マットレス 肩こり 腰痛

マットレスの体圧分散ってどういう意味?寝具のプロが徹底解説

更新日:

マットレスに求められる機能

マットレスに求められる一番の機能といえば、言わずもがなの「安眠」「寝心地」というのが一般常識です。

それがマットレスの選び方の基準になっています。

快適で朝までぐっすり寝られる寝心地のいいマットレスが最高のマットレスであることは疑いの余地がありません。

どんなに高価であっても快眠できなければ無意味です。わざわざ海外まで行ってフルオーダーしたのに、結局、寝心地が悪く、熟睡には程遠かった・・・というケースもあるのです。

つまり、マットレスに求められる機能とは、安眠を達成するための手段や条件が何かということになります。

マットレスの柔らかさ

まずは、マットレスの「柔らかさ」を取り上げる必要があるでしょう。

これが寝心地に大きな影響を与えます。

マットレスは素材や製法により、肌触りや寝た感じがまったく異なります。

もちろん、「柔らかければよい」というわけではありません。これは好みの問題があるので、一概にどのくらいの柔らかさがいいとは断言できませんが、柔らか過ぎるマットレスは問題があると断言してもいいでしょう。

柔らかいマットレス=低反発マットレス

マットレスが柔らかすぎるケースでは、体全体が沈みすぎることによって、様々な問題も出てくるのです。

以前、低反発マットレスが人気になったことがありました。

トゥルースリーパーやトゥルースリーパーなどが低反発マットレスとして有名です。

これら低反発マットレスは、柔らかいマットレスの代表格とも言えますが、今では使っている人が減っているようです。

使っているうちに腰痛が悪化したり、肩こりが酷くなってという事例が多かったため、ブームが去ってしまったのです。

低反発マットレスは蒸れる

低反発マットレスは柔らかいため、身体とマットレスの間に隙間がなくなってしまいます。人間は一晩に200~600ccの汗をかきますが、多くが背中からの発汗です。湿気は行き場がなくなり、蒸れて不快感が増大します。そして、それを放置すればカビなどが発生し、衛生面での重大な問題に発展していくのです。

寝返りがしづらい

寝返りは睡眠に必須ですが、低反発マットレスはそれを阻害してしまいます。低反発マットレスのように身体とマットレスが密着し過ぎると寝返りが打ちにくくなるのです。

重要なのは「体圧分散」

体圧分散とは

体圧分散とは、睡眠時に体にかかる圧力を分散させる機能のことです。

人間の背中直線ではなく、ゆるいS字になっていますので、後頭部や背中(肩胛骨付近)、さらに臀部が出っ張っています。

つまり、人間は仰向けに寝ると、出っ張っている部分に負荷が集中するのです。

特に負荷がかかるのが「腰」です。

さらに、高齢化に伴い、筋力は低下していくため、身体を支えきれなくなる方が増えてきました。

この筋力低下によっても腰に負荷がかかるようになってしまうのです。

これら理由により、腰にかかる負荷を均等に近づけようとする機能が「体圧分散」なのです。

 

前述の通り、マットレスはそれぞれ硬さが違いますので、当然、性能も異なってきます。

具体的な機能で言うと、この「体重分散」に最も大きな違いが出てきます。

柔らかすぎるマットレスの場合は、腰や肩などの重たい部位が沈みすぎることによって、かえって体の一部分に負担がかかってしまいます。

これにより、血流が滞ってしまい、筋肉疲労が蓄積したり、場合によっては神経を圧迫してしまったりするのです。

このために、寝ている間に腰痛になってしまうケースもあるのです。

硬すぎるマットレスの弊害

他方、硬すぎるマットレスの場合は、身体の局部ごとに強いストレスがかかり、その部分に血行障害などが起こることになります。

日本人は、柔らかいふとんは腰に悪く、硬く薄くなったせんべい布団の方が身体によいと信じてきた傾向があります。

その理由は柔らかい布団やマットレスに寝ると腰が落ち込んでしまい、腰痛などの原因になるためです。

そのため、マットレスやふとんの敷寝具は硬いのが好まれてきたのです。

しかし、硬さにも限度があります。

板の上で寝てる姿をイメージしてみてください。

ゴツゴツして背中や腰が痛くなるのではないでしょうか。硬いマットレスは、これに近い状態なので、体にいいはずがないのです。

人間は少し柔らかいところで寝る習慣ができています。わざわざマットレスを使うのもそのためです。適度な弾力を必要としているのです。

マットレスには適度な硬さが必要

このように、マットレスは柔らか過ぎても、硬すぎてもダメなのです。

いずれも健康が害してしまうので、適度な弾力のマットレスを選ぶ必要があるのです。

当然、その適正な硬さのマットレスを選択できた場合は、体重が分散して各部に適切な荷重となるため、快適な睡眠が得られやすくなります。

いわゆる、直立時のS字ラインが保たれる状態を寝ながらキープできているのです。

これなら健康によいに決まっています。

つまり、マットレスに求められる根源的な性能とは「適切な体圧分散」なのです。

適切な体圧分散は、寝具売り場にある体圧分散測定器で計測することができます。

自分の睡眠時の姿勢とかかっている体圧を調べてみるといいでしょう。

寝返りの重要性

病院の長期入院患者など、自分の体を自由に動かせないケースでは、マットレスと触れる部分の皮膚が長時間にわたり圧迫され続けることもあります。

この場合、血流が不足して皮膚や筋肉などの組織が壊死する状態になります。これを「褥瘡(じょくそう)」といい、いわゆる「床ずれ」の重症化した症状になってしまうわけです。

健康な人なら自力で寝返りを打てるため、無意識に体重移動を行っています。そうやって血流を活発にして、自然に筋肉の疲労を取り除いているのです。

実は、この寝返りが睡眠中には不可欠な動きなのです。

しかし、マットレスの硬さに問題があると、寝返りの頻度にも影響が出てきます。

特にマットレスが硬すぎる場合は、圧迫部分が多くなるため、無意識の寝返り回数も増えて、快適な睡眠からはほど遠くなります。

必要以上に寝返りをしてしまえば、深い睡眠が得られるはずないのです。硬い寝床で熟睡するのは難しい理由は、こういう点にあるのです。

集中的に血流が止まることを防ぐには、ウォーターベッドのような水の浮力を利用しマッ卜を体に密着させるような寝具も有効ですが、水は重く、管理も面倒です。

その上、体圧分散が不十分のため、今では不人気商品となっていて、最近は寝具売り場でウォーターベッドを見ることも少なくなりました。

マットレスの表面加工も重要

体圧分散という課題の解決は、硬さだけに依存するわけではありません。

例えば、マットレスなどの表面に凹凸などの工夫を凝らしてみるというのもひとつの手でしょう。体の一部分が接触する平面が多点で支えられるような構造にしておくと、局部的なうつ血などを避けることができるようになります。

有名なのは、東京西川のAirというマットレスです。「点で支える」という思想で、疲労回復が早いとの評価から、アスリートを中心に人気商品となっています。マットレス自身の硬さだけでなく、表面の工夫によって良質の寝具が生まれる事例と言えます。

体圧分散というと、マットレスの硬さだけが注目されますが、実はマットレスの表面の形状が良い眠りを得るためには大きなポィントとなるのです。

近年の機能性マットレスの性能進化はめざましく、素材だけではなく、形状にも大きな進展が見られます。マットレスはあらゆる面を総合して評価する必要があるということなのです。

もちろん、素材が重要であることはまちがいありませんが、その上でどのような形状にするかという点も忘れてはいけないのです。

先日、#睡眠の質を高める 機能性寝具を販売している#risetokyo さんにご招待していただき、#高反発マットレス の体験イベントに参加してきましたっ . このかわいい#ディズニー デザインの寝具も実は#高反発マットレス . 肌触りも最高なんだけど、#高反発マットレス は、適切な#体圧分散 によって、過度な沈み込みを防いでくれるから、#寝返り がとってもスムーズにできるの♪ . 寝ている時の#寝返り って血流が滞らない為にもすごく大切なんだって . 私も#良質な睡眠 ですっきりとした#目覚め になりたいなー☺️ . #高反発マットレス #risetokyo #寝具 #睡眠 #sleeping #睡眠改善 #マットレス #sleeper #機能性寝具 #睡眠の質 #おやすみなさい

垰 智子 Tomoko Taoさん(@taotao_tomo)がシェアした投稿 -

おすすめの体圧分散マットレス

このように、マットレスに求められる代表的な性能は「体圧分散」なのです。

これは、寝返りのしやすさにつながり、それが睡眠中の血行を促し、寝ながら体のメンテナンスをしてくれるのです。

体圧分散に優れ、快眠を約束してくる人気マットレスは、以下の3商品が有名です。

価格も比較的安いので、コストパフォーマンも悪くありません。

ニトリなどでも体圧分散を謳ったマットレスを販売していますが、価格を安く抑えるために、アジアの小国で生産しているケースが多く、品質には疑問符が付きます。

マットレス購入で迷っているのであれば、以下にある「モットン」「雲のやすらぎ」「マニフレックス」の中から選択するとよいでしょう。

「Mottonの高反発マットレス」 食べ物以外の話題を😁 一人暮らしを初めて、ベットの上に布団を敷いてるんです。敷布団の下に敷くマットレスがヘタってか、朝起きたら寝たのに疲れてる、腰が痛いという感じで…😖 いろいろ調べて購入を決めたのが、このマットレスです。(90日間返金・返品保証も魅力✨)元野球選手の山本昌さんも愛用とか。 丁寧に梱包されてて、ダンボールの中にまた箱が入ってました。メッセージも好感が持てます。が開けてビックリ👀‼あれっ、薄くない!?失敗かぁーと思いました。 心配をよそに、袋から出すとみるみる膨らんで厚さ10㎝程になりました😊 マットレスカバーもすごーく触り心地いいです♥(汚れるので直に寝ませんけどね) このマットレスで寝るようになってから、腰痛ほとんど感じなくなりました🙌 #高反発マットレス#Motton#モットン#良質な睡眠#腰痛対策

aruさん(@yukonokokorone)がシェアした投稿 -

おすすめのマットレス

マットレスの人気ランキングです。高額であっても粗悪なマットレスがあります。逆にコスパのよいマットレスもあります。これが本当に多くの人から支持されているオススメのマットレスです。

モットン

《商品の特徴》
1.自然な寝返りをサポートする反発力 2.体圧分散に優れ、肩や腰への負担を最大限に軽減 3.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性 4.通気性が良く蒸れにくい 5.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心 6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

雲のやすらぎ

≪商品の特徴≫ ◆体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し肩こりの方に安心◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団 ◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい◆リバーシブルで春夏は通気性抜群◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果 ◆安心の日本製

マニフレックス

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。 優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォームマットレスは その品質と耐久性を証明する長期保証がついています。高反発は「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

-マットレス, 肩こり, 腰痛

Copyright© 専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.