快眠のためのテクニック

眠れない夜はこれがオススメ|快眠へ誘う3つの思考法

更新日:

眠りたいのになかなか眠れない。

これはなかなかとてもつらいものです。

特に翌日の朝が早かったり、絶対に寝坊できないときは尚更です。

「なんとか眠なきゃ」と思えば思うほど、ますます眠れない…

眠ることがストレスやプレッシャーになってしまい、余計に眠れなくなってしまうという悪循環に陥ってしまう場合もあるでしょう。

しかし、そんなときこそ考え方や行動次第です。

自然と眠くなるためのコツさえ知っていれば、なんの問題もありません。

どれも簡単に始められるとても手軽な方法なので、慢性的な不眠症に悩む方も、まずは気軽に試してみてください。

眠れない不安を解消する

寝つきが悪いタィブに多いのが「早く寝なくてはいけない」という不安に悩まされているタイプです。

「もうこんな時間だ!早く寝なきゃ朝が辛くなる」と考えれば考えるほど眠れなくなっていく悪循環に陥ります。

実はこのタィブの人は本当は眠れているのですが、それでも眠りに悩むタィプであることが多いようです。

睡眠だけではなく、なにかをやらなければいけないと捉え、多くのプレッシャーを感じるタィプといえるかもしれません。

つまり、真面目なのです。

一般的には、布団には入って30分以内に眠れていれば問題のないレベルで、不眠というわけではありません。もちろん、30分を超えるようでも大丈夫です。誰でも眠れない日はあるものです。

それに、誰でも毎日ぐっすり寝たいとは思いますが、理想と現実は違うものです。すべてが想定通りになるはずもなく、完璧に準備をしたつもりでも眠れない日はときとしてあるものなのです。

真面目な人は、よく寝られるようにあらゆる準備をしますが、またそれもプレッシャーになります。

「こんなに完璧に準備したのになんで寝られないのか・・・」とは思わず、「こういう日もあるさ」と眠りに対して気楽に、そして開き直る心をもってみてください。

そうするだけでも眠りに対する不安は消え、すぐに心地よい睡眠になるかもしれません。

眠リたい、眠らなければ明日が辛いなどと考えずに、布団の中にいるだけでも休息していると考え、寝れないことの不安をなくしてください。

呼吸を整え、気持ちを落ち着かせると不思議と不安も解消されますので、まずはリラックスしてみてください。

無理に寝ようとしない

眠くないのに「明日が早いから」とか、「いつも寝ている時間だから布団に入ろう」と思っても眠気がなければすぐに眠れるものではありません。

眠たくないのに眠ろうとすればするほど、どんどん目が覚めてきて、逆効果になることさえあるでしょう。

そんなときは思い切って起きてしまえばいいのです。眠くなるまで心を落ち着かせ眠気がやってくるのを待ってみるのです。

激しい運動、食事、熱いお風呂はNG

その際、やってはいけないことは激しい運動や食事、それに熱いお風呂に入ること。

寝る前には体温を下げる必要がありますが、これらは体温を上げてしまいどんどん目が覚めてしまいます。

また、食事は脂質の高いものを食べた場合、肥満を引き起こすことになりかねないので、健康面でも問題があります。

リラックスできる音楽を聴いたり、美しい風景写真や画集を見たりして、心を落ち着かせることをやってみてください。

さらに、遅く寝てもいつもの時間に起きるようにしてください。

それがいつもの睡眠サイクルを維持することになり、快眠に誘ってくれる条件になります。

1日くらい睡眠時間が足りなくても、規則正しい生活リズムを維持することが大切です。

それが長期的な快眠につながるのです。

眠れなければ布団から出る

布団にはいっても寝付きが悪いときがあるでしょう。

30分経っても眠気が訪れずに頭が冴えてくる。

まったく眠れる気がしない・・・

眠れないことにイライラして、余計に目が冴えてくる。。。

そんな状態が続くようだったら刺激制御法を試してみてください。

刺激制御法とは

眠くなければ布団から離れて、リビングなどで本を読んだり、音楽を聴いたりしてゆったりと過ごし、そして眠気が訪れたら布団に戻ってみるという方法です。

これを眠れるまで繰り返して行うのです。

「布団では眠れない」というイメージをなくしてしまうやり方だとお考えください。

寝つきが悪かったり、何度も目が覚めてしまう人たちにも有効といわれています。

そして、就寝時刻に関わらず、朝はなるべく一定の時間に起きるようにします。

起床後は朝日を浴びて活動をはじめ、その後も居眠りはしないようにするのです。

その積み重ねにより体内のリズムが安定し、決まった時刻になれば眠気がやってくるようになるはずです。

快眠には安定した睡眠サイクルが重要です。

よく眠れる習慣をつくるという意味でも、刺激制御法は有効です。

是非卜ライしてみてください。

マットレスを見直す

眠れない日が続く場合、物理的な睡眠環境に問題があるかもしれません。

特に身体に密着する寝具であるマットレスを見直すことで状況が改善される場合があります。

マットレスの寿命

マットレスの寿命は平均的に10年程度だと言われています。

しかし、これはブランド品の場合。価格の安いマットレスでは、1年程度で変形してしまうことがあり、寝心地を悪くしたり、血行を阻害してしまうことで、睡眠中、気付かないうちにストレスを感じてしまっていることがあります。

古くなり、自分に合っていないマットレスが、知らないうちに安眠を妨害してしまっているのです。

もし、マットレス購入後、8年以上が経過していたり、特に腰部分が変形してしまっている場合は、マットレスの買い替えをオススメします。

しかも、数千円~1万円程度のマットレスではなく、3万円前後の比較的よいマットレスを使ってみてください。

寝心地が劇的に改善され、朝までゆっくり熟睡できるようになるかもしれません。

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-快眠のためのテクニック

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.