとすれば、余計に力んでしまい、筋肉やじん帯を酷使する結果になってしまうのです。

端的に言えば、これが睡眠中に腰痛や肩こりを引き起こしてしまう要因になるのです。

一時期、低反発マットレスも流行りましたが、あれは完全に腰が沈んでしまうので、絶対におすすめしません。

確実に腰痛を悪化させてしまいます。

体全体が包み込まれるような心地よさがあるので、ついついクセになりますが、腰痛持ちの方が使うべきマットレスではありません。

マットレスの硬さ

睡眠時、脊椎を適切な状態に保てるマットレスの条件とはなんでしょうか。

結論から言うと、柔らかすぎずそして硬すぎないというのが最も正しい睡眠時の姿勢を保てるマットレスの条件と言えるでしょう。

睡眠時に背骨が自然なカーブを描くことが正しい睡眠姿勢の条件と言えます。

頭と肩と腰に重さがかかりすぎず、適度に重量を分散してくれるマットレスが必要であり、この条件が満たしていれば寝返りも上手に打てるはずです。

寝返りを軽視する人がいますが、これは大きな誤りです。

人は寝ているとき、寝返りを打つことで、疲労が蓄積しないよう、身体のバランスを取っています。

つまり、寝返りを打つことで、腰痛を緩和しているのです。

しかし、マットレスが硬すぎたり、柔らかすぎたりして、寝返りが打てないと、腰周辺の筋肉に疲労が蓄積してしまいます。疲れを取るはずの睡眠が、疲れを溜めてしまうという皮肉な結果になってしまうのです。

そのためには、寝返りが上手く打てる硬さのマットレスであることが重要になります。

ということで、これが柔らかすぎず硬すぎずの条件になります。

高反発マットレスは寝返りが打ちやすい

具体的に言えば、高反発マットレスがおすすめです。

高反発マットレスは、寝返りのしやすさを主眼にしたマットレスですから、当たり前ですが、寝返りが打ちやすいのです。

反発力を利用して、寝返りをサポートしてくれるイメージです。

一方、低反発マットレスは、体全体が沈み込んでしまうので、寝返りが打ちづらくなります。寝返りを打つ度に、全身の筋肉を使わなければいけなくなる感じです。

それでは、せっかくの睡眠が台無しになってしまいます。

自然に寝返りを打つなら、やはり高反発マットレスが適しているでしょう。

マットレスの劣化による腰痛

しかし、長年使っているマットレスであれば経年劣化によって腰のあたりがへたヘタってしまうことがあります。

もちろん、大切にすれば15年以上は使えますが、いつかは寿命がきます。これはマットレスの宿命かもしれません。

特に、最も体重がかかる腰部分が凹んできてしまうのです。

予防策としては、定期的に上下を回転させたり、裏返すなど、一箇所に体重がかからない工夫をすることですが、これを怠ると、寝ながらにして、腰がくの字に曲がりすぎてしまうことになります。

これでは腰を支えている筋肉が緊張し血流も悪くなってしまいます。

このような状態を放置していると、朝起きた瞬間から腰に激痛という最悪の状態が起こりうるのです。

頭や肩への負荷軽減を念頭に、体圧分散を意識するあまりに腰へのケアが行き届かなくなることがありますので、十分に注意が必要です。

硬すぎるマットレスの危険性

一方で、マットレスは固い方がいいと頑なに信じている方が少なからずいます。

中には畳と布団の間にベニヤ板を引いて本当に固い寝床を作ろうとする方もいるくらいです。

また、フローリングの上に薄い布団を1枚引いて、その状態で寝ている人もいます。いくら硬いマットレスの好みとは言え、これではやり過ぎだと言わざるを得ません。

硬いマットレスを使うと背骨が逆くの字形に反ってしまいます。

いわゆる、えびぞりの姿勢に近い状態で寝てしまうことになるのです。

その結果、腰椎と股関節を結ぶ大腰筋という筋肉が過度に緊張してしまい朝起きた途端に激しい腰痛を発症するようになってしまうのです。

腰痛にいいマットレスの選び方

マットレス売り場

マットレスを選ぶ際には、柔らかすぎずそして硬すぎないという条件を念頭に置いた上で、まずはいちど実際に寝てみて、その感触を確かめた上で自分にあったマットレスを選ぶようにすることが必要になります。

マットレスメーカーのショールームや百貨店の寝具売り場では、実際にマットレスに寝てみることができます。

都市部はもちろん、地方であっても、実際のマットレスに触れられる百貨店や寝具店はあると思います。

もちろん、カタログで見たり、インターネットで調べたりして商品の知識を仕入れることはできます。特に、インターネットで口コミを調べれば、おおよその評価は理解できると思います。確かに、これだけでも十分かもしれません。

とりわけ、一流メーカーのマットレスであれば、商品力は間違いありませんので、買っても失敗はしないと思います。

しかし、百聞は一見に如かずです。

やはり、実際のマットレスに寝てみることに越したことはありません。

マットレス選びのポイントは、実際に寝た状態で体験することです。しかも、15分程度は寝てみることが必要になるでしょう。

それも仰向けになって寝るだけではなく、実際に寝返りを打ってみるとよいでしょう。

そして、寝返りの打ちやすさを確認した上で、体圧分散が自分に合っているかどうかを感覚的に知ってみることが必要になります。

高反発マットレスと低反発マットレスはどっちがおすすめ?

以前は「トゥルースリーパー」の爆発的な人気により、低反発マットレスが売れ筋マットレスになっていました。

NASAが宇宙飛行士用に開発した素材の目新しさと徐々に体が沈んでいく不思議な感覚が新鮮で気持ちがいいと人気になりました。

NASAが開発した新素材という点が「腰痛にいいのではないか」と評判になり、それまで腰痛に悩んでいた人が、こぞってトゥルースリーパーのマットレスを購入したのです。

そして、その後は各メーカーも低反発マットレスを販売しました。

しかし、それは一過性のブームに過ぎませんでした。

最初は口コミなどで人気になった低反発マットレスも、実際に使用してみると「腰が痛くなった」「肩こりが悪化した」などの悪い口コミが多くなってきてしまい、次第にブームは下火になっていったのです。

このような低反発マットレスの歴史を振り返ってみてわかるように、低反発マットレスは腰痛や肩こりを悪化させてしまいます

どう考えても、寝返りを自然な力でサポートしてくれる高反発マットレスの方が、腰痛には効果を発揮します

高反発マットレスを選ぶ際のポイント

■腰痛の人にとって。なにより寝心地が良いこと

■耐性テストの結果、丈夫であり、長持ちして保証があること

■使用されている素材がアレルギーなどに対して反応しないこと(国内生産であれば大丈夫なことが多い)

■衛生面に配慮されており、陰干しや選択が容易なこと

■軽量で持ち運び容易な形状であり、押入れなどにも簡単にしまえること

■インターネット内で比較評価されており、口コミ評価の高い商品であること

■信頼できるメーカーであり、問合せやクレームに対しての対応が誠実であること

■これまでの販売実績が多く、既存顧客から信頼されていること

■機能と比較して、値段が安いこと

おすすめの腰痛対策マットレス ベスト3

腰痛や肩こりを軽減できる健康マットレスは、以下の3つがおすすめです。

いずれも高反発マットレスですが、機能に大きな違いはありません。

価格や好みの問題だと思いますので、どれを選択しても間違いないでしょう。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-マットレス, 腰痛

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.